ストップダカオのテーマ株リスト

今、もっとも注目されている最新テーマ株を解説!テーマ株の初動に乗ろう!

  • »
  • folder ビットコイン(仮想通貨)関連株

ビットコイン(仮想通貨)関連株のテーマ株

このページでビットコイン(仮想通貨)関連株について説明しています。

ビットコイン(仮想通貨)関連株とは?

ビットコイン(仮想通貨)関連株とは、その名の通りビットコイン、および仮想通貨に関連する企業を指したテーマ株です。

ビットコインについては、順を追って説明しますが、2017年4月から改正資金決済法が施行されて、仮想通貨に対する投資が活発化しています。

特に仮想通過の中でもビットコインの価格が急騰しており、最高値で1ビットコイン=33万円もつけました。

このビットコインの急騰を受けて、株式市場ではちょっとしたビットコイン(仮想通貨)関連株がお祭りムードで、軒並み株価が上がっています。

ってことで、ビットコイン(仮想通貨)関連株について、改めて確認していきたいと思います。

仮想通貨とは?

さて、先ずは仮想通貨とは何ぞ?ってところから始めましょう。仮想通貨とは、一般的な通貨とちがって、紙幣や硬貨のようにカタチとして存在しない仮想の通貨のことです。

ただ、当然のことですが、カタチとして存在していないだけで、インターネットを通じて、取引や決済を行うことができます。また、専門の取引所を介して円やドルなどの一般的な通貨とも交換が可能です。

仮想通貨は全世界で約3,000種類以上あるといわれています。その中でも特に有名な仮想通貨が「ビットコイン」です。その他で言えば「イーサリアム」や「リップル」などが有名ですが、いずれも価格が大幅に上昇しており、まさにバブル状態となっています。

仮想通貨ビットコインとは?

ビットコインとは、数ある仮想通過の中のひとつで、世界でもっとも流通されている仮想通貨です。

2017年4月から改正資金決済法が施行されたことをキッカケに日本でもビットコインに対する投資が活発化し、最高値で1ビットコイン=33万円まで上がりました。

もともと1ビッコインは5万から6万円を推移していました。そこから考えるととんでもない上げ幅ですね。

当然この動きは株式市場でも話題になっています。ビットコインもそうですが、この他の仮想通貨も活発に取引が行われていることから、ビッグマーケットに成長する期待が高いとして、ビットコイン(仮想通貨)関連株が注目されています。

仮想通貨 市場規模

2017年6月現在、仮想通貨の市場規模は6兆円を超えていると言われています。もともと2兆円程度だったんですが、ここ数ヶ月で約3倍に膨れています。

それはなぜか?理由は簡単ですね。2017年4月から改正資金決済法が施行されたことで、仮想通貨に向かう投資資金が急激に増えたからです。

特に最近は「ビットコイン」のほかに、「リップル」や「イーサリアム」など、さまざまな仮想通貨が活発化しています。もしかしたら今後、このまま拡大に拡大を続け、仮想通貨は10兆円ものメガマーケットにまで成長するかも知れませんね。

ビットコイン(仮想通貨) 関連株一覧

ビットコイン(仮想通貨)関連株に該当する銘柄を一覧としてまとめています。

8704 トレイダーズホールディングス
3825 リミックスポイント
8411 みずほフィナンシャルグループ
8306 三菱UFJ
8508 Jトラスト
8473 SBIホールディングス
3774 インターネットイニシアティブ
3769 GMOペイメントゲートウェイ
3808 オウケイウェイヴ
3688 VOYAGE GROUP
3807 フィスコ
6172 メタップス
3696 セレス
3853 インフォテリア
3917 アイリッジ
3121 マーチャント・バンカーズ
9449 GMOインターネット
2315 カイカ
3691 リアルワールド
3854 アイル
8703 カブドットコム証券
8732 マネーパートナーズグループ
6180 GMOメディア

ビットコイン(仮想通貨)関連株 本命視

ビットコイン(仮想通貨)関連株の中で、特に本命視できる銘柄をまとめています。

ビットコイン(仮想通貨)関連株関連株 本命視 3825 リミックスポイント

ビットコイン関連株(仮想通貨)関連株の本命視と言われて真っ先にイメージするのはリミックスポイントです。リミックスポイントは、エネルギー管理システムを中軸としている企業ですが、子会社「ビットポイントジャパン」がビットコインなどの仮想通貨の取引交換所を運営しています。ビットコインが最高値を更新したい際は、真っ先に思惑が向かった印象があります。

ビットコイン(仮想通貨)関連株関連株 本命視 3807 フィスコ

ビットコイン取引所の「フィスコ・コイン」を運営するフィスコも、ビットコイン(仮想通貨)関連株関連株の本命視として見ることができるでしょう。チャートは、ビットコインの値動きによって、良くも悪くも影響を受けている印象ですが、その意味では本命視として注目する人も多いと考えることができますね。今後、仮想通貨の市場拡大に期待が高まる中で、特に注目したい銘柄のひとつです。


株式投資は情報戦です!どれだけ情報を早くに掴めるかが勝負と言えるでしょう。それこそ相場の動きを「半歩先読み」することが重要となってくるのです。ここで紹介する株サイトは、まだ市場に出回っていない情報を提供してくれるケースがあります。面倒な手続きは一切なく、無料で十分利用できるので、情報収集のひとつとして登録しておいて損はないでしょう。

Ads by Cueinc.

マスターズトレードは、情報と分析を強みに高い運用パフォーマンスを実現する株サイトです。これまでどこの株サイトも利用したことがない人は、先ずはマスターズトレードから始めて見ることをオススメします。というのも、無料サービスが充実しているから。特に「買い時」から「売り時」までトレードを徹底サポートしてくれるのは親切ですね。しかも、推奨する銘柄が割りと上がっているのもが多いのが頼もしい!例えば、大洋工業の推移です。推奨日から約1ヶ月で株価2倍以上に上昇しています。推奨買値が510円だったので、1000株購入の場合、以降高値の計算で59万円の運用パフォーマンスということになります。この他にも当然ありますが、かなり量があるので詳しくは下記リンク先から確認してください。ちなみにこの株サイトは新規会員登録すると銘柄情報を一気に3つも教えてくれます。もちろん無料です。ぜひチェックしてみてください!マスターズトレードの登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

株プロフェットは、SBI証券の現役アナリストとして活躍する藤本誠之さんが情報を提供してくれる株サイトです。藤本さんと言えば「相場の福の神」で有名ですね。経済書籍の著者としてもそうですが、テレビやラジオの経済メディアに出演していることからファンも多いでしょう。株プロフェットの強みは当然、藤本さんの情報を早くに入手できるところです。特にマーケットの情報を「ここだけの話」として赤裸々に語ってくれる無料コラムはオススメ!新規会員登録すると「急騰候補3銘柄」をすぐに教えてくれるので、あわせてCHECKすることをオススメします。株プロフェットの無料登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

トリプルエー投資顧問はテーマ株を強みにしている株サイトです。「チャートの先生」としてテレビや雑誌などで活躍する清水洋介さんのコラムを無料で読むことができます。割りと良い頻度で無料の銘柄情報を教えてくれるし、売り推奨もやっているので、あらゆる相場で頼もしい存在となってくれます。しかも、上昇銘柄の推移を言い当てているケースがあるのが◎!新規会員限定で「厳選有力3銘柄」をすぐ教えてくれるので、先ずはこの3銘柄で腕試ししてみることをオススメします。トリプルエー投資顧問の無料登録はコチラ>

その他のテーマ株カテゴリー