ストップダカオのテーマ株リスト

今、もっとも注目されている最新テーマ株を解説!テーマ株の初動に乗ろう!

大阪万博関連株のテーマ株

このページでは大阪万博関連株について説明しています。

大阪万博関連株とは?

大阪万博関連株とは、国際博覧会が大阪で開催されることで経済的な恩恵を受ける企業を指したテーマ株です。

後ほど詳しく説明しますが、2025年の国際博覧会について、日本政府が大阪に誘致することを目指し、フランスにある博覧会国際事務局に正式に立候補を届け出ました。

他国も立候補している中、開催地の最終的は決定は2018年11月となりますが、それでも大阪に誘致される期待から、早くも市場では大阪万博関連株に人気が向かっています。

もし国際博覧会の開催が大阪に決定すれば、この人気もさらに高まるかと思いますし、それこそ株価を大きく動かすビックテーマとなる可能性も十分にあるでしょう。

ということで、今から大阪万博関連株について理解を深めておきましょう。

大阪万博とは?

大阪万博とは、国際博覧会の名称です。博覧会の歴史はさかのぼること1798年、フランス革命の時期にパリから始まりました。このときはまだ“国内”博覧会という位置づけだったようですね。

その後、徐々に規模が拡大し、ベルギーやオランダなど、各国でも同様の博覧会が開催されていったことをキッカケに「国際博覧会」が誕生しました。

日本が初めて開催国として選ばれたのは1970年の大阪です。いわゆるこれが大阪万博です。その後2005年に開催された愛知万博はまだ記憶に新しいですね。

次回の開催は2025年です。日本政府は大阪に誘致することを閣議了解し、2017年4月24日に、フランスの博覧会事務局(BIE)に立候補を届け出ました。

今後BIE総会での数回のプレゼンテーションを経て、2018年11月の総会で加盟国の投票により開催国が決まります。

強敵はやはり開催実績を多く持っているパリです。とはいえ、日本にも大阪万博などの実績がありますし、個人的に可能性は十分にあると考えています。

いち投資家として、2025年の国際万博は是が非でも大阪に誘致してほしいところです。というのも、やっぱり経済効果が半端じゃないです。開催地の大阪府はもちろん、この期間を有効活用し、観光に訪れる外国人客も単純に増加する可能性がありますからね。

となれば当然、大阪万博関連株は大きく買われるでしょうし、投資家にとって大きなビジネスチャンスと考えることができます。

大阪万博関連株 経済効果

2025年の開催を目指す大阪万博について、経済産業省は「2025年国際博覧会検討会報告書」を発表しています。

報告書によれば、大阪万博の会場を大阪府大阪市夢洲(ゆめしま)地区とし、2025年5月3日~11月3日までの185日間の開催を目指しているとのこと。

また、入場者は約2800万~3000万人を想定し、経済効果は建設費関連約0.4兆円、運営費関連約0.4兆円、消費支出関連約1.1兆円、合計で約1.9兆円との試算が出ています。

ちなみにこの数字には、大阪万博前後のイベント開催や観光客の増大、次世代の端末やサービスの普及など、いわゆる誘発効果の試算値は含まれていません。大阪府の発表では、誘発効果は約4.1兆円で、直接的な波及効果と合わせた経済効果全体は6兆を超える試算となっているようですね。

たった数ヶ月の開催でこれほどの経済効果です。はっきり言って半端じゃないですねw

こうして考えると現状の大阪万博関連株の人気も納得できますし、実際に大阪での開催が決定した場合、大阪万博関連株は爆発的な上昇を見せるかも知れませんね。

大阪万博関連株の具体的な例

大阪万博について理解を深めることができたと思うので、ここからは大阪万博関連株の具体的な銘柄を確認していきたいと思います。

先ず、大阪万博関連株と聞いて真っ先にイメージするのが、やはり会場となる夢洲(ゆめしま)地区に関わる企業です。例えば、夢洲(ゆめしま)周辺に土地を持つ企業や、施設を所有する企業は、大阪万博関連株本命視として考えることができるでしょう。

その他で言えば、周辺の路線を保有する鉄道企業も恩恵を大きく受ける可能性がありますし、大阪万博の開催に伴い、路線を延伸するなんてことになれば、工事を担当する企業にも注目が向かうかも知れません。

また、大阪万博の会場では、人工知能(AI)やロボットなどの先端技術の活用も期待されていますし、単純に日本を訪れる訪日外国人が増えることから、人工知能(AI)関連と民泊関連の一部も大阪万博関連株としてチェックておきたいですね。

