ストップダカオのテーマ株リスト

今、もっとも注目されている最新テーマ株を解説!テーマ株の初動に乗ろう!

介護関連株のテーマ株

WS000244

このページでは介護関連株について説明しています。

介護関連株とは?

介護関連株とは、文字通り介護施設介護用品など、介護に関連するサービスを提供する上場企業を指したテーマ株です。

日本は今、「人口減少」と「少子高齢化」が大きな問題となっています。後ほど詳しく説明していきますが、2060年には2.5人に1人が65歳以上になる見込みで、このままだと現役世代1.2人で高齢者1人を支える時代がやってくると言われています。

その頃は私も高齢者のひとりで、介護サービスを受ける側ですが、人口減少も問題視されいるなかで、ちゃんと支えてくれるか不安になります。贅沢は言わないので、ごくごく平凡な老後生活を送りたいですw

私自身の願望はさておき、この問題に対して政府は、新たな経済成長に向けた取組が不可欠だと考えています。その恩恵を大きく受ける可能性が高いのが介護関連株です。いわゆる国策です。

株式投資の格言に「国策に売りなし」との言葉があるくらいですし、介護関連株は今後、株価を大きく動かすテーマ株となり得るでしょう。ということで、介護が注目される理由と合わせて、介護関連株についてを確認していきたいと思います。

介護関連株が注目される理由

WS000248

介護関連株が注目される理由は幾つかありますが、大きく分けると「人口減少」と「少子高齢化」の2つだと思います。正確には、この2つの事柄が同時に進行していることが日本の課題となっていて、介護関連株が国策として考えられるようになった由縁たるものと言えるでしょう。

介護関連株の人気 人口減少

突然ですけど、皆さんは「日本の人口は?」と聞かれてどのくらいの数字をイメージしますか?認識違いあったとしても大半が「1億人以上」をイメージしたと思います。正確には2015年の調べで「1億2709万人」ですが、2053年には1億人を割ってくる可能性が高いと言われています。

例えば、厚生労働省が2017年4月10日に発表した将来推計人口では、減少速度こそ緩やかになったと言われていますが、それでも2065年までには日本の人口が、8808万人まで減少するケースがもっとも高いそうです。

介護関連株の人気 少子高齢化

厚生労働省が2017年4月10日に発表した「将来推計人口」で、もっとも問題視されたのが「少子高齢化」です。

日本の人口が減少しているなか、15~64歳の生産年齢人口の割合は足元の60.8%から50年後には51.4%に低下し、65歳以上の高齢者の割合が26.6%から38.4%に上昇することが分かったのです。

先ほども説明しましたが、このまま行けば現役世代1.2人で高齢者1人を支える時代を迎えます。もしそんな時代を迎えた場合、より介護の需要が増す可能性が考えられますし、何なら新たな介護に関するサービスが生まれるかも知れません。

介護関連株 市場規模

少子高齢化が急速に進展しているなかで、介護市場は拡大の一途を辿っています。とある調査会社の調べでは、介護をはじめ、医療や生活など、高齢者向けの市場規模は、2025年には100兆円を超える見込みが出ています。

特に介護関連の規模については、15.2兆円まで成長する見込みで、株価を大きく動かすテーマ株として期待されています。

さらに言えば、2017年4月10日に発表した「将来推計人口」で、少子高齢化の問題が改めて浮き彫りとなりました。これをひとつのキッカケに今後さらに注目を集めるかも知れないでしょう。

介護関連株の具体的な例

介護関連株が人気を集める理由や市場規模について理解を深めることができたと思うので、ここからはより具体的な銘柄を確認していきましょう。

先ず、介護関連株と聞いて真っ先にイメージするのは、老人ホームなどの介護施設を運営する企業です。特別養護老人ホームの「入居待ち」が減少傾向にあると言われていますが、これは入居条件を厳格化したことで単純に行き場がなくなっただけで問題解決に至っていません。高齢化が加速する中、今後さらに需要が増していくでしょうね。

あとは、オムツなどの介護用品や、ベッドなどの介護機器を製造販売を行っている企業も、介護関連株から外せませんね。単純に高齢者の数が増えるわけですから、介護用品や機器を求める人はも多くなるでしょう。

