ストップダカオのテーマ株リスト

今、もっとも注目されている最新テーマ株を解説!テーマ株の初動に乗ろう!

医療支援関連株のテーマ株

WS000253

このページでは医療支援関連株について説明しています。

医療支援関連株とは?

医師不足が深刻化するなかで、IoTやICTなどを活用した医療支援サービスが話題になっていますね。特に最近は、政府の後押しもあって関連株が注目される傾向にあります。いわゆる医療支援関連株ですね。

ひと言に医療支援と言っても、病院に向けた支援だったり、医師そのものに向けた支援だったり、はたまた患者に向けた支援だったりと、様々な医療支援ビジネスがあります。

ってことで今回は、医療支援ビジネスの種類から具体的な関連株までをしっかりチェックしていきたいと思います。

医療支援ビジネスとは?

先ほども言ったように、医療支援ビジネスのかたちは様々ありますが、その軸となっているものは「ICT」です。ICTとは情報処理や通信に関連する技術です。

これを活用した代表的な医療支援ビジネスと言えば「オンライン診療」ですね。文字通り、病院に行かずとも診察が受けられる医療支援サービスです。

また、ここ最近は医師が患者の相談に答えるWEBサイトがありますが、これもまた医療支援サービスのひとつですし、医師が情報交換を行うためのコミュニケーションサイトや、患者に向けた薬情報を提供するサイトなど、ICTを活用した医療支援サービスは増加傾向にあります。

医療支援関連株 注目の理由

IoTやICTといった技術が向上したこともそうですが、医療支援サービスが大きく注目されるようになった要因は2つだと思います。それは「高齢化」と「医師不足」です。

医療支援関連株 高齢化

日本は今、世界で見ても類まれな勢いで少子高齢化が進んでいます。厚生労働省の調査によると、高齢者の割合は足元の26.6%から50年後には38.4%になると言われています。

高齢者は病気に対するリスクが高いです。なので、どうしても定期的な診察が必要となってきます。近所に病院があるなら良いですが、遠隔地に住んでいる場合、たかが診察だろうと高齢者にとっては大変な苦労になります。

例えば、先ほど代表例にあげた「オンライン診療」という医療支援サービスは、高齢者にとって需要が高いサービスと言えるでしょう。

というのも、「オンライン診療」の医療支援サービスを活用すれば、どれほど遠くにに住んでいようが苦労せず診察を受けることができますからね。

このことからもイメージできるかと思いますが、医療支援サービスは高齢者と密接な関係にあります。この先、高齢化が加速している中で、その需要も等しく増す可能性があるでしょう。

医療支援関連株 医師不足

日本の医師不足は思っている以上に深刻です。それは病院の待ち時間を見れば分かるでしょう。受付に「あとどのくらいですか?」と聞いている光景は、もはや病院でお馴染みの光景と言えますね。

緊急の患者や、重病の患者を優先することは分かりますが、たかが風邪の診察や、怪我の経過を見てもらうだけで、半日も待たされるとなると、病院へ向かう足取りもなんだか重くなりますよね。

例えば、「オンライン診療」をはじめ、ちょっとした病状の相談を医療支援サービスを活用したかたちでできるなら、患者にとってはもちろん、医師不足の病院にとっても、メリットがあると言えるでしょう。

医療支援関連株 市場規模

医療支援の分野は、今後さらに拡大していくと考えています。というのも、高齢化の進展で医療患者が増加することで、2030年には医療が日本最大の産業となることが見込まれているからです。

当然その医療支援サービスも、その恩恵を受ける可能性がありますし、今後も新しい医療支援が創出されていくことを考えれば、株価を大きく動かすテーマになり得るでしょう。

医療関連株 政府が後押し

2017年4月、政府は情報通信技術(ICT)の活用で医療と介護の効率化を進めていく方針を発表しています。

具体的には、先ほど説明した「オンライン診療」や、介護を支援するための「見守りセンサー」の導入を促進する取り組みです。

2018年度に予定している「診療報酬」と「介護報酬」の改定で、この優遇措置を盛り込むとのことで、医療支援サービス関連株は息が長いテーマ株になるかも知れません。

医療支援関連株の具体的な例

ここからは具体的な医療支援関連株についてを考えていきたいと思います。先ずイメージするのはやはり「オンライン診療」のサービスを展開する上場企業です。政府が後押ししていることを考えれば、本命となる銘柄はこの中から出てくると思います。

