ストップダカオのテーマ株リスト

今、もっとも注目されている最新テーマ株を解説!テーマ株の初動に乗ろう!

VR関連銘柄のテーマ株

WS000619

このページではVR関連株について説明しています。

VR関連株とは

まずはVRとはなにか?という説明から始めましょう。VRとはVirtual Reality(バーチャルリアリティ)の略称であり、日本語では仮想現実という意味になります。

体に装着するVR機器により映像や音声などが人間の感覚器官に働きかけ現実ではないものをあたかも現実のように感じられる環境を人工的に作り出す技術の総称です。

今、おもにVR機器として注目されているのは頭をすっぽり覆い映像や音声で働きかけるヘッドマウントディスプレイ(HMD)でしょう。ソニーが2016年10月に発売するプレイステーションVRがこのタイプのVR機器です。

VR関連株とは、VR(バーチャルリアリティ)に関連する銘柄のことをいいます。

VRの活用が期待される分野

2016年はVR元年とも呼ばれています。日本では2016年10月にプレイステーションVRが発売されるのが大きな理由と考えられます。これまで一般の人がVR関連のイベントに出向くなどしないと、VR機器に直接触れるケースはあまりありませんでしたが、プレイステーションVRの発売により一気に大多数の人がVR機器を体感することになります。

これによりVR機器が爆発的に普及することが考えられますね。

今のところVRときくと真っ先にゲームなどエンターテインメント分野での活用を思い浮かべますが、活用できる場面はゲームばかりではありません。ゲーム以外では医療や自動車、広告や教育など様々な分野での応用が期待されています

VRはさまざまなビジネスシーンでも応用が期待される技術だからこそ注目度も高いということです。

VR関連株の具体的な例

さてVR関連株にはどのようなものがあるのか考えてみましょう。

まずはソニーのようなVR機器そのものを開発・販売する企業は本命視される一角でしょう。また、プレイステーションVRなどのゲームに対応するソフトを開発・販売するゲームソフト会社なども注目です。さらにゲームソフトだけでなく映像・音声などのミドルウェアを開発している会社にも注目。

またその他にも、今後VRの応用が期待される医療・教育・広告などの分野でIR・ニュースリリースを出す企業も出てくる可能性が高いですね。

VR関連株は息のながいテーマになるか?

結論からいってVR関連株は息の長いテーマになる可能性を秘めていると思います。まずはゲームなどエンターテインメントの分野から普及が始まり、その後はさまざまなビジネスシーンで活躍するデバイスとなる可能性があるからです。

大手投資銀行ゴールドマンサックスでは、世界のVR/AR市場は2025年に1100億ドル(約12兆円)となると試算しているとのこと。これは現在のテレビやノートパソコンに匹敵する市場規模です。

息のながいテーマとなる可能性は十分に秘めていると思います。VR関連株には注目しておくべきと言えるでしょう。

VR関連株 一覧

現段階で注目されているVR関連株一覧にしてみましょう。

6758 ソニー
4312 サイバネットシステム
6629 テクノホライゾン・ホールディングス
3903 gumi
3668 コロプラ
3632 グリー
3914 JIG-SAW
3907 シリコンスタジオ
3698 CRI・ミドルウェア
3664 モブキャスト
4763 クリーク・アンド・リバー社
3676 ハーツユナイテッドグループ
3904 カヤック
2432 ディー・エヌ・エー
3624 アクセルマーク
3791 IGポート
4712 アドアーズ
7832 バンダイナムコホールディングス
9684 スクウェア・エニックス・ホールディングス
9697 カプコン

VR関連株 本命

それではVR関連株のなかでも本命視される可能性のある銘柄をピックアップしていきます。

VR関連株 本命 ソニー

WS000621

VR関連株といえば、まずはなんといってもプレイステーションVRの販売元であるソニーでしょう。PSVRは技術的にも非常に高い評価を得ていますが、VR機器としてはかなり価格面が安い。10万円を超えるデバイスもあるなか、PSVRの価格は44,980円と比較的リーズナブルなんです。

しかもプレイステーションというすでに普及しており日本人はもちろん世界的になじみのあるハード機器に繋げてゲームを楽しめるという点でも一気にVRを普及させられる可能性を持っていると思います。

なおPSVRは2016年10月に発売を予定していますが、米国では3月に予約受付を開始したところ4分間で完売してしまったという話。注目度の高さが伺えますね。

VR関連株としても本命視する見方もありますが、ソニーは東証1部の大型株で世界的に有名な企業。決して時価総額は小さくありません。値動きは軽くありませんので、良い意味で安定的といえますが悪い意味では面白みに欠けるといえるかもしれません。

VR関連株 本命 CRI・ミドルウェア

WS000622

VR関連株として外せないのが、OSとアプリの間で機能するミドルウェアを開発する企業。これがなければ動かせないと言っても過言ではない大切な機能を担うものなので、やはりミドルウェアに関連する銘柄も注目されています。

CRI・ミドルウェアは映像・音声のミドルウェア開発を手掛けている企業でVR向けのミドルウェアの開発にも注力していることからVR関連株としても注目度の高い銘柄。

東証マザーズに上場している銘柄で時価総額はそれほど大きくなる値動きもそこそこあるので面白みもあるのではないでしょうか。VR関連株のなかでも本命視される見方もある銘柄の一つだと思います。

