ストップダカオのテーマ株リスト

今、もっとも注目されている最新テーマ株を解説!テーマ株の初動に乗ろう!

  • »
  • folder カーボンナノチューブ関連株

カーボンナノチューブ関連株のテーマ株

WS000268

このページではカーボンナノチューブ関連株について説明しています。

カーボンナノチューブ関連株とは?

カーボンナノチューブ関連株とは、株式市場でも度々話題にあがってくるテーマですし、1度くらいは耳にしたことがあると思いますが、具体的にどんなモノなのか分からない人も多いでしょう。

ムリもないです。普通の生活を送っていて「カーボンナノチューブ」なんて使っている人なんて滅多に見ませんからね。

とはいえ、株式投資をするうえで「知らない」では済まされないテーマです。カーボンナノチューブが一体どんなモノで、株式市場にどのような影響を与えるのかしっかりと確認していきましょう。

カーボンナノチューブとは?

カーボンナノチューブとは、その名前からも想像できるように炭素のことです。具体的には、炭素原子が網状に結びついて筒状になったモノですが、当然ただの炭素ではないです。カーボンナノチューブは「夢の素材」と言われるほどスペシャルな炭素なのです。

何が凄いって素材としてのポテンシャルです。アルミニウムの半分の軽さでありながらもダイヤモンドと同じくらいの強度を持っていて、さらには銅の1000倍の電流量まで耐えることができる、まさに「夢の素材」なのです。

とある欧州の研究では、カーボンナノチューブが混ざった水をクモに吹きかけてみたところ、とんでもない強度のクモの糸を吐き出したそうですよ。もはやミュータントですねw

カーボンナノチューブ関連株 人気化の理由

カーボンナノチューブに対する最初の観察は、1952年のソビエト連邦までさかのぼりますが、詳細な構造が解明されたのは1991年、飯島澄男教授によって発見されました。

そうです。このスペシャルな炭素を発見したのは日本だったのです。

その後、当時の技術では難しかった量産化を日本ガイシが克服し、世界のメーカーが次々と参入してきたことでコストが大幅に下がりました。

いわゆるカーボンナノチューブの黎明期とも言える時代を迎えたことで、株式市場でもカーボンナノチューブ関連株が注目を集めましたが、特にここ最近は人気化しています。

その火種となっているのは「カーボンナノベルト」の合成に成功したことです。

カーボンナノベルトとは?

似たようなネーミングに混乱してしまうかも知れませんが、カーボンナノチューブとカーボンナノベルトは素材としても似た性質を持っています。なぜなら、カーボンナノベルトはカーボンナノチューブを短く輪切りにした構造をしているからです。兄弟みたいなもんですね。

ただ、その価値で言えば大きな違いがあると言えます。というのも、カーボンナノベルトは理論上で発見された物質で、約60年ものあいだ作り出せずにいたからです。

もちろん、必要がなかったわけじゃないです。カーボンナノベルトがあればより高品質のカーボンナノチューブを作り出すことができます。それこそ産業応用するためになくてはならない存在であることから世界の科学者が研究に研究を重ねてきました。

それでも作り出せないことから「夢の分子」なんて言われていましたが、遂に2017年4月14日にその瞬間を迎えます。

名古屋大大学院理学研究科の伊丹健一郎教授(46)と、瀬川泰知特任准教授(34)らの研究グループが、世界で初めてカーボンナノベルトの合成に成功しました。

これにより、折り曲げ可能な液晶ディスプレーが作れたり、燃料電池や集積回路などでの応用に期待されていますが、個人的に注目しているのは「宇宙エレベーター」です。もともとカーボンナノチューブは宇宙エレベーターを作るうえで重要と考えられていて、カーボンナノベルトが合成された今、この開発も急速に進んでいくかも知れないですね。

カーボンナノチューブ関連株 市場規模

今後、カーボンナノベルト市場の規模は大きく拡大していくと思います。例えば、某リサーチ会社の調べでは、2014年で世界のカーボンナノチューブ市場規模がメーカー出荷量ベースで590.8t(前年比137.3%)と大きく伸長し、2020年には1,335tにまで伸びると言われています。

