ストップダカオのテーマ株リスト

今、もっとも注目されている最新テーマ株を解説!テーマ株の初動に乗ろう!

梅雨関連株のテーマ株

このページでは梅雨関連株について説明しています。

梅雨関連株とは?

梅雨関連株とは、梅雨の時期に売上拡大に期待できる上場企業を指したテーマ株です。

日本人なら言わずもがな、梅雨とは広範囲で見られる気象現象のひとつで、雨が降り続ける期間のことです。

たまに降る雨は悪くないですが、降り続けるとなると外に出るのも億劫になりますし、洗濯物が干せなかったり、ジメジメっとした気候にストレスを感じられずには入られませんよね。

そんな梅雨を少しでも快適に過ごせるグッズやサービスがあるのなら是が非でもほしいと思うわけで、そういったサービスを提供する企業は、梅雨に特需が発生する傾向にあります。それこそ梅雨が長引けば長引くほど、その恩恵も大きくなると考えることができるでしょう。

と言うことで、梅雨を迎える前に、梅雨関連株をしっかりチェックしておきましょう!

梅雨関連株の買い時は?

梅雨関連株の具体的な例を確認する前に、先ずは梅雨関連株の買い時がいつなのかを考えていきましょう。

とはいえ、梅雨関連株と言うくらいですから、何となくその時期もイメージできるかと思います。そうです。梅雨入り直前のタイミングです。

ただ、梅雨入りのタイミングは全国各地で異なります。では、どの地域に合わせるかって話ですが、もちろんそれは関東地方でしょう。

関東地方が梅雨入りすれば、テレビをはじめ、あらゆるメディアで梅雨に関するコンテンツが増えますし、梅雨関連株の注目も一気に高まるでしょう。

ただ、買い時で言えば関東地方が梅雨に入った後では遅いです。というのも、梅雨関連株に特需が発生した際には、やはり初動から乗っておきたいですし、そう考えた場合は梅雨入り直前がベストと言えるからです。

関東の梅雨入り

気象庁の1951年以降の梅雨入りデータをチェックすると、関東地方の梅雨入りの平均は6月8日ごろとなっています。直近3年は平年通り6月8日前後に梅雨入りしていますが、早い年では5月から梅雨入りしていますし、梅雨関連株に仕込むのなら、ゴールデンウィークが過ぎた後から、小まめに天気ニュースをチェックしておいたほうが良いでしょう。

梅雨関連株の具体的な例

それではここからは梅雨関連株の具体的な銘柄について考えていきましょう。先ず、梅雨関連株と聞いてイメージに先行するのが、雨傘やレインコート、レインブーツなどのレイングッスを展開する企業です。梅雨の必需品とも言えますし、本命視の銘柄はこの中から考えられるでしょう。

その他で言えば、乾燥機付き洗濯機や衣類乾燥機、また除湿機といった家電メーカーも梅雨関連株として注目したいですね。

また、部屋干し洗剤やカビ取り洗剤、衣料用の消臭スプレーや除菌スプレーなどの売上も伸びるかも知れませんし、休日も雨が降ると考えると屋内型レジャー施設もにぎわう可能性がありそうですね。

梅雨関連株 一覧

梅雨関連株に該当する銘柄を一覧としてまとめています。

2670 ABCマート
8011 三陽商
8115 ムーンバット
8127 ヤマトインター
8185 チヨダ
9892 卑弥呼
7416 はるやま
7494 コナカ
8214 AOKIHD
8219 青山商
6367 ダイキン
6501 日立
6502 東芝
6503 三菱電機
6752 パナソニック
6753 シャープ
4452 花王
4912 ライオン
4951 エステー
4998 フマキラー
5122 オカモト
2157 コシダカHD
2404 鉄人化
4680 ラウンドワン
4837 シダックス
6059 ウチヤマHD
6460 セガサミーHD
7458 第一興商
8136 サンリオ
4712 アドアーズ
4825 ウェザーニューズ

