ストップダカオのテーマ株リスト

今、もっとも注目されている最新テーマ株を解説!テーマ株の初動に乗ろう!

ヒアリ関連株のテーマ株

このページではヒアリ関連株について説明しています。

ヒアリ関連株とは

また新しいテーマができましたね。その名も「ヒアリ関連株」です。文字の通り、ヒアリに関連する企業を指したテーマ株です。ヒアリとは、南米原産の強い毒性を持ったアリです。詳しくは後ほど説明しますが、このヒアリが日本に上陸していることが問題となっており、害虫駆除などの企業がヒアリ関連株として人気化しています。ってことで、ヒアリ関連株についてまとめておきたいと思います。

ヒアリとは?

ヒアリとは、南米原産の強毒アリです。漢字では「火蟻」と書きますが、お尻にある毒針で刺されると、文字通り火傷のような激しい痛みが走ります。すぐに治療を受けないと全身に毒が回り、命を落としてしまう可能性があると言うから何とも恐ろしいアリです。しかも、かなり攻撃的な一面を持っており、刺激を与えるとすぐに毒針で刺されることから「地上のススメバチ」とも言われています。

ヒアリの日本上陸

ヒアリはもともと日本には生息していないアリですが、2017年5月26日に兵庫県尼崎市で初上陸が確認されました。中国から運ばれたコンテナに侵入していたようで、周辺の土壌から大量のヒアリと、ヒアリの卵が発見されています。

その後、2017年6月16日に、神戸港付近の道路でもヒアリの群れが確認され、その2日後となる6月18日には、兵庫県神戸市にある人工島「ポートアイランド」でも、ヒアリが発見されています。

これに続き、2017年7月4日、大阪港でヒアリの女王アリとその巣とみられる「巣穴」を確認したと環境省が発表しています。

この環境省の発表で、既に日本でヒアリが繁殖している可能性が一気に高まりました。仮にもし本当に繁殖してしまっていた場合、国は早急に手を打たないといけませんし、害虫駆除の企業には特需が発生するでしょう。

ヒアリの繁殖で関連株に特需が発生?

ヒアリはアリ塚という巣を作ります。このアリ塚のなかにはヒアリが最低でも1万匹は居ると言われています。巣の大きさによっては10万匹なんてこともあるそうですよ。

母体となる女王アリは、8年間の生涯に渡って卵を産み続けるそうで、とある話では1日に数千個のの卵が産み付けられているとか。とんでもない繁殖力です。

そのため、ヒアリの駆除は非常に困難です。例えば、2004年にヒアリの上陸を許した台湾は、駆除に年間14億円以上を投じた年もありながら未だに根絶できずにいます。

同じくヒアリが確認されたオーストラリアでは、駆除費用として7年間で2000億を投じてやっと根絶に成功しています。もし日本でもヒアリが繁殖してしまっていたら…。度合いによりますが、他国の事例から考えて、かなりのお金が動きそうですね。

となれば当然、害虫駆除の企業には恩恵が向かうでしょうし、ヒアリ関連株は株価を大きく動かすかも知れません。

ヒアリ関連株 一覧

ヒアリ関連株に該当する銘柄を一覧としてまとめました。

1738 NITTOH
4651 サニックス
4665 ダスキン
4951 エステー
4952 SDSバイオ
4955 アグロカネシ
4985 アース製薬
4998 フマキラー
6073 アサンテ

ヒアリ関連株 本命視

ヒアリ関連株の中で、特に本命視できる銘柄をまとめています。

ヒアリ関連株 本命視 4998 フマキラー

ヒアリ関連株本命視と言われて真っ先にイメージするのがフマキラーです。同社は家庭用殺虫剤の大手です。日本でヒアリが繁殖してしまった場合、害虫駆除の業者はもちろん、一般家庭においても防虫を徹底する必要が出てくるかと思いますが、特に家庭用殺虫剤の大手のフマキラーはその恩恵も色濃く受ける可能性があるでしょう。

ヒアリ関連株 本命視 4651 サニックス

サニックスはシロアリ駆除の事業を展開する企業で、これまでの防除、駆除の実績から見てもヒアリ関連株の本命視として考えて良いでしょう。今後、国内でヒアリが繁殖し、国は本格的に駆除に費用を投じ始めれば、先ず同社に資金が流れてくるかも?


株式投資は情報戦です!どれだけ情報を早くに掴めるかが勝負と言えるでしょう。それこそ相場の動きを「半歩先読み」することが重要となってくるのです。ここで紹介する株サイトは、まだ市場に出回っていない情報を提供してくれるケースがあります。面倒な手続きは一切なく、無料で十分利用できるので、情報収集のひとつとして登録しておいて損はないでしょう。

Ads by Cueinc.

マスターズトレードは、情報と分析を強みに高い運用パフォーマンスを実現する株サイトです。これまでどこの株サイトも利用したことがない人は、先ずはマスターズトレードから始めて見ることをオススメします。というのも、無料サービスが充実しているから。特に「買い時」から「売り時」までトレードを徹底サポートしてくれるのは親切ですね。しかも、推奨する銘柄が割りと上がっているのもが多いのが頼もしい!例えば、大洋工業の推移です。推奨日から約1ヶ月で株価2倍以上に上昇しています。推奨買値が510円だったので、1000株購入の場合、以降高値の計算で59万円の運用パフォーマンスということになります。この他にも当然ありますが、かなり量があるので詳しくは下記リンク先から確認してください。ちなみにこの株サイトは新規会員登録すると銘柄情報を一気に3つも教えてくれます。もちろん無料です。ぜひチェックしてみてください!マスターズトレードの登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

株プロフェットは、SBI証券の現役アナリストとして活躍する藤本誠之さんが情報を提供してくれる株サイトです。藤本さんと言えば「相場の福の神」で有名ですね。経済書籍の著者としてもそうですが、テレビやラジオの経済メディアに出演していることからファンも多いでしょう。株プロフェットの強みは当然、藤本さんの情報を早くに入手できるところです。特にマーケットの情報を「ここだけの話」として赤裸々に語ってくれる無料コラムはオススメ!新規会員登録すると「急騰候補3銘柄」をすぐに教えてくれるので、あわせてCHECKすることをオススメします。株プロフェットの無料登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

トリプルエー投資顧問はテーマ株を強みにしている株サイトです。「チャートの先生」としてテレビや雑誌などで活躍する清水洋介さんのコラムを無料で読むことができます。割りと良い頻度で無料の銘柄情報を教えてくれるし、売り推奨もやっているので、あらゆる相場で頼もしい存在となってくれます。しかも、上昇銘柄の推移を言い当てているケースがあるのが◎!新規会員限定で「厳選有力3銘柄」をすぐ教えてくれるので、先ずはこの3銘柄で腕試ししてみることをオススメします。トリプルエー投資顧問の無料登録はコチラ>

その他のテーマ株カテゴリー