ストップダカオのテーマ株リスト

今、もっとも注目されている最新テーマ株を解説!テーマ株の初動に乗ろう!

  • »
  • folder ポケモンGO関連銘柄

ポケモンGO関連銘柄のテーマ株

WS000537

このページではポケモンGO関連銘柄について説明しています。

ポケモンGO関連銘柄とは

ポケモンGOとは任天堂がポケモンと米Nianticとの3社共同で開発した新作スマホアプリのことですね。海外で先行リリースされ爆発的人気アプリとなったことから、ポケモンGO関連株が軒並み値上がりしました。

ポケモンGO関連銘柄とはポケモンGOに関連する銘柄のことをいいます。

ポケモンGO 海外で爆発的人気

さてポケモンGOですが、2016/07/07に海外で先行リリースされました。ポケモンGOはリリースされたと同時に人気が急上昇。記事を書いている段階で日本でのリリースはまだされていないですが、既に海外のポケモンGOユーザーの反応は物凄い模様。

リリースされまだ数日にも関わらず米アプリセールスランキングで1位を獲得したりだとか、ポケモンGOにハマってポケモンを探し求め一日中歩き回る人が続出したりだとか。さらに人気過ぎてこのポケモンGOを悪用する強盗団まで現れたという話です。多くの海外ユーザーが熱中しているからこそ、こういった事件も起きるのかもしれませんね。

ちなみに07/10時点では一部の英語圏国で配信されているだけですが、デイリーアクティブユーザー数は既にツイッターに匹敵するほどの数に上っているみたいです。

いやこれは想像以上の話題性ですね。

なぜポケモンGOが注目されているか?

なぜこれほどまでにポケモンGOが注目されているかというと「これまで任天堂が一切スマホアプリ業界に参入してこなかった」という点があるでしょう。

スマホアプリ業界といえば、パズドラで最大200倍以上に株価急伸したガンホーモンストで株価30倍以上に急伸したミクシィなどが有名ですね。

これだけ株価が一気に急騰するということは、つまり「儲かる業界」であることに他なりません。

そんなアプリ業界にゲーム大手の任天堂が参入するとなれば注目されるのは当然でしょう。

任天堂といえば世界的に有名なゲーム会社大手。世界屈指のゲーム開発力と、既に世界的に売れている有名なタイトルをいくつも保有している会社です。

そんな会社が「儲かると評判のアプリ業界」に本格参入するのですから、今回のポケモンGOが瞬く間に米アプリランキングでTOPに躍り出たのも当然と言えば当然かもしれません。

ポケモンGOはどんなアプリ?

ポケモンGOに注目される背景があったのは前述の通りですが、実際にポケモンGOはかなり面白そう!非常に新しい今までにない画期的なゲームですよ。

 

ポケモンGOはAR(拡張現実)を活用したアプリ

ポケモンGOは2016年のテーマ株としても注目のAR(拡張現実)を活用したアプリになっています。スマホの中だけで完結するゲームではなく、実際の現実社会を舞台にしてポケモンを捕まえるゲーム性となっています。

実際に外出してスマホをかざすとポケモンが出現し、モンスターボールを投げて捕獲する。捕獲したポケモンで戦う。

これってまさにポケモンの世界観ですよね!

AR(拡張現実)位置情報ゲームというテクノロジーを併せてポケモンの世界観を見事に表現したことが世界的に評価されたということですね!

ポケモンGOのプロモーション動画

こちらがポケモンGOのプロモーション動画です。

ポケモンGOで運動不足・肥満解消

またポケモンGOは運動不足や肥満の解消にも役立つという見方があるみたいですね。ポケモンGOは実際に外出してポケモンを捕獲する必要があるため、当然「歩く」ことになります。また捕獲したポケモンを成長させるために、これまた「歩くこと」が必要とのこと。しかも時速10キロメートルを超えるとカウンターがストップする仕様ということで、車や自転車を使うことができないみたいです。

必然的に「歩く」ことがポケモンの成長速度に関わってくるので、ドハマりしたユーザーはかなり「歩く」ことになりますよね。

すでに海外では、ポケモンを求めてたくさんのユーザーがさまよい歩いている現象が起きているみたいです。

歩くことを求められるアプリですので、アメリカで社会問題になっている「肥満」を解消できるかも?!という見方もあります。日本でも運動不足に人は多いと思いますし、そういう人もポケモンGOに熱中して歩くなら楽しそうですよね!

