ストップダカオのテーマ株リスト

今、もっとも注目されている最新テーマ株を解説!テーマ株の初動に乗ろう!

  • »
  • folder 働き方改革関連株

働き方改革関連株のテーマ株

このページでは働き方改革関連株について説明しています。

働き方改革関連株とは?

働き方改革関連株とは、安部政権が掲げる「働き方改革」に関連した上場企業を指したテーマ株です。

働き方改革については順を追って説明していきますが、アベノミクス第3の柱として位置づけられていることからも、働き方改関連株は経済を大きく動かす可能性がある国策のひとつとしても注目されています。

特にその人気に火をつけたのは、2017年3月28日に首相官邸で開催された第10回目となる「働き方改革実現会議」だと思います。なぜならここで働き方改革の肝となる「長時間労働の是正」や、「同一労働同一賃金の導入」などを盛り込んだ実行計画が取りまとめられたからです。

働き方改革に向けて積極的に取り組んできた安部政権ですが、実際に具体的な実行計画がまとめられたことで、働き方改革関連株に物色が向かったのでしょう。ということで、この辺りで働き方改革株についてをしっかり確認しておきたいと思います!

働き方改革とは?

先ず「働き方改革」の理解を深めるところから行きましょう!先ほど簡単に説明しましたが、働き方改革とはアベノミクスが目指す「1億総活躍社会」に向けた取り組みのひとつです。

知っての通り、日本の人口は継続して減少しています。その中で日本経済をより豊かにするためには、単純に考えても生産性を上げる必要がありますよね?

ただ、長時間労働や残業など悪しき習慣が根付いていて、この状態では生産性を上げるどころか、むしろ低下する可能性があります。

これを改善しようと政府が打ち出した取り組みこそが「働き方改革」で、女性も男性も、高齢者も若者も、障害や難病のある方も、はたまた過去に大きな失敗を経験した人も、国民の誰しもが活躍できる社会を築きましょうといった内容です。

このことから働き方改革関連株は、国策のひとつとして考えることができますが、個人的には国策の中でも特に注目できるテーマだと思っています。

というのも、安倍首相はこの働き方改革を「最大のチャレンジ」と位置づけ、積極的に取り組んでいるからです。

「国策に売りなし」とは良く言ったもので、アベノミクスの「肝」となっている働き方改革関連株は、特に注目すべきテーマ株と言えるでしょう。

働き方改革関連株に具体的な例

ここからは働き方関連株の具体的な銘柄について確認していきたいと思います。先ず、そのヒントは「働き方改革実現会議」で取りまとめた「実行計画案」の中から得ることができるでしょう。

この実行計画の中には、「長時間労働の是正」や、「同一労働同一賃金の導入」に加えて、若者・女性の就職支援や、高齢者の再就職の支援などが盛り込まれています。このことから、、転職を支援する企業や、人材派遣事業を展開する企業が、働き方改革関連株の中心として考えることができます。さらに言えば、女性や高齢者の活躍を支援する企業はド本命となるかも知れませんね。

働き方改革関連株 一覧

働き方改革関連株に該当する銘柄を一覧としてまとめています。

1418 インターライフホールディングス
2136 ヒップ
2145 データリンクス
2146 UTグループ
2154 トラスト・テック
2162 nmsホールディングス
2163 アルトナー
2168 パソナグループ
2169 CDS
2170 リンクアンドモチベーション
2181 テンプホールディングス
4695 マイスター
4664 アール・エス・シー
4659 エイジス
4641 アルプス技研
4336 クリエアナブキ
4318 クイック
3974 ティビィシィ・スキヤツト
3742 ITbook
3654 ヒト・コミュニケーションズ
3245 ディア・ライフ
2483 翻訳センター
2479 ジェイテック
2475 WDBホールディングス
2471 エスプール
2462 ライク
2458 夢テクノロジー
2429 ワールドホールディングス
2427 アウトソーシング
2415 ヒューマンホールディングス
2410 キャリアデザインセンター
2398 ツクイ
2384 SBSホールディングス
2375 スリープログループ
2362 夢真ホールディングス
2345 アイスタディ
6198 キャリア
6098 リクルートホールディングス
6089 ウィルグループ
6087 アビスト
6070 キャリアリンク
6028 テクノプロ・ホールディングス
4848 フルキャストホールディングス
4766 ピーエイ
4763 クリーク・アンド・リバー社
6200 インソース

