ストップダカオのテーマ株リスト

今、もっとも注目されている最新テーマ株を解説!テーマ株の初動に乗ろう!

  • »
  • folder スマート農業関連株

スマート農業関連株のテーマ株

WS000181

このページではスマート農業関連株について説明しています。

スマート農業関連株とは

スマート農業関連株とは、ロボット技術やICTを活用し、省力化や精密化などを進めた「スマート農業」の実現に関わっている上場企業を指すテーマ株です。

日本と言えば農業が盛んなイメージがありますが、それはもう過去の話。いまとなっては農業の衰退が深刻化しています。その切り札として考えられているのが「スマート農業」、すなわちスマート農業関連株に該当する企業です。

日本の農業の衰退には、政府もスマート農業を提唱していましたね。株式投資には「国策に売りはなし」という格言がありますし、スマート農業関連株についてしっかり確認していましょう!

スマート農業とは?

先ず、スマート農業関連株の前に、スマート農業について確認していきましょう。スマート農業とは、ロボット技術やICT(情報通信技術)を活用し、省力化や精密化を目指す農業のことです。簡単に言えば、ロボットに農業を手伝ってもらって少しでも楽をしましょうって話です。

例えば、人に代わって田植えをしてくれるロボットや、ビニールハウス内の管理をコントロールしてくれるロボットは農業の効率化に繋がります。また、収穫や出荷の時期を予測したり、天候を予知して対策を打ってくれるロボットがいれば、それは生産性の向上に繋がるでしょう。

WS000182

まるでドラえもんの道具のような話ですよね。ただ、政府はそんなスマート農業を最新技術を使って実現しようと考えているのです。当然、農家にとっても夢のような嬉しい話です。その理由については順を追って説明していきますが、スマート農業関連株は、国策の可能性がありながらも特需に期待できるテーマであると言えるでしょう。

スマート農業関連株の人気は農業の衰退

スマート農業関連株が注目される背景には、日本の農業が衰退していることがあがります。衰退の理由には国内農業が抱えるさまざまな問題が関係していますが、個人的には少子高齢化が大きいと考えています。

スマート農業関連株を確認するうえでも知っておくべき情報だと思いますので、あわせて確認していきましょう!

日本農業の衰退の理由 少子高齢化

農業の衰退の理由に少子高齢化があがります。単純に人手不足ってことですね。

生産年齢人口の減少は、どの分野においても言えることですが、特に農業にとっては深刻と言えるでしょう。なぜなら現代の仕事の多くは都心部に集中しているからです。

言わずもがな、農業は地方に多いです。わざわざビジネス盛んな都心部から離れる若者は少ないハズです。その意味では、高齢者の仕事の受け皿として期待できそうですが、農業は体力勝負なところがあります。やりたくてもできない人もいるでしょう。

この先、日本は本格的に少子高齢化を迎えますが、その中で農業の大部分をロボットに任せるスマート農業には特需が発生するかも知れません。そうなれば当然、スマート農業関連株が株価を大きく動かす可能性も一気に高まるでしょう。

それこそ、スマート農業で農家がべらぼうに儲かる仕組みができれば、若者に人気な仕事ととなり、スマート農業関連株が市場の中心テーマとなるかも?!

スマート農業関連株の今後

スマート農業関連株の人気は、農業市場の衰退が理由ですが、勢いづけているのは政府の後押しが大きいと思います。例えば、2017年3月24日に安部総理が開催した未来投資会議では、スマート農業および「農業ICT」が議題にあがりました。

未来投資会議とは、成長戦略を議論する会議です。この会議で安部首相は、さまざまなデータを活用することでおいしく安全な作物を収穫し、儲かる農業にしていきたいと発言しています。このことからも国策となる可能性は十分にあると考えられるでしょう。

株式投資には「国策に売りなし」の格言がありますし、この先スマート農業関連株の動きには注目していきたいですね。

スマート農業関連株の具体的な例

スマート農業について理解を深めることができたと思うので、ここからはスマート農業関連株の具体的な例を考えて行きたいと思います。

先ず、スマート農業関連株と言えばロボットですね、特に産業向けロボットの開発研究を行っている企業は注目です。

あとは、ビニールハウスなどの栽培施設では、コンピューターで室内環境を制御することが考えられるので、IoTサービスを提供する企業もスマート農業関連株と言えるでしょう。

