ストップダカオのテーマ株リスト

今、もっとも注目されている最新テーマ株を解説!テーマ株の初動に乗ろう!

  • »
  • folder パチンコ・パチスロ関連株

パチンコ・パチスロ関連株のテーマ株

このページでパチンコ・パチスロ関連株について説明しています。

パチンコ・パチスロ関連株とは

パチンコ・パチスロ関連株とは、その名の通りパチンコパチスロに関連する企業を指したテーマ株です。

パチンコ・パチスロと言えば、日本で唯一の民営ギャンブルです。かつては大きく賑わっていましたが、年々ギャンブルの規制が厳しくなり、遊戯人口の減少が深刻化しています。

特に2017年7月11日、警察庁が大幅な出玉規制を設けると発表したことで、いよいよパチンコ・パチスロ業界が無くなるのでは?なんてウワサも出ているほどです。

とはいえ、パチンコ・パチスロ業界はいまだ18兆円もの売上高があり、これまでもあの手この手で規制をすり抜けてきました。今回の出玉規制はひとつの山場であることに違いないですが、その中でうまく乗り越えられる企業があるとすれば、大きな資金が流入するかも知れません。

ってことで、パチンコ・パチスロ関連株について確認していきたいと思います。

パチンコ・パチスロ 市場規模

パチンコ・パチスロとは、日本で唯一の民営ギャンブルです。先ほどもお伝えしたように、かつては大きく賑わい、日本のギャンブル業界をけん引する立場にありました。

ピークは平成の始めの頃で、遊戯人口は3000万人に上り、売上高に関しても30兆円を誇っていました。ザックリですが、市場規模が国家予算の3分1もあったってわけですね。

そこから約20年後となる現在は、、パチンコ・パチスロに年々厳しい規制が設けられたことで、遊戯人口が1000万人を下回り、売上高は18兆円となっています。

見方によっては、「まだ18兆円も」と考えることができますが、今後もさらに規制が厳しくなることから、かつての盛り上がりを「国内」で取り戻すことは難しいでしょう。

パチンコ・パチスロ業界の今後

パチンコ・パチスロ業界の今後について、あくまで個人的な意見ですが、市場縮小は避けられないと思います。その理由は、カジノ法案が可決されたことで、ギャンブル依存症の対策法案がより強化されるようになったからです。

既にご存知の通り、昨年12月にカジノ法案が可決され、日本にカジノが作っても良いことになりました。そのうえで問題となっているのがギャンブル依存症で、先ずはパチンコ・パチスロ業界を抑制する動きが強まっています。

さすがに完全に消滅することはないとは思いますが、先ほどもお伝えしたように、かつての盛り上がりを「国内」で取り戻すのは難しいでしょう。

そこで考えられている次なる土俵は「中国」です。パチンコ・パチスロ業界の今後は中国にあると思います。

なぜなら日本のパチンコが中国に進出し、受け入れられようとしているからです。今後、かつての日本のようが盛り上がりを見せれば、日本のパチンコ・パチスロメーカーが受ける恩恵はより大きくなるかも知れないですね。

ただ、中国は法律により賭博が禁止されています。既にあるパチンコホールは特例のようですが、普及するにしても、いくつか壁はありそうですね。

パチンコ・パチスロ関連株 カジノとの関係

株式市場では、パチンコ・パチスロの機器や関連電子部品を製造するメーカーが対象となりますが、ギャンブルという括りからカジノ関連として注目を集めることが多いです。

今後日本にカジノができて、パチンコ・パチスロメーカーがカジノ内の遊戯台を製造することになれば、パチンコ・パチスロ業界の縮小とは逆行するかたちで、株価を大きく動かす可能性がありますね。

にパチンコ・パチスロ関連株 一覧

パチンコ・パチスロ関連株に該当する銘柄を一覧としてまとめています。

6881 キョウデン
6625 JALCO
3657 ポールHD
6428 オーイズミ
3676 HUG
3321 ミタチ産業
6737 EIZO
9766 コナミHD
6249 GCジョイコ
6457 グローリー
6460 セガサミー
6412 平和
6730 アクセル
6418 日金銭
7991 マミヤOP
6257 藤商事
6736 サン電子
2411 ゲンダイ
2767 フィールズ
6419 マース
6425 ユニバーサル
7591 エクセル
6430 ダイコク電
6417 SANKYO
6336 石井表記
4334 ユークス
7612 Nuts
3652 DMP
3739 コムシード