梅雨関連株 本命視

梅雨関連株の中で、特に本命視できる銘柄をまとめています。

梅雨関連株 本命視 8115 ムーンバット

梅雨関連株本命視と聞かれたら先ずムーンバットをあげます。同社は洋傘をはじめ、レイングッズを中心に販売する企業です。百貨店での販売を強みとしていて、昨年は同社の折り畳み傘が人気で、一部シリーズは売り切れが続いていましたね。また、同社は日傘も展開しています。梅雨が明けた後、猛暑となればそれもまた追い風になるかも知れません。

梅雨関連株 本命視 4680 ラウンドワン

ラウンドワンは、アミューズメント施設「ROUND1」を運営すしている企業です。ROUND1と言えば、スポッチャが有名ですが、バランススクーターを導入するなど、屋内アミューズメントに注力している印象があります。特に最近は、都内に進出しているイメージがありますし、梅雨の時期は利用する人もかなり増えるのでは?!梅雨関連株本命視としてしっかりチェックしておきたいですね。

梅雨関連株 まとめ

梅雨関連株は、天候に左右されるテーマ株です。梅雨が長引けば長引くほど人気が集まってきます。それこそ気象庁から今年の梅雨は多雨と発表されれば、その恩恵も格段に上がるでしょう。ただし、その逆も然りということを忘れてはいません。梅雨関連株に仕込むなら、気象情報は常にチェックしておきましょう。


株式投資は情報戦です!どれだけ情報を早くに掴めるかが勝負と言えるでしょう。それこそ相場の動きを「半歩先読み」することが重要となってくるのです。ここで紹介する株サイトは、まだ市場に出回っていない情報を提供してくれるケースがあります。面倒な手続きは一切なく、無料で十分利用できるので、情報収集のひとつとして登録しておいて損はないでしょう。

Ads by Cueinc.

マスターズトレードは、情報と分析を強みに高い運用パフォーマンスを実現する株サイトです。これまでどこの株サイトも利用したことがない人は、先ずはマスターズトレードから始めて見ることをオススメします。というのも、無料サービスが充実しているから。特に「買い時」から「売り時」までトレードを徹底サポートしてくれるのは親切ですね。しかも、推奨する銘柄が割りと上がっているのもが多いのが頼もしい!例えば、大洋工業の推移です。推奨日から約1ヶ月で株価2倍以上に上昇しています。推奨買値が510円だったので、1000株購入の場合、以降高値の計算で59万円の運用パフォーマンスということになります。この他にも当然ありますが、かなり量があるので詳しくは下記リンク先から確認してください。ちなみにこの株サイトは新規会員登録すると銘柄情報を一気に3つも教えてくれます。もちろん無料です。ぜひチェックしてみてください!マスターズトレードの登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

株プロフェットは、SBI証券の現役アナリストとして活躍する藤本誠之さんが情報を提供してくれる株サイトです。藤本さんと言えば「相場の福の神」で有名ですね。経済書籍の著者としてもそうですが、テレビやラジオの経済メディアに出演していることからファンも多いでしょう。株プロフェットの強みは当然、藤本さんの情報を早くに入手できるところです。特にマーケットの情報を「ここだけの話」として赤裸々に語ってくれる無料コラムはオススメ!新規会員登録すると「急騰候補3銘柄」をすぐに教えてくれるので、あわせてCHECKすることをオススメします。株プロフェットの無料登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

トリプルエー投資顧問はテーマ株を強みにしている株サイトです。「チャートの先生」としてテレビや雑誌などで活躍する清水洋介さんのコラムを無料で読むことができます。割りと良い頻度で無料の銘柄情報を教えてくれるし、売り推奨もやっているので、あらゆる相場で頼もしい存在となってくれます。しかも、上昇銘柄の推移を言い当てているケースがあるのが◎!新規会員限定で「厳選有力3銘柄」をすぐ教えてくれるので、先ずはこの3銘柄で腕試ししてみることをオススメします。トリプルエー投資顧問の無料登録はコチラ>

その他のテーマ株カテゴリー