この調査は2014年に調べたもので、当然カーボンナノベルトの合成が考えられていないなかの想定です。カーボンナノベルトが合成された今、この予想もまた大きく変わってくるかも知れませんし、もしそうなれば株価も大きく動かすほどの巨大マーケットが創出されるでしょう。

カーボンナノチューブ関連株 一覧

カーボンナノチューブ関連株に該当する銘柄を一覧としてまとめています。

7915 日本写真印刷
8101 GSIクレオス
4112 保土谷化学工業
6965 浜松ホトニクス
4208 宇部興産
4205 日本ゼオン
3864 三菱製紙
4004 昭和電工
3401 帝人
3405 クラレ
6701 NEC
4215 タキロンシーアイ
7966 リンテック
5801 古河電気工業
3402 東レ
5711 三菱マテリアル

カーボンナノチューブ関連株 本命視

カーボンナノチューブ関連株の中で、特に本命視できる銘柄をまとめています。

カーボンナノチューブ関連株 本命視 4205 日本ゼオン

日本ゼオンは合成ゴムの大手として知られている一方、世界で初めてスーパーグロース・カーボンナノチューブの量産工場を完成させています。このことからカーボンナノチューブ関連株の本命視として注目する人も多いはずです。チャートは、2017年3月相場から下落が目立っていますが、カーボンナノベルトの合成をひとつのキッカケに株価の水準を一気に上げてくるかも?!


株式投資は情報戦です!どれだけ情報を早くに掴めるかが勝負と言えるでしょう。それこそ相場の動きを「半歩先読み」することが重要となってくるのです。ここで紹介する株サイトは、まだ市場に出回っていない情報を提供してくれるケースがあります。面倒な手続きは一切なく、無料で十分利用できるので、情報収集のひとつとして登録しておいて損はないでしょう。

Ads by Cueinc.

マスターズトレードは、情報と分析を強みに高い運用パフォーマンスを実現する株サイトです。これまでどこの株サイトも利用したことがない人は、先ずはマスターズトレードから始めて見ることをオススメします。というのも、無料サービスが充実しているから。特に「買い時」から「売り時」までトレードを徹底サポートしてくれるのは親切ですね。しかも、推奨する銘柄が割りと上がっているのもが多いのが頼もしい!例えば、大洋工業の推移です。推奨日から約1ヶ月で株価2倍以上に上昇しています。推奨買値が510円だったので、1000株購入の場合、以降高値の計算で59万円の運用パフォーマンスということになります。この他にも当然ありますが、かなり量があるので詳しくは下記リンク先から確認してください。ちなみにこの株サイトは新規会員登録すると銘柄情報を一気に3つも教えてくれます。もちろん無料です。ぜひチェックしてみてください!マスターズトレードの登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

株プロフェットは、SBI証券の現役アナリストとして活躍する藤本誠之さんが情報を提供してくれる株サイトです。藤本さんと言えば「相場の福の神」で有名ですね。経済書籍の著者としてもそうですが、テレビやラジオの経済メディアに出演していることからファンも多いでしょう。株プロフェットの強みは当然、藤本さんの情報を早くに入手できるところです。特にマーケットの情報を「ここだけの話」として赤裸々に語ってくれる無料コラムはオススメ!新規会員登録すると「急騰候補3銘柄」をすぐに教えてくれるので、あわせてCHECKすることをオススメします。株プロフェットの無料登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

トリプルエー投資顧問はテーマ株を強みにしている株サイトです。「チャートの先生」としてテレビや雑誌などで活躍する清水洋介さんのコラムを無料で読むことができます。割りと良い頻度で無料の銘柄情報を教えてくれるし、売り推奨もやっているので、あらゆる相場で頼もしい存在となってくれます。しかも、上昇銘柄の推移を言い当てているケースがあるのが◎!新規会員限定で「厳選有力3銘柄」をすぐ教えてくれるので、先ずはこの3銘柄で腕試ししてみることをオススメします。トリプルエー投資顧問の無料登録はコチラ>

その他のテーマ株カテゴリー