ストップダカオのテーマ株リスト

今、もっとも注目されている最新テーマ株を解説!テーマ株の初動に乗ろう!

  • »
  • folder メタンハイドレート関連株

メタンハイドレート関連株のテーマ株

このページではメタンハイドレート関連株について説明しています。

メタンハイドレート関連株とは?

メタンハイドレート関連株とは、メタンハイドレート連する事業や開発、研究などを行っている上場企業を指したテーマ株です。

後ほど詳しく説明していきますが、メタンハイドレートとは石油や天然ガスに代わる“次世代資源”として注目されているシロモノです。

資源としての特性もそうですが、メタンハイドレートは日本の沿岸部に多く存在していて、商業化できれば経済的な恩恵が大きいとして、多くの期待と注目が集まっています。

それは当然、株式市場においてもそうです。メタンハイドレートの商業化に向けて開発や研究が進んでいるなか、株価を大きく動かす可能性があるとして物色人気が向かっています。

ということで、この辺りでメタンハイドレート関連株についてを確認しておきたいと思います。

メタンハイドレートとは?

それでは先ず、「メタンハイドレートとは何ぞ?」ってところから始めていきましょう。

メタンハイドレートは、水の分子がメタン分子を包み込む形で組成された固体結晶です。手に触れると冷たく、その見た目も氷のようですが、火を近づけると燃え始めます。

このことからメタンハイドレート「燃える氷」と言われています。

そんなメタンハイドレートの最大の特徴は、燃焼時の二酸化炭素が石油などに比べて圧倒的に少ないところです。

皆さんも知っての通り、エネルギー資源のひとつである石油には限りがあると言われて、いつかは底尽きると考えられています。

その中でメタンハイドレートは、石油に代わる新たなエネルギーとして、また環境対策にも有効なエネルギーとして注目されています。

メタンハイドレート 日本 資源大国

メタンハイドレートは、世界中の寒冷地の地底や沿岸部の海底で、その存在が確認されています。特に日本の沿岸部には、多くのメタンハイドレートが埋まっていることが確認されています。具体的には下記の地域です。

  • 北海道の網走沖
  • 日高沖から青森県の太平洋岸
  • 秋田県から新潟県沖にかけての日本海
  • 佐渡島と能登半島に挟まれた富山湾
  • 鳥取県沖から島根県沖周辺の海域
  • 静岡県から和歌山県にかけての南海トラフ
  • 四国沖の太平洋

メタンハイドレート 市場規模(価値)

日本の海域にはメタンハイドレートが大量に眠っています。具体的にどのくらいのメタンハイドレートが眠っているかと言うと、日本人が使う天然ガスの100年分以上の埋蔵量です。

まだ商業化されていない現状では、市場規模を正確に測ることができませんが、最低でも120兆円の金銭的価値があると言われています。

これは単純にメタンハイドレートという資源としての価値です。この先さらに研究が進み、商業化されれば、より大きな市場規模が生まれるかも知れませんね。

現状のメタンハイドレートの価値から見ても、メタンハイドレート関連株は株価を大きく動かす可能性を秘めていると考えることができるでしょう。

メタンハイドレートの実用化はいつ頃か?

安部政権はメタンハイドレートの実用化に向けて海洋基本計画を閣議決定し、2018年をめどに商業化することを目指すと発表しています。この計画からすれば商業化は間もなくの予定ですが、株式投資の観点で言えば、商用化される直前が話題のピークと言えるでしょう。

日本の資源エネルギー庁は、今現在もメタンハイドレートの研究や開発を進めています。成果や結果など、この先頻繁に発表されていくかと思いますが、その都度メタンハイドレート関連株が刺激を受ける可能性があるでしょう。

メタンハイドレート関連株の具体的な例

メタンハイドレートの理解を深めることができたと思うので、ここからはより具体的な関連株を確認していきたいと思います。

とはいえ、まだ実用化がされていない現状では、メタンハイドレート関連株に該当する企業もイメージし易いでしょう。

そうです。察しの通りで資源の開発に取り組む企業です。特にメタンハイドレートが日本の沿岸部の海底に眠っていることから、本命視となる銘柄海底資源の開発を軸としている企業の中から考えることができるでしょう。

