ストップダカオのテーマ株リスト

今、もっとも注目されている最新テーマ株を解説!テーマ株の初動に乗ろう!

  • »
  • folder 越境EC関連銘柄

越境EC関連銘柄のテーマ株

WS000496

このページでは越境EC関連銘柄について説明しています。

越境EC関連銘柄とは

ECサイトという言葉はよく聞きますが、これはインターネットを通じて企業などが消費者に商品を販売するオンラインショップのことを言います。

つまり越境ECとは越境=国境を越えた」「ECeコマース(電子商取引)」という意味で国をまたいだ国際的な電子商取引のことをいいます。

越境EC関連銘柄越境ECに関連する銘柄のこと。

なぜ越境EC関連銘柄が注目されているか?

海外に向けた日本のECサイトは今に始まったことではなく、前から一定数はあるものだと思いますが、今非常に注目度が高まってきています。

これはインバウンド需要の高まりが関連しています。東京オリンピックの決定、また円安進行を背景に昨今インバウンド(訪日外国人客)が急増。インバウンド客が日本の製品を気に入り「自国に帰った後も購入したい」と考えるようになったことが越境ECが注目され始めたきっかけと言えると思います。

越境ECは日本にとっても大きなビジネスチャンスです。

というのも今や日本は少子高齢化社会。日本の人工は減少傾向にあり、国内の消費は冷え込みつつある状況。そこで注目されるのが日本国外の市場を開拓する動き、つまり越境ECということです。

国外に直接店舗を出店するのには費用などのコスト面、現地での材料調達などの運営面モロモロでハードルが高いため、日本にいながら国外ユーザーを開拓する越境ECは日本からみても好都合。

中国人観光客などインバウンド(訪日外国人)客がこぞって日本製品を爆買いしているように、日本の商品は「品質が高い」といわれ海外人気が高いです。越境ECの発展により、来日せずとも製品を購入できるようになれば、新規顧客層は大幅に拡がることが考えられますね!

越境ECのメリット

越境ECは企業の業績を大幅に拡大させる可能性があります。

越境ECはサイトを多言語対応させることにより容易に販売地域の拡大が可能であり、例えば中国語対応をすれば中国語圏の地域全てに商品を販売することが可能です。日本国民がおよそ1億2000万人に対し中国語人口はおよそ10億人もいるらしいので、これは大きなビジネスチャンスと言えるでしょう。

また日本ではカンタンに手に入るけど、海外諸国では手に入れづらいものなどを販売することができれば新規客層を獲得できることも。越境ECは大きなメリットがあるといえますね。

越境ECのデメリット

越境ECには販売する地域に合わせた外国語の翻訳が必須になります。また発送の手段・決済方法の確立など、必要不可欠な手間がかかることはデメリットと言えばデメリットと言えるかもしれませんね。また、関税も国ごとに異なるためそういった専門的な知識がないとトラブルになる可能性もあり得ます。

販売する国に合わせた法律の知識なども必要不可欠といえます。

越境EC関連銘柄は息の長いテーマになるか?

前述の通り、越境EC関連銘柄インバウンド関連銘柄と関連が深いです。越境EC関連銘柄、インバウンド関連銘柄ともに注目され始めた背景に「円安進行」があるので、円安の状況である限りは注目され続ける可能性が高いです。

しかし円高方向へ傾けば、海外の顧客は「日本の製品をそれほど安く買えない」ことになりますので消費は落ち込む可能性があります。息の短いテーマではないと思いますが、為替相場に影響されるテーマ株であることを理解しておきましょう。

越境EC関連銘柄の具体的な例

越境ECが注目され始めたきっかけは「インバウンド需要のさらなる取り込み」というところからきていますので、越境ECの大きなターゲットになるのはやはり中国語圏でしょう。インバウンド客の「爆買い」の対象となるものにヒントがある気がします。

インバウンド客に人気のある商品・製品は家電やサプリ・医薬品、ベビー用品や化粧品などが人気です。また日本のアニメや漫画など「オタク文化」と呼ばれるものは中国圏のみならず欧米や韓国・台湾などでも関心が高いです。