大阪万博関連株 一覧

大阪万博関連株に該当する銘柄を一覧としてまとめています。

1815 鉄建
9021 JR西日本
6357 三精テクノロジーズ
9042 阪急阪神ホールディングス
9045 京阪ホールディングス
9044 南海電気鉄道
9353 櫻島埠頭
8889 アパマンショップホールディングス
1435 インベスターズクラウド
3926 オープンドア
8909 シノケングループ
3655 ブレインパッド
6182 ロゼッタ
2158 FRONTEO

大阪万博関連株 本命視

大阪万博関連株の中で、特に本命視できる銘柄をまとめています。

大阪万博関連株 本命視 9045 京阪ホールディングス

大阪万博関連株と聞いて先ず名前をあげるのは京阪ホールディングスです。同社は大阪から京都を結ぶ私鉄を保有している企業で、グループ会社が夢洲に近いユニバーサルシティ駅前に、「ホテル京阪ユニバーサル・タワー」と「ホテル京阪ユニバーサル・シティ」を運営していることから、大阪万博関連株ド本命として考えることができます。それこそ大阪万博をキッカケに路線が活性化し、延伸ともなれば同社の株価も爆発的に上がるかも?!

大阪万博関連株 本命視 9021 JR西日本

JR西日本もまた大阪万博関連株本命視です。言わずもがな、同社は北陸から中国や九州などを中心に路線を持つ鉄道企業です。そのうちのゆめ咲線は、ユニバーサルスタジオジャパンができたことで乗客数が増加傾向にあります。もし2025年の国際博覧会が大阪に誘致されれば、増加傾向にあるゆめ咲線の乗客数も爆発的に増えるかも?!大阪万博関連株本命視としてしっかりチェックしておきたいですね。

大阪万博関連株 まとめ

2025年の国際博覧会について、日本政府は大阪に誘致することを閣議了解し、フランスの博覧会事務局(BIE)に立候補を届け出ました。今後、数回のプレゼンテーションを経て、2018年11月の総会で開催国が決定しますが、それまでにプレゼンテーションの内容だったり、感触だったり、進捗が発表されるたびに大阪万博関連株が刺激を受けるかも知れません。このことから大阪万博関連株は中期、長期で注目したいテーマ株と言えるでしょう。


株式投資は情報戦です!どれだけ情報を早くに掴めるかが勝負と言えるでしょう。それこそ相場の動きを「半歩先読み」することが重要となってくるのです。ここで紹介する株サイトは、まだ市場に出回っていない情報を提供してくれるケースがあります。面倒な手続きは一切なく、無料で十分利用できるので、情報収集のひとつとして登録しておいて損はないでしょう。

Ads by Cueinc.

マスターズトレードは、情報と分析を強みに高い運用パフォーマンスを実現する株サイトです。これまでどこの株サイトも利用したことがない人は、先ずはマスターズトレードから始めて見ることをオススメします。というのも、無料サービスが充実しているから。特に「買い時」から「売り時」までトレードを徹底サポートしてくれるのは親切ですね。しかも、推奨する銘柄が割りと上がっているのもが多いのが頼もしい!例えば、大洋工業の推移です。推奨日から約1ヶ月で株価2倍以上に上昇しています。推奨買値が510円だったので、1000株購入の場合、以降高値の計算で59万円の運用パフォーマンスということになります。この他にも当然ありますが、かなり量があるので詳しくは下記リンク先から確認してください。ちなみにこの株サイトは新規会員登録すると銘柄情報を一気に3つも教えてくれます。もちろん無料です。ぜひチェックしてみてください!マスターズトレードの登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

株プロフェットは、SBI証券の現役アナリストとして活躍する藤本誠之さんが情報を提供してくれる株サイトです。藤本さんと言えば「相場の福の神」で有名ですね。経済書籍の著者としてもそうですが、テレビやラジオの経済メディアに出演していることからファンも多いでしょう。株プロフェットの強みは当然、藤本さんの情報を早くに入手できるところです。特にマーケットの情報を「ここだけの話」として赤裸々に語ってくれる無料コラムはオススメ!新規会員登録すると「急騰候補3銘柄」をすぐに教えてくれるので、あわせてCHECKすることをオススメします。株プロフェットの無料登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

トリプルエー投資顧問はテーマ株を強みにしている株サイトです。「チャートの先生」としてテレビや雑誌などで活躍する清水洋介さんのコラムを無料で読むことができます。割りと良い頻度で無料の銘柄情報を教えてくれるし、売り推奨もやっているので、あらゆる相場で頼もしい存在となってくれます。しかも、上昇銘柄の推移を言い当てているケースがあるのが◎!新規会員限定で「厳選有力3銘柄」をすぐ教えてくれるので、先ずはこの3銘柄で腕試ししてみることをオススメします。トリプルエー投資顧問の無料登録はコチラ>

その他のテーマ株カテゴリー