ストップダカオのテーマ株リスト

今、もっとも注目されている最新テーマ株を解説!テーマ株の初動に乗ろう!

アマゾン関連株のテーマ株

WS000172

このページではアマゾン関連株について説明しています。

アマゾン関連株とは?

アマゾン関連株とは、「アマゾン」の宅配に関わっている上場企業や、これから携わりそうな上場企業を指すテーマ株です。「アマゾン」は、アマゾンジャパン合同会社が運営する日本のECサイトです。宅配料無料や、即日宅配などのサービスが特徴です。

インターネットやスマホが普及したこともありますが、このサービスがウケにウケて、アマゾンでのネットショッピングが拡大し続けています。かくいう私もアマゾン愛用者のひとり、何かあればすぐアマゾンで商品を注文しています。

その一方で、日本の物流が問題となっています。物流問題のひとつに、再配達があがりますが、これにアマゾンの過剰なサービスが重なることで、日本の物流がパンク寸前となっているのです。

特に、アマゾン宅配を引き受けるヤマト運輸は、宅配ドライバーの過酷な労働が深刻化しています。そしてこれが運賃値上げの検討に繋がり、物流業界のバランスが変わろうとしています。

株式市場ではこの問題をひとつのチャンスと見ています。

例えば、宅配ボックスが改めて注目されたのも、アマゾンとヤマト運輸の問題がキッカケですが、ここでは「宅配」という観点からアマゾン関連株を追っていきたいと思います。

アマゾンとヤマト運輸の問題

もともとアマゾンの宅配は、佐川急便が担当していましたが、要望が高い割りに対価が低いと、2013年にアマゾンから撤退しています。その後、アマゾンの宅配はヤマト運輸が引き受けるかたちとなったのですが、ヤマト運輸さえも限界を迎えています。

具体的には、「宅配量の抑制要求」と「運賃の値上げ検討」です。実質これがヤマト運輸の限界表明と考えられています。

既にヤマト運輸はアマゾンとの交渉に入っていますが、その結果次第ではヤマト運輸がアマゾンから徹底するかも知れません。そうなれば他にアマゾンの宅配を担う企業に注目が集まりますし、それこそ新しいビジネスが生まれる可能性も考えられるでしょう。

アマゾン関連株 一覧

アマゾン関連株に該当する銘柄を一覧としてまとめています。

9051 センコン物流
9065 山九
9027 ロジネット ジャパン
9040 大宝運輸
9325 ファイズ
9064 ヤマトホールディングス
2471 エスプール
6178 日本郵政
9034 南総通運
9062 日本通運
9058 トランコム
9029 ヒガシトゥエンティワン
9060 日本ロジテム
2384 SBSホールディングス

アマゾン関連株 本命視

アマゾン関連株の中で、特に本命視できる銘柄をまとめています。

アマゾン関連株 9325 ファイズ 本命視

WS000171

アマゾン関連株と言われて真っ先にイメージするのはファイズです。ファイズは2017年3月16日に東証マザーズに上場した銘柄です。EC運営企業の物流センターの管理・こん包を主軸としていますが、主要顧客がアマゾンジャパンということからもアマゾン関連株の本命視として注目して良いでしょう。あくまで可能性の話ですが、もしヤマト運輸がアマゾンから撤退し、ファイズが配送事業を立ち上げれば中々面白い展開になりそうですね。

アマゾン関連株 まとめ

スマホが普及し、いまや店頭からもネットショッピングをする時代です。物流がパンク寸前に陥っていようが、もはや利用者の拡大は収まらないでしょう。アマゾンとヤマト運輸の問題がうまく着地しようと、アマゾンが過剰なサービスを続けていく以上、今後もこのような問題が引き続き起こる可能性があります。このことからも息の長いテーマとして注目しておきたいですね。


株式投資は情報戦です!どれだけ情報を早くに掴めるかが勝負と言えるでしょう。それこそ相場の動きを「半歩先読み」することが重要となってくるのです。ここで紹介する株サイトは、まだ市場に出回っていない情報を提供してくれるケースがあります。面倒な手続きは一切なく、無料で十分利用できるので、情報収集のひとつとして登録しておいて損はないでしょう。

Ads by Cueinc.

マスターズトレードは、情報と分析を強みに高い運用パフォーマンスを実現する株サイトです。これまでどこの株サイトも利用したことがない人は、先ずはマスターズトレードから始めて見ることをオススメします。というのも、無料サービスが充実しているから。特に「買い時」から「売り時」までトレードを徹底サポートしてくれるのは親切ですね。しかも、推奨する銘柄が割りと上がっているのもが多いのが頼もしい!例えば、大洋工業の推移です。推奨日から約1ヶ月で株価2倍以上に上昇しています。推奨買値が510円だったので、1000株購入の場合、以降高値の計算で59万円の運用パフォーマンスということになります。この他にも当然ありますが、かなり量があるので詳しくは下記リンク先から確認してください。ちなみにこの株サイトは新規会員登録すると銘柄情報を一気に3つも教えてくれます。もちろん無料です。ぜひチェックしてみてください!マスターズトレードの登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

株プロフェットは、SBI証券の現役アナリストとして活躍する藤本誠之さんが情報を提供してくれる株サイトです。藤本さんと言えば「相場の福の神」で有名ですね。経済書籍の著者としてもそうですが、テレビやラジオの経済メディアに出演していることからファンも多いでしょう。株プロフェットの強みは当然、藤本さんの情報を早くに入手できるところです。特にマーケットの情報を「ここだけの話」として赤裸々に語ってくれる無料コラムはオススメ!新規会員登録すると「急騰候補3銘柄」をすぐに教えてくれるので、あわせてCHECKすることをオススメします。株プロフェットの無料登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

トリプルエー投資顧問はテーマ株を強みにしている株サイトです。「チャートの先生」としてテレビや雑誌などで活躍する清水洋介さんのコラムを無料で読むことができます。割りと良い頻度で無料の銘柄情報を教えてくれるし、売り推奨もやっているので、あらゆる相場で頼もしい存在となってくれます。しかも、上昇銘柄の推移を言い当てているケースがあるのが◎!新規会員限定で「厳選有力3銘柄」をすぐ教えてくれるので、先ずはこの3銘柄で腕試ししてみることをオススメします。トリプルエー投資顧問の無料登録はコチラ>

その他のテーマ株カテゴリー