こういった商品を扱う企業が越境ECに乗り出すとなれば非常に面白いと思います。

越境EC関連銘柄 一覧

3195 ジェネレーションパス
3665 エニグモ
3328 BEENOS
6176 ブランジスタ
3031 ラクーン
3134 Hamee
2459 アウンコンサルティング
3192 白鳩
2489 アドウェイズ
9782 ディーエムエス
9715 トランス・コスモス
6081 アライドアーキテクツ
3415 TOKYO BASE
7833 アイフィスジャパン
3194 キリン堂ホールディングス

越境EC関連銘柄 注目 ピックアップ

越境EC関連銘柄 3195 ジェネレーションパス

WS000499

ジェネレーションパスはインテリアや家具、衣料品などのネット通販「リコメン堂」を運営する企業です。ジェネレーションパスは2015年11月より中国を対象に越境EC事業に本格参入しており、越境EC関連銘柄として注目されていますね。2016年4月ごろから一気に越境EC関連銘柄として注目され株価を伸ばしています。

マザーズ市場に上場する銘柄で値動きが軽いので短期資金が入りやすい?!

越境EC関連銘柄 6176 ブランジスタ

WS000500

ブランジスタは子会社ブランジスタゲームでスマホアプリ開発などを手掛けていますが、本業は広告モデルの電子雑誌専業。旅行やファッション誌を展開しているほか、ECサイトのサポート事業も行っており、このことから越境EC関連銘柄としても注目。

なお、ブランジスタゲームではAKBグループの生みの親「秋元康」氏をプロデューサーに据え「神の手」というアプリをリリースしています。越境EC関連銘柄としての注目に加え、神の手のリリースが重なり2016年4~5月にかけ大幅に株価を上げましたが、神の手のアプリセールスランキングが不調だったこともありその後は急落。

すでにひと相場終わった感がありますが、今後はどうなるか?!

越境EC関連銘柄 3665 エニグモ

WS000501

エニグモは服飾中心のソーシャル通販サイト「バイマ」を運営する企業。このバイマでは売り手・買い手双方から手数料が入りそれが主な利益の柱。2015年10月に「バイマ」の英語版をオープンしアメリカを中心に販路拡大中とのこと。業績も好調(2016年現在)。今後、もし中国語圏にも進出する方向になればさらに面白そうです。

越境EC関連銘柄 3134 Hamee

WS000502

Hameeは2016年、かなり存在感を高めている銘柄の一つです。Hameeはスマホやタブレット向けのアクセサリーのデザイン・販売を手掛ける傍ら、クラウド型EC事業支援システム「ネクストエンジン」というサービスも手掛けています。

このネクストエンジンはネットショップの受注・在庫・商品管理を一元管理するシステムで、海外へのEC事業がカンタンに誰でもできるというもの。越境ECに乗り出したい事業者は多数いることでしょうし、越境ECの支援サービスを展開するHameeにとっては大きなビジネスチャンスです。

さらにHameeは2016年2月に自社サービスであるネクストエンジンの「さらなる自動化」を目指し、人工知能・機械学習を研究する「ネクストエンジンAIラボ」を設立したと発表。これにより、越境EC関連銘柄のほか人口知能(AI)関連銘柄としても注目が集まっています。

さらにさらに、Hameeは2016年6月には、スマートフォンをセットしアプリを使用するだけでVRを視聴体験できる「VR SHINECONヘッドセット」という商品を発売。これによりVR関連銘柄としても注目が集めました。

この通りHameeは越境EC関連銘柄人口知能(AI)関連銘柄VR関連銘柄と2016年の人気テーマ株に複数絡んでいる注目銘柄。

ちなみに経済産業省及び東京証券取引所が選ぶ「攻めのIT経営銘柄2016」に選定されています。今後の株価推移も注目です。

 越境EC関連銘柄 6081 アライドアーキテクツ

WS000503

アライドアーキテクツはソーシャルメディアを使った企業のマーケティング企画・運用・分析などを支援している企業。同社は中国語圏最大のSNS「Weibo(ウェイボー)」の公式マーケティングパートナーである北京天下秀科技有限公司と、日本で初めて正規販売代理契約を締結している会社ですね。

