ストップダカオのテーマ株リスト

今、もっとも注目されている最新テーマ株を解説!テーマ株の初動に乗ろう!

アップル関連株のテーマ株

appe-1757047_640

このページではアップル関連株について説明しています。

アップル関連株とは?

アップル関連株とは、アップル社と繋がりと持っている企業やアップル社の製品開発に携わっている企業をひとつに纏めたテーマ株です。

言わずもがなのことですが、アップルはアメリカを本拠地とする世界を代表する企業です。インターネット関連やデジタル関連などの製品を中心に開発しています。

アップル社のシンボルと言えるあの林檎のマークは、日本ではもうお馴染みです。というかスタバで良く見かけますね(笑)

アップル関連株を知る前に製品を確認

ひとことにアップルと言ってもその製品は様々あります。アップル関連株を追っていく前に、先ずはアップル製品についておさらいしておきましょう!

アップル製品 iPhone

iPhoneは、アップルが販売するスマートフォンです。2007年1月にオリジナルのモデルが発売。その後、約2年の周期で新モデルを展開し、現状で最新モデルとなるものは昨年9月に発売されたiPhone7、iPhone7 Plusとなります。

個人的にスマートフォン普及のキッカケとなったのがiPhoneだと思っています。その特徴と言えば、やはりその薄さです。ポケットに入れてもまったく嵩張らない形状でありながら、携帯電話としてだけではなく、タブレット端末としても優秀なパフォーマンスです。

アップル製品 iMac

iMacは、アップルが1998年から販売をスタートしたデスクトップパソコンです。初代iMacは半透明で丸みを帯びた今とは異なるデザインでした。

フラットパネルが採用されたのは2001年からで、現在までに合計7回ものフルモデルチェンジを経ています。ただ、デザインは異なっても「ディスプレイ一体型」という根底の部分は変わっておらず、これには個人的にアップルの強い思想が感じられます。

iMacの強みと言えば、そのスペックもそうですが、やはり美しいディスプレイにあると言えるでしょう。iMaを触っていると、デザイナーが好む理由が良く分かります。

アップル製品 iPodシリーズ

iPodは、アップルが販売する音楽プレイヤーです。初代は2001年に販売されています。当時はまだフラッシュメモリ型の音楽プレイヤーが主流でしたが、iPodが登場したことで、一気に大容量ハードディスクドライブ型にシフトしました。

iPodの特徴は、何と言ってもその操作性です。また、管理ソフト「iTunes」との連携が抜群で、インターネットで音楽を購入することで、手間なく音楽を楽しめるようになりました。

アップル製品 iPad

iPadは、アップルが販売するタブレット端末です。2010年から発売されています。アップルの生みの親であるスティーブジョブズは、iPhoneとMacBookの中間に位置づけると語っています。

iPhoneと同じオペレーティングシステムを採用していて、多くのソフトウェアはiPhoneと互換性があります。超ザックリ言えば、iPhoneを何倍にも大きくした製品ですね。電話機としてではなく、あくまで機能性を重視した感じ。

iPhone8発売に向けて関連株に注目

アップルの製品の中でも特に日本で人気が高いのはスマートフォンの「iPhone」でしょう。

アイフォンは、2007年1月に発売を開始したシリーズで、デザイン性に優れていることはもちろん、高性能化を繰り返してきたことで、新モデル発売日には各店舗に長蛇の列ができるほどの人気ぶりです。

「乗るしかないこのビックウエーブに」というコメントはちょっとした流行になりましたね!

少し話しが脱線したので戻しますが、その異常なまでの人気からアイフォンの開発に携わっている企業は、新モデルの発表や、発売日を迎えることで注目を集めるケースがあります。

直近で言えば、2015年に「iPhone6s」が発売、2016年は「iPhone7」の発表がされました。そして今年2017年は新型モデル「iPhone8」の発売に期待が高まっています。ということで、今からその発売日や関連株についてを再確認していきましょう!

シリーズ10周年 iPhone8

2016年9月にiPhone7が発売したことが話題となっていましたが、既に市場は次のiPhoneシリーズに注目が集まっています。特に2017年はiPhoneシリーズ10周年のメモリアルイヤーとなっていることから
iPhone8が発売されることが予測されています。

iPhone8は、新機能追加が期待されていることは勿論、デザインが一新されるとの噂も出ています。もし本当に2017年の発売を目標おそらくアップル側も10周年ということで大々的に売り出していくかと思いますし、過去最高の売上台数を叩き出すかも知れませんね。

iPhone8はいつでる?発売日は?