その他で言えば、訪問入浴サービスを行っている企業や、介護施設向けの小型バスを製造している自動車メーカーなどにも注目が集まるかも知れませんね。

介護関連株 一覧

介護関連株に該当する銘柄を一覧としてまとめました。

7447 ナガイレーベン
3141 ウエルシアホールディングス
1860 戸田建設
9044 南海電気鉄道
6960 フクダ
7813 プラッツ
3003 ヒューリック
2373 ケア21
7297 カーメイト
9048 名古屋鉄道
6287 サトーホールディングス
7817 パラベッド
6029 アトラ
9003 相鉄ホールディングス
9007 小田急電鉄
5610 大和重工
2877 日東ベスト
9008 京王
3794 エヌ・デーソフトウェア
9041 近鉄グループホールディングス
9020 JR東日本
9021 JR西日本
1764 工藤建設
9009 京成電鉄
4284 ソルクシーズ
6099 エラン
4775 総合メディカル
4204 積水化学工業
9006 京浜急行電鉄
2269 明治ホールディングス
1333 マルハニチロ
2802 味の素
9069 センコーグループホールディングス
6281 前田製作所
1808 長谷工コーポレーション
9005 東京急行電鉄
9031 西日本鉄道
8630 SOMPOホールディングス
9783 ベネッセホールディングス
6326 クボタ
8928 穴吹興産
4452 花王
6718 アイホン
7936 アシックス
2264 森永乳業
2654 アスモ
9045 京阪ホールディングス
9046 神戸電鉄
9766 コナミホールディングス
3360 シップヘルスケアホールディングス
1928 水ハウス
9735 セコム
1803 清水建設
1925 大和ハウス工業
9831 ヤマダ電機
8113 ユニ・チャーム
3401 帝人
9729 トーカイ
2175 エス・エム・エス
2809 キユーピー
7956 ピジョン
2398 ツクイ
6454 マックス
4826 CIJ
6062 チャーム・ケア・コーポレーション
7649 スギホールディングス
6752 パナソニック
2435 シダー
5332 TOTO
1722 ミサワホーム
6634 ネクスグループ
7191 イントラスト
9470 学研ホールディングス(
7266 今仙電機製作所
7551 ウェッズ
7550 ゼンショーホールディングス
6059 ウチヤマホールディングス
9792 ニチイ学館
1867 植木組
2374 セントケア・ホールディング
3341 日本調剤
7840 フランスベッドホールディングス
6823 リオン
7476 アズワン
3939 カナミックネットワーク
7779 CYBERDYNE
3167 TOKAIホールディングス
3807 フィスコ
7987 ナカバヤシ
2144 やまねメディカル
9791 ビケンテクノ
3974 ティビィシィ・スキヤツト
2462 ライク
2729 JALUX
4681 リゾートトラスト
4699 ウチダエスコ
9707 ユニマット リタイアメント・コミュニティ
3604 川本産業
5194 相模ゴム工業
6077 N・フィールド
6198 キャリア
6197 ソラスト
2415 ヒューマンホールディングス
8066 三谷商事
2393 日本ケアサプライ
4664 アール・エス・シー
4355 ロングライフホールディング
3390 INEST
6545 インターネットインフィニティ
2425 ケアサービス
1728 ミサワホーム中国
2137 光ハイツ・ヴェラス
8191 光製作所

介護関連株 本命視

介護関連株の中でも、特に本命視との見方ができる銘柄をピックアップしましたのでご紹介します。

介護関連株 本命視 4355 ロングライフホールディング

WS000246

介護関連株本命視と聞かれて先ず答えるのがロングライフホールディングですね。同社は介護付き老人ホームを手掛ける企業、介護関連株ド本命として考えても良いでしょう。また、同社の子会社は介護や家事代行サービスを手掛けています。どちらも高齢化社会において特需が発生する可能性がありますし、今から介護関連株本命視として長く注目していきたいですね。

介護関連株 本命視 6198 キャリア
WS000247

介護関連株の中でも、ここ最近キャリア本命視する人は増えているではないでしょうか。同社はシニアを活用した人材派遣を行っている企業で、雇用というかたちで高齢者を支える介護関連株です。

現役世代から見れば、高齢者になってまで働きたくないと思うかも知れませんが、働きたいと考える高齢者は意外と多いものです。例えば、2016年に実施された60歳以上を対象にした意識調査では、「まだ働きたい」答えた人はが71.9%にまで上っています。高齢化社会が進むにつれて、同社の株価も徐々に刺激を受けていくかも知れませんね。介護関連株の本命視として注目です。


株式投資は情報戦です!どれだけ情報を早くに掴めるかが勝負と言えるでしょう。それこそ相場の動きを「半歩先読み」することが重要となってくるのです。ここで紹介する株サイトは、まだ市場に出回っていない情報を提供してくれるケースがあります。面倒な手続きは一切なく、無料で十分利用できるので、情報収集のひとつとして登録しておいて損はないでしょう。

Ads by Cueinc.

マスターズトレードは、情報と分析を強みに高い運用パフォーマンスを実現する株サイトです。これまでどこの株サイトも利用したことがない人は、先ずはマスターズトレードから始めて見ることをオススメします。というのも、無料サービスが充実しているから。特に「買い時」から「売り時」までトレードを徹底サポートしてくれるのは親切ですね。しかも、推奨する銘柄が割りと上がっているのもが多いのが頼もしい!例えば、大洋工業の推移です。推奨日から約1ヶ月で株価2倍以上に上昇しています。推奨買値が510円だったので、1000株購入の場合、以降高値の計算で59万円の運用パフォーマンスということになります。この他にも当然ありますが、かなり量があるので詳しくは下記リンク先から確認してください。ちなみにこの株サイトは新規会員登録すると銘柄情報を一気に3つも教えてくれます。もちろん無料です。ぜひチェックしてみてください!マスターズトレードの登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

株プロフェットは、SBI証券の現役アナリストとして活躍する藤本誠之さんが情報を提供してくれる株サイトです。藤本さんと言えば「相場の福の神」で有名ですね。経済書籍の著者としてもそうですが、テレビやラジオの経済メディアに出演していることからファンも多いでしょう。株プロフェットの強みは当然、藤本さんの情報を早くに入手できるところです。特にマーケットの情報を「ここだけの話」として赤裸々に語ってくれる無料コラムはオススメ!新規会員登録すると「急騰候補3銘柄」をすぐに教えてくれるので、あわせてCHECKすることをオススメします。株プロフェットの無料登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

トリプルエー投資顧問はテーマ株を強みにしている株サイトです。「チャートの先生」としてテレビや雑誌などで活躍する清水洋介さんのコラムを無料で読むことができます。割りと良い頻度で無料の銘柄情報を教えてくれるし、売り推奨もやっているので、あらゆる相場で頼もしい存在となってくれます。しかも、上昇銘柄の推移を言い当てているケースがあるのが◎!新規会員限定で「厳選有力3銘柄」をすぐ教えてくれるので、先ずはこの3銘柄で腕試ししてみることをオススメします。トリプルエー投資顧問の無料登録はコチラ>

その他のテーマ株カテゴリー