ストップダカオのテーマ株リスト

今、もっとも注目されている最新テーマ株を解説!テーマ株の初動に乗ろう!

  • »
  • folder 猛暑(サマーストック)関連株

猛暑(サマーストック)関連株のテーマ株

このページでは猛暑(サマーストック)関連株にについて説明しています。

猛暑(サマーストック)関連株とは

猛暑(サマーストック)関連株とは、猛暑に関連する上場企業を指したテーマ株です。具体的な銘柄については順を追って確認していきますが、簡潔に言えば猛暑によって売れる商品や、サービスを提供する企業が、猛暑(サマーストック)関連株に該当します。

例えば、焼けつくような猛暑のなか、ノドの渇きを爽快に潤してくれる清涼飲料水や炭酸飲料は、猛暑に関連する商品の本命と言えるでしょう。その意味ではキンキンに冷えたビールも同じですね。

このことからもイメージできるように猛暑(サマーストック)関連株は、猛暑であればあるほど、そして猛暑が長く続けば続くほど、株価を大きく動かす可能性があるテーマ株です。

と言うことで、本格的な夏を迎えるまえに猛暑(サマーストック)関連株をしっかりチェックしておきましょう!

猛暑(サマーストック)関連株の買い時は?

早いもので気がつけばもう5月相場も終わります。ここまでを振り返ってみれば、2017年の5月相場は、地合いもかなり良かったと言えるのではないでしょうか。そんなアツアツな相場と同じく、ゴールデンウィークが過ぎた途端に真夏日です。

ぶっちゃけもう海開きできるんじゃないかってくらいアツイです。

ここ最近の気温から今年の夏はちょっとヤバそうだなと感じる人も多いかと思いますが、実際に気象庁の暖候期予報でも、2017年の夏は猛暑になると予想が出ています。

さらに言えば、6月から8月にかけて全国的に高気圧に覆われやすいとのことで、もしかしたら2017年の夏は快晴が続くかも知れませんね。

となれば当然、猛暑(サマーストック)関連株の人気に注目したいところで、肝心な仕込みのタイミングは、各メディアが「猛暑」を取り上げるところをピークとして、早ければ梅雨が明ける前から注目されるかも知れません。

仕込みのタイミングをより正確にするためにも、5月後半から6月中は、気象庁の予報には注目しておいたほうが良さそうですね。

猛暑(サマーストック)関連株の具体的な例

さて、ここからは猛暑(サマーストック)関連株の具体的な銘柄について確認していきましょう。

おさらいですが、猛暑(サマーストック)関連株とは、猛暑によって売れる商品やサービスなどを提供する企業を指したテーマ株です。

先ほど言った清涼飲料水や炭酸飲料、またビールなどの「飲料」を展開している企業は、猛暑(サマーストック)関連の中でも本命視しても良いでしょう。

その他で言えばアイスクリームもそうですね。商品そのものを作っているところはもちろん、店舗展開している企業も、猛暑(サマーストック)関連株として十分注目です。

また、猛暑が続ければ暑さを凌ぐために扇風機やクーラーといった電化製品なども売上を伸ばすでしょうし、日差しを防ぐ防止や、通気性が良い衣類を求める人も増えるはずです。女性の観点で言えば、日傘や日焼け止めクリームなども売上が伸びると考えることができますね。

あとはプールなどの水遊びできるテーマパークを展開する企業もまた、猛暑(サマーストック)関連株として外せないでしょう。

猛暑(サマーストック)関連株 一覧

猛暑(サマーストック)関連株に該当する銘柄を一覧としてまとめています。

2772 ゲンキー
6897 ツインバード工業
2209 井村屋グループ
4911 資生堂
2579 コカ・コーラボトラーズジャパン
3385 薬王堂
4098 チタン工業
3109 シキボウ
4218 ニチバン
9766 コナミホールディングス
4927 ポーラ・オルビスホールディングス
7416 はるやまホールディングス
4008 住友精化
4463 日華化学
8016 オンワードホールディングス
4681 リゾートトラスト
3141 ウエルシアホールディングス
4114 日本触媒
2201 森永製菓
2599 ジャパンフーズ
7936 アシックス
1377 サカタのタネ
4471 三洋化成工業
4078 堺化学工業
1972 三晃金属工業
8214 AOKIホールディングス
3544 サツドラホールディングス
8219 青山商事
5902 ホッカンホールディングス
9989 サンドラッグ
2730 エディオン
3087 ドトール・日レスホールディングス
3088 マツモトキヨシホールディングス
3105 日清紡ホールディングス
3098 ココカラファイン
8153 モスフードサービス
4404 ミヨシ油脂
4912 ライオン
2206 江崎グリコ
6367 ダイキン工業
4914 高砂香料工業
2270 雪印メグミルク
2587 サントリー食品インターナショナル
2590 ダイドーグループホールディングス
9675 常磐興産
4224 ロンシール工業
4958 長谷川香料
4985 アース製薬
8123 川辺
4028 石原産業
7514 ヒマラヤ
8022 ミズノ
2264 森永乳業
2531 宝ホールディングス
4461 第一工業製薬
2801 キッコーマン
3591 ワコールホールディングス
2503 キリンホールディングス
4027 テイカ
2872 セイヒョー
4917 マンダム
7494 コナカ
7506 ハウス オブ ローゼ
4967 小林製薬
3401 帝人
4452 花王
6755 富士通ゼネラル
2702 日本マクドナルドホールディングス
2593 伊藤園
8014 蝶理
8051 山善
3391 ツルハホールディングス
7649 スギホールディングス
4099 四国化成工業
3349 コスモス薬品
4536 参天製薬
4928 ノエビアホールディングス
2501 サッポロホールディングス
3002 グンゼ
3104 富士紡ホールディングス
3598 山喜
4120 スガイ化学工業
4365 松本油脂製薬
4527 ロート製薬
7606 ユナイテッドアローズ
8114 デサント
8115 ムーンバット
5901 東洋製罐グループホールディングス
9983 ファーストリテイリング
4921 ファンケル
2268 B-Rサーティワンアイスクリーム
2207 名糖産業
2664 カワチ薬品
2573 北海道コカ・コーラボトリング
8111 ゴールドウイン
4578 大塚ホールディングス
4088 エア・ウォーター
4998 フマキラー
3407 旭化成
2502 アサヒグループホールディングス
6465 ホシザキ
3549 クスリのアオキホールディングス
4922 コーセー
3395 サンマルクホールディングス
2269 明治ホールディングス
2659 サンエー
8281 ゼビオホールディングス
4924 シーズ・ホールディングス
7483 ドウシシャ
2810 ハウス食品グループ本社
4918 アイビー化粧品
4409 東邦化学工業