その意味では気象やCO2濃度などの膨大な情報をデータ化する必要もあるので、ビッグデータを処理するソフトや、管理するサービスを提供する企業もスマート農業関連株として見ることができますね。

スマート農業関連株 一覧

スマート農業関連株に該当する銘柄を一覧としてまとめています。

9377 エージーピー
3541 農業総合研究所
3694 オプティム
7985 ネポン
3799 キーウェアソリューションズ
6506 安川電機
6326 クボタ

スマート農業関連株 本命視

スマート農業関連株の中で、特に本命視できる銘柄をまとめています。

スマート農業関連株 本命視 3541 農業総合研究所

WS000183

スマート農業関連株と言えばやっぱり農業総合研究所が本命視にあがります。その社名からもイメージできる通り、同社は農業に関する事業を中心に取り組む企業です。当然スマート農業に関する研究にも先陣を切って取り組んでいます。スマート農業関連株の本命視としてチェックしておきたいですね。

スマート農業関連株 まとめ

先日、安部首相が開催された未来投資会議で議題としてもあがったように、スマート農業は日本の農業を守るためにも特に優先すべき取り組みと考えられています。特に2017年は、農業従事者や公的機関、および研究機関などが持っている農業データを集約した情報プラットホームが構築される予定です。このことからもスマート農業関連株は市場で話題を集める人気テーマとなる可能性があるでしょう。


株式投資は情報戦です!どれだけ情報を早くに掴めるかが勝負と言えるでしょう。それこそ相場の動きを「半歩先読み」することが重要となってくるのです。ここで紹介する株サイトは、まだ市場に出回っていない情報を提供してくれるケースがあります。面倒な手続きは一切なく、無料で十分利用できるので、情報収集のひとつとして登録しておいて損はないでしょう。

Ads by Cueinc.

マスターズトレードは、情報と分析を強みに高い運用パフォーマンスを実現する株サイトです。これまでどこの株サイトも利用したことがない人は、先ずはマスターズトレードから始めて見ることをオススメします。というのも、無料サービスが充実しているから。特に「買い時」から「売り時」までトレードを徹底サポートしてくれるのは親切ですね。しかも、推奨する銘柄が割りと上がっているのもが多いのが頼もしい!例えば、大洋工業の推移です。推奨日から約1ヶ月で株価2倍以上に上昇しています。推奨買値が510円だったので、1000株購入の場合、以降高値の計算で59万円の運用パフォーマンスということになります。この他にも当然ありますが、かなり量があるので詳しくは下記リンク先から確認してください。ちなみにこの株サイトは新規会員登録すると銘柄情報を一気に3つも教えてくれます。もちろん無料です。ぜひチェックしてみてください!マスターズトレードの登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

株プロフェットは、SBI証券の現役アナリストとして活躍する藤本誠之さんが情報を提供してくれる株サイトです。藤本さんと言えば「相場の福の神」で有名ですね。経済書籍の著者としてもそうですが、テレビやラジオの経済メディアに出演していることからファンも多いでしょう。株プロフェットの強みは当然、藤本さんの情報を早くに入手できるところです。特にマーケットの情報を「ここだけの話」として赤裸々に語ってくれる無料コラムはオススメ!新規会員登録すると「急騰候補3銘柄」をすぐに教えてくれるので、あわせてCHECKすることをオススメします。株プロフェットの無料登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

トリプルエー投資顧問はテーマ株を強みにしている株サイトです。「チャートの先生」としてテレビや雑誌などで活躍する清水洋介さんのコラムを無料で読むことができます。割りと良い頻度で無料の銘柄情報を教えてくれるし、売り推奨もやっているので、あらゆる相場で頼もしい存在となってくれます。しかも、上昇銘柄の推移を言い当てているケースがあるのが◎!新規会員限定で「厳選有力3銘柄」をすぐ教えてくれるので、先ずはこの3銘柄で腕試ししてみることをオススメします。トリプルエー投資顧問の無料登録はコチラ>

その他のテーマ株カテゴリー