ストップダカオのテーマ株リスト

今、もっとも注目されている最新テーマ株を解説!テーマ株の初動に乗ろう!

5G関連株のテーマ株

WS000175

このページでは5G関連株について説明しています。

5G関連株とは?

5G関連株とは、5G関連の事業を展開する上場企業を指したテーマ株です。5Gについては順を追って説明していきますが、かいつまんで言えば「携帯電話の回線」です。

これもまた後ほど説明しますが、5Gが話題となっている最大の理由は、何と言っても通信速度の速さにあります。現在、私たちが使っている回線と比較して十倍以上も速くなると言われています。

つまり、今よりさらにスマホが繋がりやすくなるわけです。それこそ、ユーチューブの動画も瞬間的に再生できるようになるかも知れません。

さらに言えば、5Gが切り開く分野は、「自動運転車」や「遠隔操作」、「IoT」にも及ぶと言われています。5Gが商用化は、新しいサービスを生み出す可能性を大きく秘めているのです。

となれば当然、株価を動かす可能性も十分にあります。きたる5Gの誕生に備えて、今から5G関連株を追っていきましょう!

5Gとは

さて、先ずは5Gから確認していきたいと思います。先ほどは携帯電話の回線と言いましたが、正確には「移動通信システム」のことを指します。ちなみに5Gの「G」はジェネレーションの頭文字からとっています。

つまり、上記のように考えると、5Gとは「第5世代移動通信システム」ということになるわけですね。これまでに3Gとか、4Gとか耳にしたことがあるかと思いますが、数字が高いほうが上位に位置しています。

余談ですが、LTEは3Gと4Gの中継ぎ選手で、通信規格で言うと「3.9G」に位置づけられていました。ほぼ4Gじゃんって話ですよねw

さて、少し話が脱線してしまいましたが、いま私たちが使っている4Gと比べて、次の世代となる5Gは何がスゴイのか説明していきたいと思います。

4Gと5Gの違いその1 通信速度の向上

5Gの凄いところは何と言っても通信速度です。先ほども言いましたが、4Gと比べて数十倍も速くなります。

例えば、容量にもよりますが、画像が多いサイトを4Gで閲覧する場合、表示に4秒から5秒程度かかると言われていますが、5Gの場合は1秒もかからないそうです。もうサックサクでネットができますw

私なんかは外出先で良くユーチューブで動画を観るんですが、データの取得が追いつかず、途中で止まることが多く、そのたびにストレスを感じていたんですが、5Gが商用化されれば、このストレスも解消されるのかも知れませんね、

4Gと5Gの違いその2 通信混雑の解消

インターネットを使用しているとき、たまに急に重くなったりしませんか?アナログ時代を経験したわたしは、ついつい携帯を振ってしまうんですが、あれ実は回線が混み合って起こる現象なんです。

目に見えないとはいえ、回線は無限ではありません。周辺の人たちが一斉に同じ回線を使用すると混み合ってしまうんです。例えば、私の経験から言えば、帰宅ラッシュの地下鉄や、休日のフェスなどで良く起こります。

5Gでは、その現象も起こらないそうです。原理としては、周波数の回線を複数用意することで、ネットの流れをスムーズにするそうですね。

いずれにせよ、5Gが当たり前のように使われる時代が来れば、いつどこでもスムーズにインターネットを使うことができるでしょう。

4Gと5Gの違いその3 IoTの本格化

IoTとは、モノのインターネットです。例えば、携帯電話が代表的です。携帯という「モノ」に「インターネット」が繋がっています。ここ最近はIoT技術が進歩し、あらゆるモノがインターネットにつながり始めています。

一部ではIoT時代の幕開けなんて言われていますが、実際はまだ完全にはあけていません。そしてそのカギとなっているのが5Gなのです。

4Gと5Gの違いに、通信速度をあげましたが、扱える通信量も大きく異なるんです。4Gでは実現できなかったIoTサービスも、5Gならば実現できると見込まれています。

5G関連株 人気の火種はニュース?

