ストップダカオのテーマ株リスト

今、もっとも注目されている最新テーマ株を解説!テーマ株の初動に乗ろう!

  • »
  • folder 宅配ボックス関連株

宅配ボックス関連株のテーマ株

 

WS000126

このページでは宅配ボックス関連株について説明しています。

宅配ボックス関連株とは?

宅配ボックス関連株とは、宅配業界が抱える問題の解決策として考えられている「宅配ボックス」を手掛ける企業を指すテーマ株です。

ネット通販などの普及で宅配便の配達数が年々増加しています。それに伴って再配達などの問題が浮き彫りとなっています。例えば、2016年の末には、再配達増加によるストレスが原因とみられる、宅配業大手の配達員が荷物や台車をバシバシと投げ飛ばす動画が話題となっていました。

受取人からすれば堪ったものじゃないですが、宅配業界が抱える問題がいかに深刻化しているかがこの動画でハッキリと分かりましたね。

そこで、この問題を解決する救世主として注目されているのが宅配ボックスです。それこそ、インターネットでの買い物が主流となってくる現代において、大きなビジネスチャンスとしても注目されています。個人的に2017年の中心テーマのひとつになるとも考えています。

ということで、宅配ボックス関連株を確認していきたいと思います。

宅配ボックスとは?

先ずは馴染みがない人のためにも宅配ボックスの説明からしていきますね。宅配ボックスとは、受取人が留守のときに宅配便や郵便物の受取を代行するロッカーのことです。

宅配ボックスのメリットと言えば、やはり不在時でも宅配便を受け取ることができるところでしょう。1人暮らしの人をはじめ、平日は家族揃って帰りが遅いという人にとっては強い味方になります。

但し、受け取れる宅配便が限られているデメリットもあります。当然と言えば当然ですが、生モノを宅配ボックスに入れるわけにもいきませんからね。

メリットとデメリットについて纏めてみました。

宅配ボックスのメリット

・不在時や手が離せない状況でも宅配便を受け取れる。
・再配達依頼する必要がない。
・受け取り日時を気にすることなく通販で買い物ができる。
・配達会社の再配達業務が減る。

宅配ボックスのデメリット(注意点)

・マンションなどの据え置きタイプの場合、保管期間が過ぎると処分される可能性がある。
・盗難の可能性がある。
・盗難にあった場合、十分な保証が受けられない場合がある。
・宅配ボックスに入れることができない物品がある。

宅配ボックス 注目の火種は?

宅配ボックスが注目を集めるようになったのは、とある2つの報道が大きいと思います。

宅配ボックス注目の火種 国の補助金

2017年1月17日の日本経済新聞で、宅配ボックスの普及へ向けて国が補助金を出すと報じています。具体的には、政府が2017年4月から宅配ボックスの設置に掛かる費用の半額を補助する制度を作るといった内容で、インターネット通販の拡大で深刻化する物流業者の問題解消が背景にあるそうです。

報道によれば、2017年4月から宅配ボックスの設置費用を補助する制度を開始するとのことで、2017年度予算案には約5億円を計上しています。

半額補助の対象は、どの事業者でも荷物を預けられる宅配ボックスを設置した企業が対象で、初年度に約500カ所を新設する目標を掲げていることから、同分野に対する期待が大きくなった印象があります。

宅配ボックス注目の火種 amazonとヤマト運輸

2017年3月7日の日本経済新聞で、宅配便大手のヤマト運輸が9月末までに宅配便の基本運賃を引き上げる方針を固めたと報じていますが、これをキッカケに宅配関連の問題がクローズアップされています。

ヤマト運輸の全面値上げは消費増税時を除くと27年ぶりです。これに踏み切ったのはやはりアマゾンジャパンの影響が強いでしょう。

というのも、アマゾンの配送はその大半がヤマト運輸に委託しています。アマゾンの過剰なサービスがヤマト運転手にとって過酷な労働環境を生んでいたのです。

宅配問題の救世主は宅配ボックス

インターネット通販の拡大で深刻化する宅配問題ですが、不在時でも宅配便を受け取れる宅配ボックスは、今後さらに需要が増すことが考えられます。今はまだマンションやアパートでの設置が殆どですが、国が補助金の制度を実施すれば一気に普及するかも知れませんし、新たにビックマーケットが創出される可能性も十分に考えられます。先ほども言いましたが、個人的に2017年の中心テーマのひとつになると考えています。