ポケモンGOで地方再生

ポケモンGOは地方再生にも役立つ可能性があります。前述の通り、ポケモンGOは外に出歩くことが必要なゲーム。例えば今後、世界中のいろいろな地域や企業などとコラボすることで、「その地域にしか生息しないレアポケモン」などが配信されれば、たくさんのユーザーが実際に特定の地域に足を運ぶことになるでしょう。

観光客の増加を求めてポケモンGOとコラボしたがる地域や企業が増える可能性は十分にありますね。

日本でも地方再生は重要な課題。ポケモンGOで地方再生が実現すれば非常に面白いと思います。

ポケモンGO関連銘柄の具体的な例

ポケモンGOについてある程度理解できたと思いますので、ポケモンGOに関連する銘柄にはどんなものがあるのか実際に考えてみましょう!

まずなんといっても外せないのがポケモンGOの生みの親でもある任天堂任天堂がポケモンGO関連銘柄のドンピシャド本命銘柄であることに異論はないと思います。

でも他にもポケモンGOの爆発的人気にあやかり株価を上げる銘柄が考えられます。

例えばポケモンのアニメ・映画などを製作している企業には恩恵があるかもしれません。またポケモンに関連する施設を運営する企業も面白そうですね。

それと、ポケモンGOは前述の通り「歩く」ことが必要不可欠なゲームであるため「靴・スニーカー」がよく売れるということも考えられますね。

また、一部では「歩くのが嫌な人」はプラレールにスマホを乗せて走らせることで歩かなくてもよくなる!などの代替案を出しています。すげー面白い案ですね。

これでプラレールを作っているタカラトミーの株が騰がることがあればさらに面白い。

このようにいろいろポケモンGO関連銘柄は考えられます。

 

ポケモンGO関連銘柄 一覧

7974 任天堂
3668 コロプラ
3912 モバイルファクトリー
4676 フジ・メディア・ホールディングス
6879 イマジカ・ロボット ホールディングス
7022 サノヤスホールディングス
2215 第一屋製パン
7867 タカラトミー

ポケモンGO関連銘柄 ピックアップ

 

ポケモンGO関連銘柄 7974 任天堂

WS000538

ポケモンGOは任天堂・ポケモン社・米Niantic Inc(ナイアンティック)が共同開発したアプリですので、ポケモンGO関連銘柄のド本命はなんといっても任天堂でしょう。

世界的に有名な大手ゲーム会社が、スマホアプリ業界に初めて参入したことでかなり期待は高まりますが、過去に爆発的に株価を上げたアプリ関連銘柄ガンホーやミクシィ、コロプラなどと比べて既に時価総額が莫大に大きい点は注意しておくべき。

任天堂の値動きは軽くありませんので、過去のアプリ関連銘柄の急騰のように株価数十倍以上といった値上がりは厳しいように思います。

一部では「ポケモンGOが任天堂に与える業績インパクトは限定的」という見方もあるようですので、注意しておくべきでしょう。

とはいえ、ポケモンGOはこれまでスマホアプリ業界に参入してこなかった任天堂が満を持してリリースした初のスマホアプリタイトル。リリース直後から爆発的に人気が急上昇していますからしばらくは話題に事欠かないかも。株価がどこまで伸びるかは未知数でしょう。

ポケモンGO関連銘柄 4676 フジ・メディア・ホールディングス

WS000539

ご存知フジテレビのフジ・メディア・ホールディングス。こちらはポケモンGOを共同開発した会社の一つである米ナイアンティックに2016年2月に出資しており、今後さまざまな協業を進めるとしています。そのため、ポケモンGO関連銘柄としても注目されています。

ポケモンGO関連銘柄 3668 コロプラ

WS000540

ポケモンGOは位置情報ゲームとしての側面があるので、ポケモンGOの人気で位置情報ゲームの認知度が上がれば、同じく位置情報ゲームを保有する銘柄も人気が再燃するかもしれません。

位置情報ゲームといえばコロプラ!

コロプラはクイズRPGの「魔法使いと黒猫のウィズ」やアクションRPGの「白猫プロジェクト」が有名ですが、位置情報ゲームの元祖「コロニーな生活」をリリースしたのもコロプラ。世界初の位置ゲー特化型プラットフォーム「コロプラ」も有名ですね。

コロプラは最近はあまり派手な動きをしないですが、人気が再燃すれば面白いかも?!