メタンハイドレート関連株 一覧

メタンハイドレート関連株に該当する銘柄を一覧としてまとめています。

6297 鉱研工業
1812 鹿島
4183 三井化学
1803 清水建設
7011 三菱重工業
1801 大成建設
9532 大阪ガス
5020 JXTGホールディングス
9504 中国電力
9755 応用地質
9531 東京ガス
7013 IHI
6366 千代田化工建設
1963 日揮
4403 日油
9505 北陸電力
6330 東洋エンジニアリング
7012 川崎重工業
7003 三井造船
1662 石油資源開発
1605 国際石油開発帝石
4182 三菱ガス化学
4005 住友化学
5401 新日鐵住金
5711 三菱マテリアル
6269 三井海洋開発
5411 ジェイ エフ イー ホールディングス
1606 日本海洋掘削
4673 川崎地質

メタンハイドレート関連株 本命視

メタンハイドレート関連株の中で、特に本命視できる銘柄をまとめています。

メタンハイドレート関連株 本命視 1606 日本海洋掘削

日本海洋掘削は海洋掘削大手です。日本周辺海域のメタンハイドレート海洋産出計画の策定や生産手法の研究などを行っていることから、メタンハイドレート関連株の中でも本命視として考えて良いでしょう。

チャートは、2017年4月に株価を大きく落としていますが、その翌月に経済産業省がメタンハイドレートの商業化に向けた実験結果を発表したことで急回復させています。このことからもメタンハイドレート本命視としての見方が強いことが伺えますね。


株式投資は情報戦です!どれだけ情報を早くに掴めるかが勝負と言えるでしょう。それこそ相場の動きを「半歩先読み」することが重要となってくるのです。ここで紹介する株サイトは、まだ市場に出回っていない情報を提供してくれるケースがあります。面倒な手続きは一切なく、無料で十分利用できるので、情報収集のひとつとして登録しておいて損はないでしょう。

Ads by Cueinc.

マスターズトレードは、情報と分析を強みに高い運用パフォーマンスを実現する株サイトです。これまでどこの株サイトも利用したことがない人は、先ずはマスターズトレードから始めて見ることをオススメします。というのも、無料サービスが充実しているから。特に「買い時」から「売り時」までトレードを徹底サポートしてくれるのは親切ですね。しかも、推奨する銘柄が割りと上がっているのもが多いのが頼もしい!例えば、大洋工業の推移です。推奨日から約1ヶ月で株価2倍以上に上昇しています。推奨買値が510円だったので、1000株購入の場合、以降高値の計算で59万円の運用パフォーマンスということになります。この他にも当然ありますが、かなり量があるので詳しくは下記リンク先から確認してください。ちなみにこの株サイトは新規会員登録すると銘柄情報を一気に3つも教えてくれます。もちろん無料です。ぜひチェックしてみてください!マスターズトレードの登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

株プロフェットは、SBI証券の現役アナリストとして活躍する藤本誠之さんが情報を提供してくれる株サイトです。藤本さんと言えば「相場の福の神」で有名ですね。経済書籍の著者としてもそうですが、テレビやラジオの経済メディアに出演していることからファンも多いでしょう。株プロフェットの強みは当然、藤本さんの情報を早くに入手できるところです。特にマーケットの情報を「ここだけの話」として赤裸々に語ってくれる無料コラムはオススメ!新規会員登録すると「急騰候補3銘柄」をすぐに教えてくれるので、あわせてCHECKすることをオススメします。株プロフェットの無料登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

トリプルエー投資顧問はテーマ株を強みにしている株サイトです。「チャートの先生」としてテレビや雑誌などで活躍する清水洋介さんのコラムを無料で読むことができます。割りと良い頻度で無料の銘柄情報を教えてくれるし、売り推奨もやっているので、あらゆる相場で頼もしい存在となってくれます。しかも、上昇銘柄の推移を言い当てているケースがあるのが◎!新規会員限定で「厳選有力3銘柄」をすぐ教えてくれるので、先ずはこの3銘柄で腕試ししてみることをオススメします。トリプルエー投資顧問の無料登録はコチラ>

その他のテーマ株カテゴリー