いち消費者として、そして個人投資家としても、iPhone8の発売日が気になって仕方がありませんが、正式な発売日はまだ未発表です。過去の新モデル発売の周期を考えると2年ごとなので2018年がセオリー通りと言えますが、シリーズ10周年にアップルが何もしないとは思えません。あくまで個人的な意見ですが、iPhone8は2017年に発売されると思っています。

アップル関連株 一覧

6787 メイコー
6753 シャープ
3753 フライトホールディングス
4686 ジャストシステム
6740 ジャパンディスプレイ
6962 大真空
6758 ソニー
6981 村田製作所
6177 AppBank
6963 ローム
3727 アプリックス
6988 日東電工
6770 アルプス電気
6807 日本航空電子工業
6794 フォスター電機
6976 太陽誘電

アップル関連株 本命視

アップル関連株 本命視 6981 村田製作所

WS000131

アップル関連株と聞いて真っ先にイメージするのが村田製作所です。同社は京都を本拠地に電子部品の製造に取り組んでいる企業です。同社のWi-FiモジュールはiPhoneシリーズに採用されており、米アップルが発表した「サプライヤーリスト」にその名が連なっています。2017年2月17日現在のチャートは、2月1日を境にしっかり上値を目指しています。移動平均線も以前として堅調で、このタイミングでiPhone8の発表などがされればさらに勢いづくかも?

アップル関連株 まとめ

アップル関連株は、iPhoneをはじめ、アップル製品の発表や発売がされることで人気が集まるテーマ株です。2017年はiPhone8の発売が期待されているだけではなく、シリーズ10年周年ということからも何かしらアップル側の仕掛けが予想されています。もしそれが期待通りの発表だった場合、一時的なお祭り騒ぎになるかも?!今年1年、目が離せませんね。


株式投資は情報戦です!どれだけ情報を早くに掴めるかが勝負と言えるでしょう。それこそ相場の動きを「半歩先読み」することが重要となってくるのです。ここで紹介する株サイトは、まだ市場に出回っていない情報を提供してくれるケースがあります。面倒な手続きは一切なく、無料で十分利用できるので、情報収集のひとつとして登録しておいて損はないでしょう。

Ads by Cueinc.

マスターズトレードは、情報と分析を強みに高い運用パフォーマンスを実現する株サイトです。これまでどこの株サイトも利用したことがない人は、先ずはマスターズトレードから始めて見ることをオススメします。というのも、無料サービスが充実しているから。特に「買い時」から「売り時」までトレードを徹底サポートしてくれるのは親切ですね。しかも、推奨する銘柄が割りと上がっているのもが多いのが頼もしい!例えば、大洋工業の推移です。推奨日から約1ヶ月で株価2倍以上に上昇しています。推奨買値が510円だったので、1000株購入の場合、以降高値の計算で59万円の運用パフォーマンスということになります。この他にも当然ありますが、かなり量があるので詳しくは下記リンク先から確認してくださいね。ちなみにこの株サイトは新規会員登録すると銘柄情報を一気に3つも教えてくれます。もちろん無料です。ぜひチェックしてみてください!マスターズトレードの登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

株プロフェットは、SBI証券の現役アナリストとして活躍する藤本誠之さんが情報を提供してくれる株サイトです。藤本さんと言えば「相場の福の神」で有名ですね。経済書籍の著者としてもそうですが、テレビやラジオの経済メディアに出演していることからファンも多いでしょう。株プロフェットの強みは当然、藤本さんの情報を早くに入手できるところです。特にマーケットの情報を「ここだけの話」として赤裸々に語ってくれる無料コラムはオススメ!新規会員登録すると「急騰候補3銘柄」をすぐに教えてくれるので、あわせてCHECKすることをオススメします。株プロフェットの無料登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

トリプルエー投資顧問はテーマ株を強みにしている株サイトです。「チャートの先生」としてテレビや雑誌などで活躍する清水洋介さんのコラムを無料で読むことができます。割りと良い頻度で無料の銘柄情報を教えてくれるし、売り推奨もやっているので、あらゆる相場で頼もしい存在となってくれます。しかも、上昇銘柄の推移を言い当てているケースがあるのが◎!新規会員限定で「厳選有力3銘柄」をすぐ教えてくれるので、先ずはこの3銘柄で腕試ししてみることをオススメします。トリプルエー投資顧問の無料登録はコチラ>

その他のテーマ株カテゴリー