猛暑(サマーストック)関連株 本命視

猛暑(サマーストック)関連株の一覧の中でも特に本命視できる銘柄をまとめています。

猛暑(サマーストック)関連株 本命視 2503 キリンホールディングス

猛暑(サマーストック)関連株の本命視として先ず名前をあげたいのがキリンホールディングスです。キリンと言えば「一番搾り」や「午後の紅茶」で有名ですが、サッカー日本代表のオフィシャルサポンサーとしてスポーツ飲料も展開しています。サッカー日本代表は、6月から9月のあいだにワールドカップアジア最終予選が開催される予定です。このことからも猛暑(サマーストック)関連株の本命視として十分注目しておいて良いでしょう。

猛暑(サマーストック)関連株 本命視 2268 B-R サーティワン アイスクリーム

サーティワンアイスクリームも猛暑(サマーストック)関連株の本命視として考えることができます。サーティワンアイスクリームは、世界最大のアイスクリームチェーンです。豊富なフレーバーから子供から大人まで人気がありますね。特に繁忙期の真夏はあらゆるキャンペーンを実施する傾向にある、暑さ凌ぎに長蛇の列になることも。2017年の夏が猛暑となれば、同社株価も強く刺を受けるかも?!猛暑(サマーストック)関連株の本命視として注目です。


株式投資は情報戦です!どれだけ情報を早くに掴めるかが勝負と言えるでしょう。それこそ相場の動きを「半歩先読み」することが重要となってくるのです。ここで紹介する株サイトは、まだ市場に出回っていない情報を提供してくれるケースがあります。面倒な手続きは一切なく、無料で十分利用できるので、情報収集のひとつとして登録しておいて損はないでしょう。

Ads by Cueinc.

マスターズトレードは、情報と分析を強みに高い運用パフォーマンスを実現する株サイトです。これまでどこの株サイトも利用したことがない人は、先ずはマスターズトレードから始めて見ることをオススメします。というのも、無料サービスが充実しているから。特に「買い時」から「売り時」までトレードを徹底サポートしてくれるのは親切ですね。しかも、推奨する銘柄が割りと上がっているのもが多いのが頼もしい!例えば、大洋工業の推移です。推奨日から約1ヶ月で株価2倍以上に上昇しています。推奨買値が510円だったので、1000株購入の場合、以降高値の計算で59万円の運用パフォーマンスということになります。この他にも当然ありますが、かなり量があるので詳しくは下記リンク先から確認してください。ちなみにこの株サイトは新規会員登録すると銘柄情報を一気に3つも教えてくれます。もちろん無料です。ぜひチェックしてみてください!マスターズトレードの登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

株プロフェットは、SBI証券の現役アナリストとして活躍する藤本誠之さんが情報を提供してくれる株サイトです。藤本さんと言えば「相場の福の神」で有名ですね。経済書籍の著者としてもそうですが、テレビやラジオの経済メディアに出演していることからファンも多いでしょう。株プロフェットの強みは当然、藤本さんの情報を早くに入手できるところです。特にマーケットの情報を「ここだけの話」として赤裸々に語ってくれる無料コラムはオススメ!新規会員登録すると「急騰候補3銘柄」をすぐに教えてくれるので、あわせてCHECKすることをオススメします。株プロフェットの無料登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

トリプルエー投資顧問はテーマ株を強みにしている株サイトです。「チャートの先生」としてテレビや雑誌などで活躍する清水洋介さんのコラムを無料で読むことができます。割りと良い頻度で無料の銘柄情報を教えてくれるし、売り推奨もやっているので、あらゆる相場で頼もしい存在となってくれます。しかも、上昇銘柄の推移を言い当てているケースがあるのが◎!新規会員限定で「厳選有力3銘柄」をすぐ教えてくれるので、先ずはこの3銘柄で腕試ししてみることをオススメします。トリプルエー投資顧問の無料登録はコチラ>

その他のテーマ株カテゴリー