パチンコ・パチスロ関連株 本命視

パチンコ・パチスロ関連の中で、特に本命視できる銘柄をまとめています。

パチンコ・パチスロ関連株 本命視 6425 ユニバーサルエンターテインメント

パチンコ・パチスロ関連株の本命視と言われて真っ先に思い浮かぶのがユニバーサルエンターテインメントです。同社はパチスロ機を製造する大手です。同社が開発したパチスロ機を看板機種として大量設置しているパチスロホールも多いです。今後、中国で法改正があって、日本のパチンコ・パチスロが普及すようなことがあれば、真っ先に同社の株価が買われるかも知れないですね。

パチンコ・パチスロ関連株 まとめ

パチンコ・パチスロ業界は今後、規制強化により縮小はもはや避けられないと言えるでしょう。先ほど、中国に進出していると言いましたが、それも材料としてはまだまだ弱いですし、成長性で言えば、やはり現状のままでは過度な期待はできません。

ただ、パチンコ・パチスロ関連株はカジノと密接な関係にあります。今後日本にカジノができて、パチンコ・パチスロメーカーがカジノ内の遊戯台を製造することになれば、また違ったかたちで盛り上がりを見せるかも知れません。

パチンコ・パチスロ業界が縮小する可能性が高いからと言って、必ずしも株価が下がると決めつけないほうが良いかも知れないですね。


株式投資は情報戦です!どれだけ情報を早くに掴めるかが勝負と言えるでしょう。それこそ相場の動きを「半歩先読み」することが重要となってくるのです。ここで紹介する株サイトは、まだ市場に出回っていない情報を提供してくれるケースがあります。面倒な手続きは一切なく、無料で十分利用できるので、情報収集のひとつとして登録しておいて損はないでしょう。

Ads by Cueinc.

マスターズトレードは、情報と分析を強みに高い運用パフォーマンスを実現する株サイトです。これまでどこの株サイトも利用したことがない人は、先ずはマスターズトレードから始めて見ることをオススメします。というのも、無料サービスが充実しているから。特に「買い時」から「売り時」までトレードを徹底サポートしてくれるのは親切ですね。しかも、推奨する銘柄が割りと上がっているのもが多いのが頼もしい!例えば、大洋工業の推移です。推奨日から約1ヶ月で株価2倍以上に上昇しています。推奨買値が510円だったので、1000株購入の場合、以降高値の計算で59万円の運用パフォーマンスということになります。この他にも当然ありますが、かなり量があるので詳しくは下記リンク先から確認してください。ちなみにこの株サイトは新規会員登録すると銘柄情報を一気に3つも教えてくれます。もちろん無料です。ぜひチェックしてみてください!マスターズトレードの登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

株プロフェットは、SBI証券の現役アナリストとして活躍する藤本誠之さんが情報を提供してくれる株サイトです。藤本さんと言えば「相場の福の神」で有名ですね。経済書籍の著者としてもそうですが、テレビやラジオの経済メディアに出演していることからファンも多いでしょう。株プロフェットの強みは当然、藤本さんの情報を早くに入手できるところです。特にマーケットの情報を「ここだけの話」として赤裸々に語ってくれる無料コラムはオススメ!新規会員登録すると「急騰候補3銘柄」をすぐに教えてくれるので、あわせてCHECKすることをオススメします。株プロフェットの無料登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

トリプルエー投資顧問はテーマ株を強みにしている株サイトです。「チャートの先生」としてテレビや雑誌などで活躍する清水洋介さんのコラムを無料で読むことができます。割りと良い頻度で無料の銘柄情報を教えてくれるし、売り推奨もやっているので、あらゆる相場で頼もしい存在となってくれます。しかも、上昇銘柄の推移を言い当てているケースがあるのが◎!新規会員限定で「厳選有力3銘柄」をすぐ教えてくれるので、先ずはこの3銘柄で腕試ししてみることをオススメします。トリプルエー投資顧問の無料登録はコチラ>

その他のテーマ株カテゴリー