ポケモンGO関連銘柄 3912 モバイルファクトリー

WS000541

モバイルファクトリーも「駅奪取」「駅奪取PLUS」「駅メモ」などの位置情報ゲームを手掛けている銘柄です。これらのゲームはコロプラの位置ゲー特化型プラットフォーム「コロプラ」で配信されています。コロプラに比べても時価総額が小さく、値動きが軽いためその点では面白そうかもしれません。

 

ポケモンGO関連銘柄 6879 イマジカ・ロボット ホールディングス

WS000542

子会社のオー・エル・エムがポケットモンスターのテレビ・劇場版アニメーションを手掛けていることからイマジカ・ロボット ホールディングスもポケモンGO関連銘柄として注目されています。日本でポケモンGOがリリースされ、海外同様に人気がでれば同社にも恩恵があるかもしれません。

ポケモンGO関連銘柄 7022 サノヤスホールディングス

WS000543

サノヤスホールディングスの子会社サノヤス・インタラクションズは大阪の万博記念公園内にある大型複合施設「EXPOCITY」で「ポケモンEXPOジム」を運営しており、このことからポケモンGO関連銘柄として注目されています。

 

ポケモンGO関連銘柄 2215 第一屋製パン

WS000544

パンメーカーである第一屋製パンの看板商品はポケモンパン。もしポケモンGOとのコラボなどが実現すれば面白そうです。

ポケモンGO関連銘柄 7867 タカラトミー

WS000545

タカラトミーはプラレールを作っている玩具メーカーであることから、一部でポケモンGO関連銘柄として注目されている模様。ポケモンGOではポケモンの発見・成長に「歩くこと」が求められますが、「歩くなんて嫌!」って人は絶対いますよね。

そんな人が考えたのが「プラレールにスマホを乗っけて走らせちゃおう」と考えた模様。運営元に「プラレール対策」とかをされちゃったら終わりですけど、対策されるまでは面白いか?!意外なダークホース銘柄となるかも?!

ポケモンGO関連銘柄 まとめ

ポケモンGOは2016年7月にリリースされたばかりのアプリで、今後も人気は続く可能性が高いです。ガンホー、ミクシィ、コロプラなどの名だたるアプリ関連銘柄が大幅な急騰を見せたこともありますし、期待してしまいますね。もしかしたら息の長いテーマ株になる可能性もあるので、引き続き注目しておきましょう!


株式投資は情報戦です!どれだけ情報を早くに掴めるかが勝負と言えるでしょう。それこそ相場の動きを「半歩先読み」することが重要となってくるのです。ここで紹介する株サイトは、まだ市場に出回っていない情報を提供してくれるケースがあります。面倒な手続きは一切なく、無料で十分利用できるので、情報収集のひとつとして登録しておいて損はないでしょう。

Ads by Cueinc.

マスターズトレードは、情報と分析を強みに高い運用パフォーマンスを実現する株サイトです。これまでどこの株サイトも利用したことがない人は、先ずはマスターズトレードから始めて見ることをオススメします。というのも、無料サービスが充実しているから。特に「買い時」から「売り時」までトレードを徹底サポートしてくれるのは親切ですね。しかも、推奨する銘柄が割りと上がっているのもが多いのが頼もしい!例えば、大洋工業の推移です。推奨日から約1ヶ月で株価2倍以上に上昇しています。推奨買値が510円だったので、1000株購入の場合、以降高値の計算で59万円の運用パフォーマンスということになります。この他にも当然ありますが、かなり量があるので詳しくは下記リンク先から確認してください。ちなみにこの株サイトは新規会員登録すると銘柄情報を一気に3つも教えてくれます。もちろん無料です。ぜひチェックしてみてください!マスターズトレードの登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

株プロフェットは、SBI証券の現役アナリストとして活躍する藤本誠之さんが情報を提供してくれる株サイトです。藤本さんと言えば「相場の福の神」で有名ですね。経済書籍の著者としてもそうですが、テレビやラジオの経済メディアに出演していることからファンも多いでしょう。株プロフェットの強みは当然、藤本さんの情報を早くに入手できるところです。特にマーケットの情報を「ここだけの話」として赤裸々に語ってくれる無料コラムはオススメ!新規会員登録すると「急騰候補3銘柄」をすぐに教えてくれるので、あわせてCHECKすることをオススメします。株プロフェットの無料登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

トリプルエー投資顧問はテーマ株を強みにしている株サイトです。「チャートの先生」としてテレビや雑誌などで活躍する清水洋介さんのコラムを無料で読むことができます。割りと良い頻度で無料の銘柄情報を教えてくれるし、売り推奨もやっているので、あらゆる相場で頼もしい存在となってくれます。しかも、上昇銘柄の推移を言い当てているケースがあるのが◎!新規会員限定で「厳選有力3銘柄」をすぐ教えてくれるので、先ずはこの3銘柄で腕試ししてみることをオススメします。トリプルエー投資顧問の無料登録はコチラ>

その他のテーマ株カテゴリー