SNSマーケティングを導入する企業は増えているらしいので注目ですね。ちなみにアライドアーキテクツも人口知能(AI)関連銘柄としても注目される銘柄。動画広告関連として注目される向きも。ここも材料豊富な銘柄ですね。

越境EC関連銘柄 3415 TOKYO BASE

WS000504

TOKYO BASEは国内ブランド特化型のセレクトショップと独自ブランド「UNITEDTOKYO」を手掛ける銘柄。

2016年6月には「STUDIOUSWomens渋谷店」でインバウンド比率が3割に到達したとのこと。国内ブランドに特化していることからインバウンド人気が出ているということか。越境EC関連銘柄としても注目。

越境EC関連銘柄 まとめ

越境EC関連銘柄はインバウンド関連銘柄の物色が落ち着きしばらくして、2016年3月以降から注目され始めたテーマ株です。インバウンド関連銘柄と関連が深いテーマですが、連動して動いている印象はあまりない模様。

息の短いテーマではなさそうですが、前述の通り円安を背景に注目されるようになったテーマですので、円高進行が進めば売られる可能性も出てくるかもしれません。この点は注意しておきましょう。


株式投資は情報戦です!どれだけ情報を早くに掴めるかが勝負と言えるでしょう。それこそ相場の動きを「半歩先読み」することが重要となってくるのです。ここで紹介する株サイトは、まだ市場に出回っていない情報を提供してくれるケースがあります。面倒な手続きは一切なく、無料で十分利用できるので、情報収集のひとつとして登録しておいて損はないでしょう。

Ads by Cueinc.

マスターズトレードは、情報と分析を強みに高い運用パフォーマンスを実現する株サイトです。これまでどこの株サイトも利用したことがない人は、先ずはマスターズトレードから始めて見ることをオススメします。というのも、無料サービスが充実しているから。特に「買い時」から「売り時」までトレードを徹底サポートしてくれるのは親切ですね。しかも、推奨する銘柄が割りと上がっているのもが多いのが頼もしい!例えば、大洋工業の推移です。推奨日から約1ヶ月で株価2倍以上に上昇しています。推奨買値が510円だったので、1000株購入の場合、以降高値の計算で59万円の運用パフォーマンスということになります。この他にも当然ありますが、かなり量があるので詳しくは下記リンク先から確認してください。ちなみにこの株サイトは新規会員登録すると銘柄情報を一気に3つも教えてくれます。もちろん無料です。ぜひチェックしてみてください!マスターズトレードの登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

株プロフェットは、SBI証券の現役アナリストとして活躍する藤本誠之さんが情報を提供してくれる株サイトです。藤本さんと言えば「相場の福の神」で有名ですね。経済書籍の著者としてもそうですが、テレビやラジオの経済メディアに出演していることからファンも多いでしょう。株プロフェットの強みは当然、藤本さんの情報を早くに入手できるところです。特にマーケットの情報を「ここだけの話」として赤裸々に語ってくれる無料コラムはオススメ!新規会員登録すると「急騰候補3銘柄」をすぐに教えてくれるので、あわせてCHECKすることをオススメします。株プロフェットの無料登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

トリプルエー投資顧問はテーマ株を強みにしている株サイトです。「チャートの先生」としてテレビや雑誌などで活躍する清水洋介さんのコラムを無料で読むことができます。割りと良い頻度で無料の銘柄情報を教えてくれるし、売り推奨もやっているので、あらゆる相場で頼もしい存在となってくれます。しかも、上昇銘柄の推移を言い当てているケースがあるのが◎!新規会員限定で「厳選有力3銘柄」をすぐ教えてくれるので、先ずはこの3銘柄で腕試ししてみることをオススメします。トリプルエー投資顧問の無料登録はコチラ>

その他のテーマ株カテゴリー