VR関連株 本命 シリコンスタジオ

WS000623

シリコンスタジオもCRI・ミドルウェアと同じくミドルウェアの開発に注力している企業で、しばしばCRI・ミドルウェアにつられて同様の株価推移をすることもありますね。もちろん逆もしかり。シリコンスタジオにCRI・ミドルウェアがつられるケースも。こちらもマザーズに上場する銘柄で時価総額の規模もさほど変わりません。値動きもそこそこありますので、CRI・ミドルウェア同様に注目です。

VR関連株 本命 クリーク・アンド・リバー社

WS000624

クリーク・アンド・リバー社はテレビなど映像分野の派遣や制作が柱の企業ですが、VR関連としてもめきめきと注目度が騰がっている銘柄の一角。クリーク・アンド・リバー社は中国のVR関連企業アイデアレンズの協力企業で、2016年7月にアイデアレンズ社と共同で合弁会社を設立すると発表。

この合弁会社では、アイデアレンズ社の製品を日本で独占販売するほか、日本コンテンツの中国展開などを目指すとのこと。

アイデアレンズ社はヘッドマウントディスプレイ型のVR機器「IDEALENS K2」を手掛ける企業。このIDEALENS K2を日本で独占販売できるのはちょっと面白そうですね。このVR関連の発表があってから急激に株価が動意づいていますね。チャートだけみると少し過熱感があるように見えますが、PERは08/30時点で(連) 19.56倍とそれほどでもない模様…。

VR関連株 本命 IGポート

WS000625

IGポートは映画やテレビなど向けのアニメ制作と版権収入が柱の企業。有名なところだと進撃の巨人や攻殻機動隊などが同社グループの制作したアニメですね。IGポートはグループ会社のプロダクションアイジーが攻殻機動隊のVRアプリを製作していることを発表し、VR関連株としても注目された銘柄。値動きの軽さからも面白い銘柄だと思います。

VR関連株 本命 アドアーズ

WS000626

アドアーズはゲームセンターの運営大手。VRはゲームセンターでの活用も期待されますね。アドアーズは2016年8月にグリーと提携しVRの体験施設を東京の渋谷に設けると発表しています。家庭用のVR機器よりもお金のかかっている分、より本格的な没入感のあるVR体験が気軽に楽しめる場所になりそうです!個人的にもけっこう楽しみです。

VR関連株 まとめ

WS000620

プレイステーションVRの発売予定が2016年10月であることから、2016年はVR元年とも言われておりおそらく2016年が一番VR関連株が盛り上がる時期だと思いますが、VRの市場規模はこれからドンドン大きくなる見通し。

初めはゲームなどのエンターテインメントの分野から普及が始まりますが、他のビジネスシーンでもさまざまな応用が期待される次世代テクノロジーです。いきの長いテーマとなる可能性は十分に秘めていると思います。また、ゲーム以外の分野で絡んでくるVR関連株もぞくぞくと出てくると思いますので、新たなVR関連株の参入には目を光らせておいた方がいいかも?!長い目で注目すべきテーマ株と言えそうです!


株式投資は情報戦です!どれだけ情報を早くに掴めるかが勝負と言えるでしょう。それこそ相場の動きを「半歩先読み」することが重要となってくるのです。ここで紹介する株サイトは、まだ市場に出回っていない情報を提供してくれるケースがあります。面倒な手続きは一切なく、無料で十分利用できるので、情報収集のひとつとして登録しておいて損はないでしょう。

Ads by Cueinc.

マスターズトレードは、情報と分析を強みに高い運用パフォーマンスを実現する株サイトです。これまでどこの株サイトも利用したことがない人は、先ずはマスターズトレードから始めて見ることをオススメします。というのも、無料サービスが充実しているから。特に「買い時」から「売り時」までトレードを徹底サポートしてくれるのは親切ですね。しかも、推奨する銘柄が割りと上がっているのもが多いのが頼もしい!例えば、大洋工業の推移です。推奨日から約1ヶ月で株価2倍以上に上昇しています。推奨買値が510円だったので、1000株購入の場合、以降高値の計算で59万円の運用パフォーマンスということになります。この他にも当然ありますが、かなり量があるので詳しくは下記リンク先から確認してください。ちなみにこの株サイトは新規会員登録すると銘柄情報を一気に3つも教えてくれます。もちろん無料です。ぜひチェックしてみてください!マスターズトレードの登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

株プロフェットは、SBI証券の現役アナリストとして活躍する藤本誠之さんが情報を提供してくれる株サイトです。藤本さんと言えば「相場の福の神」で有名ですね。経済書籍の著者としてもそうですが、テレビやラジオの経済メディアに出演していることからファンも多いでしょう。株プロフェットの強みは当然、藤本さんの情報を早くに入手できるところです。特にマーケットの情報を「ここだけの話」として赤裸々に語ってくれる無料コラムはオススメ!新規会員登録すると「急騰候補3銘柄」をすぐに教えてくれるので、あわせてCHECKすることをオススメします。株プロフェットの無料登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

トリプルエー投資顧問はテーマ株を強みにしている株サイトです。「チャートの先生」としてテレビや雑誌などで活躍する清水洋介さんのコラムを無料で読むことができます。割りと良い頻度で無料の銘柄情報を教えてくれるし、売り推奨もやっているので、あらゆる相場で頼もしい存在となってくれます。しかも、上昇銘柄の推移を言い当てているケースがあるのが◎!新規会員限定で「厳選有力3銘柄」をすぐ教えてくれるので、先ずはこの3銘柄で腕試ししてみることをオススメします。トリプルエー投資顧問の無料登録はコチラ>

その他のテーマ株カテゴリー