宅配ボックス関連株 一覧

宅配ボックス関連株に該当する銘柄を一覧として纏めています。

9640 セゾン情報システムズ
6178 日本郵政
5900 ダイケン
3064 MonotaRO
5938 LIXILグループ
9020 東日本旅客鉄道
6134 富士機械製造
3434 アルファ
9449 GMOインターネット
4755 楽天
6752 パナソニック
6457 グローリー
6201 豊田自動織機

宅配ボックス関連株 本命視

宅配ボックス関連株の中で、特に本命視できる銘柄を纏めています。

宅配ボックス関連株 本命視 5900 ダイケン

WS000130

宅配ボックス関連株の本命視と言われて先ず思い浮かべるのがダイケンです。ダイケンは住宅建材の中堅企業で、宅配ボックスを製造販売しています。マンションに設置するタイプのほか、戸建てに設置するタイプの宅配ボックスも手掛けていることから、社会的ニーズが高まれば特にその恩恵を強く受ける可能性があります。


株式投資は情報戦です!どれだけ情報を早くに掴めるかが勝負と言えるでしょう。それこそ相場の動きを「半歩先読み」することが重要となってくるのです。ここで紹介する株サイトは、まだ市場に出回っていない情報を提供してくれるケースがあります。面倒な手続きは一切なく、無料で十分利用できるので、情報収集のひとつとして登録しておいて損はないでしょう。

Ads by Cueinc.

マスターズトレードは、情報と分析を強みに高い運用パフォーマンスを実現する株サイトです。これまでどこの株サイトも利用したことがない人は、先ずはマスターズトレードから始めて見ることをオススメします。というのも、無料サービスが充実しているから。特に「買い時」から「売り時」までトレードを徹底サポートしてくれるのは親切ですね。しかも、推奨する銘柄が割りと上がっているのもが多いのが頼もしい!例えば、大洋工業の推移です。推奨日から約1ヶ月で株価2倍以上に上昇しています。推奨買値が510円だったので、1000株購入の場合、以降高値の計算で59万円の運用パフォーマンスということになります。この他にも当然ありますが、かなり量があるので詳しくは下記リンク先から確認してください。ちなみにこの株サイトは新規会員登録すると銘柄情報を一気に3つも教えてくれます。もちろん無料です。ぜひチェックしてみてください!マスターズトレードの登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

株プロフェットは、SBI証券の現役アナリストとして活躍する藤本誠之さんが情報を提供してくれる株サイトです。藤本さんと言えば「相場の福の神」で有名ですね。経済書籍の著者としてもそうですが、テレビやラジオの経済メディアに出演していることからファンも多いでしょう。株プロフェットの強みは当然、藤本さんの情報を早くに入手できるところです。特にマーケットの情報を「ここだけの話」として赤裸々に語ってくれる無料コラムはオススメ!新規会員登録すると「急騰候補3銘柄」をすぐに教えてくれるので、あわせてCHECKすることをオススメします。株プロフェットの無料登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

トリプルエー投資顧問はテーマ株を強みにしている株サイトです。「チャートの先生」としてテレビや雑誌などで活躍する清水洋介さんのコラムを無料で読むことができます。割りと良い頻度で無料の銘柄情報を教えてくれるし、売り推奨もやっているので、あらゆる相場で頼もしい存在となってくれます。しかも、上昇銘柄の推移を言い当てているケースがあるのが◎!新規会員限定で「厳選有力3銘柄」をすぐ教えてくれるので、先ずはこの3銘柄で腕試ししてみることをオススメします。トリプルエー投資顧問の無料登録はコチラ>

その他のテーマ株カテゴリー