働き方改革関連株 本命視

働き方改革関連株の中で、特に本命視できる銘柄をまとめています。

働き方改革関連株 本命視 6198 キャリア

働き方改革関連株本命視と聞かれて真っ先にイメージするのはキャリアです。同社は介護施設などに介護士を派遣する企業で、介護関連としての見方も持っていますが、シニアを活用した人材派遣を行っていることから、働き方改革関連株本命視として考えることができます。

働き方改革関連株 本命視 4849 エン・ジャパン

エン・ジャパンは、テレビCMでお馴染み「エン転職」を運営する企業です。この他にも女性に特化した求人や、派遣やバイトに特化した求人など、各分野の求人メディアを展開しています。安部政権が目指す働き方改革に伴い、企業側も労働力を確保する動きが強まっていますが、その中で求人メディアや広告を展開する同社もまた働き方改革関連株本命視として考えることができるでしょう。


株式投資は情報戦です!どれだけ情報を早くに掴めるかが勝負と言えるでしょう。それこそ相場の動きを「半歩先読み」することが重要となってくるのです。ここで紹介する株サイトは、まだ市場に出回っていない情報を提供してくれるケースがあります。面倒な手続きは一切なく、無料で十分利用できるので、情報収集のひとつとして登録しておいて損はないでしょう。

Ads by Cueinc.

マスターズトレードは、情報と分析を強みに高い運用パフォーマンスを実現する株サイトです。これまでどこの株サイトも利用したことがない人は、先ずはマスターズトレードから始めて見ることをオススメします。というのも、無料サービスが充実しているから。特に「買い時」から「売り時」までトレードを徹底サポートしてくれるのは親切ですね。しかも、推奨する銘柄が割りと上がっているのもが多いのが頼もしい!例えば、大洋工業の推移です。推奨日から約1ヶ月で株価2倍以上に上昇しています。推奨買値が510円だったので、1000株購入の場合、以降高値の計算で59万円の運用パフォーマンスということになります。この他にも当然ありますが、かなり量があるので詳しくは下記リンク先から確認してください。ちなみにこの株サイトは新規会員登録すると銘柄情報を一気に3つも教えてくれます。もちろん無料です。ぜひチェックしてみてください!マスターズトレードの登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

株プロフェットは、SBI証券の現役アナリストとして活躍する藤本誠之さんが情報を提供してくれる株サイトです。藤本さんと言えば「相場の福の神」で有名ですね。経済書籍の著者としてもそうですが、テレビやラジオの経済メディアに出演していることからファンも多いでしょう。株プロフェットの強みは当然、藤本さんの情報を早くに入手できるところです。特にマーケットの情報を「ここだけの話」として赤裸々に語ってくれる無料コラムはオススメ!新規会員登録すると「急騰候補3銘柄」をすぐに教えてくれるので、あわせてCHECKすることをオススメします。株プロフェットの無料登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

トリプルエー投資顧問はテーマ株を強みにしている株サイトです。「チャートの先生」としてテレビや雑誌などで活躍する清水洋介さんのコラムを無料で読むことができます。割りと良い頻度で無料の銘柄情報を教えてくれるし、売り推奨もやっているので、あらゆる相場で頼もしい存在となってくれます。しかも、上昇銘柄の推移を言い当てているケースがあるのが◎!新規会員限定で「厳選有力3銘柄」をすぐ教えてくれるので、先ずはこの3銘柄で腕試ししてみることをオススメします。トリプルエー投資顧問の無料登録はコチラ>

その他のテーマ株カテゴリー