ここまで来れば5Gの凄さも理解できたかと思いますが、実際に5Gが大きく注目されたのは、とある2つのニュースの影響が大きいと言えるでしょう。

5G関連株ニュースその1 政府が後押し

5Gの商用化は、東京オリンピックが開催される2020年と言われていますが、5Gビジネスの主導権を握るために、各国が技術開発に注力しています。当然ながら日本もそのひとつです。

先陣を切った欧州に比べ、日本は遅れをとっていましたが、5G開発推進組織「第5世代モバイル推進フォーラム」を発足するなどここ数年は日本の巻き返しが話題となっています。それこそ東京オリンピックに先駆けて5Gを開発する可能性もあるとして、5G関連株が注目を集めています。

5G関連株ニュースその2 トヨタとNTTの提携

2017年3月23日、トヨタ自動車とNTTが自動運転技術で提携し、5G通信を活用すると発表しましたが、このニュースをキッカケに5G関連株が注目を高めています。

NTTと言えば、日本の5G開発において、先頭に立っている企業です。具体的な取り組みについて、まだ多くは明かされていませんが、5Gの商用化にあわせて、新しいサービスを展開する可能性も十分に考えられます。

5G関連株 今後の動き

5Gの商用化は、「自動運転車」をはじめ「IoT」など、あらゆる分野にポジティブな影響を与える可能性があります。その中で新しいサービスが生まれるかも知れませんし、今後株価を大きく動かすテーマとなり得るでしょう

5G関連株 一覧

5G関連株に該当する銘柄を一覧としてまとめています。

3842 ネクスジェン
6778 アルチザ
3914 JIGSAW
6944 アイレックス
6800 ヨコオ
6902 デンソー
6702 富士通
7203 トヨタ
9437 NTTドコモ
9984 ソフトバンク
3852 サイバーコム
9433 KDDI
8226 理経
9432 NTT
4748 構造計画
7587 PALTEK
6501 日立
6701 NEC
6754 アンリツ

5G関連株 本命視

5G関連株の中で、特に本命視できる銘柄をまとめています。

5G関連株 本命視 4748 構造計画研究所

5G関連株と言えば、構造計画研究所です。5世代モバイル推進フォーラムの会員に名前を連ねていることからも本命視として見ることができるでしょう。総務省が5G導入検討を発表したときや、トヨタ自動車とNTTの提携を発表したときは、真っ先に株価を上げていたのも印象的です。

また、同社は自動運転やドローンといった次世代サービスに複数取り組んでいます。これもまた注目が集まるひとつの要因となっているのかも知れませんね。


株式投資は情報戦です!どれだけ情報を早くに掴めるかが勝負と言えるでしょう。それこそ相場の動きを「半歩先読み」することが重要となってくるのです。ここで紹介する株サイトは、まだ市場に出回っていない情報を提供してくれるケースがあります。面倒な手続きは一切なく、無料で十分利用できるので、情報収集のひとつとして登録しておいて損はないでしょう。

Ads by Cueinc.

マスターズトレードは、情報と分析を強みに高い運用パフォーマンスを実現する株サイトです。これまでどこの株サイトも利用したことがない人は、先ずはマスターズトレードから始めて見ることをオススメします。というのも、無料サービスが充実しているから。特に「買い時」から「売り時」までトレードを徹底サポートしてくれるのは親切ですね。しかも、推奨する銘柄が割りと上がっているのもが多いのが頼もしい!例えば、大洋工業の推移です。推奨日から約1ヶ月で株価2倍以上に上昇しています。推奨買値が510円だったので、1000株購入の場合、以降高値の計算で59万円の運用パフォーマンスということになります。この他にも当然ありますが、かなり量があるので詳しくは下記リンク先から確認してください。ちなみにこの株サイトは新規会員登録すると銘柄情報を一気に3つも教えてくれます。もちろん無料です。ぜひチェックしてみてください!マスターズトレードの登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

株プロフェットは、SBI証券の現役アナリストとして活躍する藤本誠之さんが情報を提供してくれる株サイトです。藤本さんと言えば「相場の福の神」で有名ですね。経済書籍の著者としてもそうですが、テレビやラジオの経済メディアに出演していることからファンも多いでしょう。株プロフェットの強みは当然、藤本さんの情報を早くに入手できるところです。特にマーケットの情報を「ここだけの話」として赤裸々に語ってくれる無料コラムはオススメ!新規会員登録すると「急騰候補3銘柄」をすぐに教えてくれるので、あわせてCHECKすることをオススメします。株プロフェットの無料登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

トリプルエー投資顧問はテーマ株を強みにしている株サイトです。「チャートの先生」としてテレビや雑誌などで活躍する清水洋介さんのコラムを無料で読むことができます。割りと良い頻度で無料の銘柄情報を教えてくれるし、売り推奨もやっているので、あらゆる相場で頼もしい存在となってくれます。しかも、上昇銘柄の推移を言い当てているケースがあるのが◎!新規会員限定で「厳選有力3銘柄」をすぐ教えてくれるので、先ずはこの3銘柄で腕試ししてみることをオススメします。トリプルエー投資顧問の無料登録はコチラ>

その他のテーマ株カテゴリー