ストップダカオのテーマ株リスト

今、もっとも注目されている最新テーマ株を解説!テーマ株の初動に乗ろう!

  • »
  • folder 電子タバコ関連株

電子タバコ関連株のテーマ株

このページでは電子タバコ関連株について説明しています。

電子タバコ関連株とは

電子タバコ関連株とは、その名の通り「電子タバコ」に関連する企業を指したテーマ株です。電子タバコについては、後ほど詳しく説明しますが、世界的に禁煙や分煙が進む中で、煙が気にならない電子タバコが人気化しています。

特に最近は、健康ブームが追い風となり「タバコ=悪」とする動きが強まっていて、喫煙者が減少傾向にあります。その中で、需要が高まりつつある電子タバコは、タバコ業界にとっては救世主であり、今後も大々的に売り出していくでしょう。

実際に、マルボロで知られるフィリップモリスは「iQOS(アイコス)」を、日本たばこ産業では「Ploom TECH(プルーム・テック)」、ケントやクールでお馴染みブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンからは「glo(グロー)」と、電子タバコの販売を強化しています。

今後に関しても、電子タバコに参入する企業は増えていく可能性は十分ありますし、もし電子タバコが一般的な喫煙具となれば、電子タバコ関連株は株価を大きく動かすテーマ株となるでしょう。ってことで、電子タバコ関連株について理解を深めておきたいと思います。

電子タバコとは

それでは先ず「電子タバコとは?」から始めていきたいと思います。電子タバコとは、文字通り電気を使ったタバコのことです。

通常のタバコは、ライターで火を付けて、その煙を吸うものですが、電子タバコは電気を使用するため煙は一切でません。なので、吸っている本人はもちろん、周りの人も受動喫煙の心配がないと言われています。

電子タバコの種類は大きく分けて2つあります。「リキッド式」と「加熱式」です。詳しくは下記の通りです。

リキッド式の電子タバコ

リキッド式タバコは、液体(リキッド)を注入して、電気で温めて発生した蒸気を吸うタイプの電子タバコです。最大の特徴は、ニコチン入りのリキッドを使わなければ「ニコチン」が一切入っていないってところです。大量の煙は出ますが、それは煙に見えるだけで正確には液体(リキッド)が気化したミストで、身体が受ける影響はないと言われていますね。。ちなみに専用の液体(リキッド)には、アップル味やブルーベリー味など、複数のフレーバーがあります。匂いを楽しむ電子タバコっていうイメージですかね。

代表的な製品:VAPE(ベイプ)

加熱式の電子タバコ

加熱式の電子タバコは、タバコの葉っぱを電気で温めて、「ニコチン」だけを吸い上げる電子タバコです。最大の特徴は煙を出さずにニコチンを摂取できるところですね。ニコチンが含まれているため、喫煙者が受ける身体の影響はゼロではないですが、タールが無い分、通常のタバコよりも幾分もマシですね。受動喫煙の心配も殆どないので、負い目を感じることなくタバコが吸えるって言うのも人気のひとつですね。

代表的な製品:iQOS(アイコス)、Ploom TECH(プルーム・テック)、glo(グロー)

電子タバコ 市場規模

イギリスの調査会社「ユーロモニター・インターナショナル」によれば、電子タバコの市場は全世界で2014年に70億ドル(約7700億円)で、2030年には510億ドル(約5兆6600億円)に拡大する見通しとなっています。

日本に関しても、ここ数年で電子タバコが一気に普及しましたし、世界で見ても喫煙率が高いと言われていることからも、ビッグマーケットに成長する可能性があると考え良いでしょう。

電子タバコ関連株 一覧

電子タバコ関連株に該当する銘柄を一覧としてまとめました。

2914 日本たばこ産業
7818 トランザクション
7834 マルマン

電子タバコ関連株 本命視

電子タバコ関連株の中で、特に本命視できる銘柄をまとめています。

電子タバコ関連株 本命視 2914 日本たばこ産業

電子タバコ関連株本命視と聞かれて真っ先にイメージするのが日本たばこ産業です。同社は通常のタバコをはじめ、電子タバコプルーム・テック」を販売している会社です。プルーム・テックと言われてピンと来ない人も多いと思います。というのも、プルーム・テックはオンラインショップか、福岡県のショップでしか購入することができなかったからです。2017年6月28日、遂にこのプルーム・テックが東京に上陸。これをキッカケに知名度をグンと上げるかも知れませんね。フィリップモリスのアイコスに続き、大ヒット商品ともなれば同社の業績も大幅拡大するかも?!


株式投資は情報戦です!どれだけ情報を早くに掴めるかが勝負と言えるでしょう。それこそ相場の動きを「半歩先読み」することが重要となってくるのです。ここで紹介する株サイトは、まだ市場に出回っていない情報を提供してくれるケースがあります。面倒な手続きは一切なく、無料で十分利用できるので、情報収集のひとつとして登録しておいて損はないでしょう。

Ads by Cueinc.

マスターズトレードは、情報と分析を強みに高い運用パフォーマンスを実現する株サイトです。これまでどこの株サイトも利用したことがない人は、先ずはマスターズトレードから始めて見ることをオススメします。というのも、無料サービスが充実しているから。特に「買い時」から「売り時」までトレードを徹底サポートしてくれるのは親切ですね。しかも、推奨する銘柄が割りと上がっているのもが多いのが頼もしい!例えば、大洋工業の推移です。推奨日から約1ヶ月で株価2倍以上に上昇しています。推奨買値が510円だったので、1000株購入の場合、以降高値の計算で59万円の運用パフォーマンスということになります。この他にも当然ありますが、かなり量があるので詳しくは下記リンク先から確認してください。ちなみにこの株サイトは新規会員登録すると銘柄情報を一気に3つも教えてくれます。もちろん無料です。ぜひチェックしてみてください!マスターズトレードの登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

株プロフェットは、SBI証券の現役アナリストとして活躍する藤本誠之さんが情報を提供してくれる株サイトです。藤本さんと言えば「相場の福の神」で有名ですね。経済書籍の著者としてもそうですが、テレビやラジオの経済メディアに出演していることからファンも多いでしょう。株プロフェットの強みは当然、藤本さんの情報を早くに入手できるところです。特にマーケットの情報を「ここだけの話」として赤裸々に語ってくれる無料コラムはオススメ!新規会員登録すると「急騰候補3銘柄」をすぐに教えてくれるので、あわせてCHECKすることをオススメします。株プロフェットの無料登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

トリプルエー投資顧問はテーマ株を強みにしている株サイトです。「チャートの先生」としてテレビや雑誌などで活躍する清水洋介さんのコラムを無料で読むことができます。割りと良い頻度で無料の銘柄情報を教えてくれるし、売り推奨もやっているので、あらゆる相場で頼もしい存在となってくれます。しかも、上昇銘柄の推移を言い当てているケースがあるのが◎!新規会員限定で「厳選有力3銘柄」をすぐ教えてくれるので、先ずはこの3銘柄で腕試ししてみることをオススメします。トリプルエー投資顧問の無料登録はコチラ>

その他のテーマ株カテゴリー