あとは医療分野のWEBサイトを運営する上場企業も医療支援関連株として考えることができますね。と0はいえ、WEBサイトと言っても医師が情報交換するサイトや、患者の相談に答えるサイト、はたまた医師専門の転職サイトなど様々あるので、細かくチェックしておく必要がありますね。

医療支援関連株 一覧

医療支援関連株に該当する銘柄を一覧としてまとめています。

6034 MRT
6095 メドピア
3902 MDV
2150 ケアネット
7191 イントラスト
3937 AWSホールディングス
9658 ビジ太田昭
4348 インフォコム
6197 ソラスト
6029 アトラ
2175 エスエムエス
2413 エムスリー
6063 日本エマージェンシーアシスタンス
6888 アクモス
6078 バリューHR
3022 山下医科器械
4350 メディカルシステムネットワーク
9749 富士ソフト
4775 総合メディカル
9613 NTTデータ
9792 ニチイ学館
7744 ノーリツ鋼機
6942 ソフィア

医療支援関連株 本命視

医療支援関連株の中で、特に本命視できる銘柄をまとめています。

医療支援関連株 本命視 6034 MRT

WS000256

医療支援関連株と聞いてイメージに先行するのはMRTでしょう。同社はインターネットを活用した医師紹介サイトを運営している企業で、遠隔診療・健康相談サービスの「ポケットドクター」を展開していることから本命視としての見方が強い銘柄です。

2017年3月期第3四半期累計(2016年4-12月期)の決算では、純利益を前年同期と比べて17.7%減少していますが、遠隔診療・健康相談アプリポケッドドクターについては順調に推移しているとのことで、医療支援関連株として今後も期待できそうですね。


株式投資は情報戦です!どれだけ情報を早くに掴めるかが勝負と言えるでしょう。それこそ相場の動きを「半歩先読み」することが重要となってくるのです。ここで紹介する株サイトは、まだ市場に出回っていない情報を提供してくれるケースがあります。面倒な手続きは一切なく、無料で十分利用できるので、情報収集のひとつとして登録しておいて損はないでしょう。

Ads by Cueinc.

マスターズトレードは、情報と分析を強みに高い運用パフォーマンスを実現する株サイトです。これまでどこの株サイトも利用したことがない人は、先ずはマスターズトレードから始めて見ることをオススメします。というのも、無料サービスが充実しているから。特に「買い時」から「売り時」までトレードを徹底サポートしてくれるのは親切ですね。しかも、推奨する銘柄が割りと上がっているのもが多いのが頼もしい!例えば、大洋工業の推移です。推奨日から約1ヶ月で株価2倍以上に上昇しています。推奨買値が510円だったので、1000株購入の場合、以降高値の計算で59万円の運用パフォーマンスということになります。この他にも当然ありますが、かなり量があるので詳しくは下記リンク先から確認してください。ちなみにこの株サイトは新規会員登録すると銘柄情報を一気に3つも教えてくれます。もちろん無料です。ぜひチェックしてみてください!マスターズトレードの登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

株プロフェットは、SBI証券の現役アナリストとして活躍する藤本誠之さんが情報を提供してくれる株サイトです。藤本さんと言えば「相場の福の神」で有名ですね。経済書籍の著者としてもそうですが、テレビやラジオの経済メディアに出演していることからファンも多いでしょう。株プロフェットの強みは当然、藤本さんの情報を早くに入手できるところです。特にマーケットの情報を「ここだけの話」として赤裸々に語ってくれる無料コラムはオススメ!新規会員登録すると「急騰候補3銘柄」をすぐに教えてくれるので、あわせてCHECKすることをオススメします。株プロフェットの無料登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

トリプルエー投資顧問はテーマ株を強みにしている株サイトです。「チャートの先生」としてテレビや雑誌などで活躍する清水洋介さんのコラムを無料で読むことができます。割りと良い頻度で無料の銘柄情報を教えてくれるし、売り推奨もやっているので、あらゆる相場で頼もしい存在となってくれます。しかも、上昇銘柄の推移を言い当てているケースがあるのが◎!新規会員限定で「厳選有力3銘柄」をすぐ教えてくれるので、先ずはこの3銘柄で腕試ししてみることをオススメします。トリプルエー投資顧問の無料登録はコチラ>

その他のテーマ株カテゴリー