ストップダカオのテーマ株リスト

今、もっとも注目されている最新テーマ株を解説!テーマ株の初動に乗ろう!

  • »
  • folder 自動運転車関連株

自動運転車関連株のテーマ株

mercedes-1737903_1280
このページでは自動運転車関連株について説明しています。

自動運転車関連株とは

自動運転車関連株とは、自動運転車の開発に携わる企業や、サービスを提供する企業のことを指すひとつのテーマ株です。

自動運転車とは、人間が運転操作を行わなくとも自動で走行できる自動車のことです。車載カメラやレーダーなどを使って周囲を認識し、行き先を指定するだけで、ハンドルやアクセル、およびブレーキを自動で操作してくれます。このことから、自動運転車は「ロボットカー」や「スマートカー」と呼ばれることも多いです。

自動運転車の開発は、日本をはじめ、アメリカやヨーロッパの大手自動車メーカーが揃って進めていますが、最近ではITや電機メーカーなどが市場に参入していることが話題となっていました。

安倍政権では、東京オリンピックが開催される2020年をひとつの区切りに自動運転車の普及促進に向けて積極的な姿勢を見せています。

2030年には20兆円規模のメガマーケットが創出される試算も出ており、このことからも自動運転車関連株は息の長いテーマ株とも言えるでしょう。

自動運転車のメリット

自動運転車のメリットは大きく2つあります。先ず1つは、単純にドライバーの手間を減らせる点です。

自動車は快適な移動手段と言えますが、さらに「運転」という手間を省くことができれば、より便利になりますし、営業車で移動するビジネスパーソンにとっては、仕事の効率化にも繋がるでしょう。

続く2つめは、渋滞や事故の減少です。特に高齢化社会が加速するなか、高齢者ドライバーの事故が懸念されていますが、自動運転車はその予防策としても注目を集めています。また、AIで混雑するルートを回避することで首都圏を中心とした渋滞も解消されるでしょう。

個人投資家から見る自動運転車のメリット

個人投資家の視点から自動運転車のメリットを考えた場合、やはり第一に挙がってくるのはマーケットの成長性でしょう。

先ほども説明したように、自動運転車の開発は世界各国の大手自動車メーカーをはじめ、米グーグルといったIT企業や、LGといった電機メーカーなど、業界の垣根を越えて参入企業が増えています。

これにより開発スピードが加速し、競争も激化することでマーケットが急速拡大する可能性があると言えるでしょう。

とある調査期間によれば、自動運転車の普及台数は2035年には世界で1200万台に達し、市場規模に関しても770億ドルにまで成長するといったデータが出ています。

自動運転車関連株の具体的な例

自動運転車の実現には多くの製品や技術が必要です。例えば「高精度な3次元マップ」です。車両を無人で安全に走行させるためには、車両搭載センサーが自己の位置をリアルタイムに推定する必要がありますが、それを正確に把握する術として注目されているのが「3次元マップ」です。

勿論、車両に搭載されている「センサー」や「カメラ」も自動運転車の実現に必要不可欠な存在ですし、これらを製造開発する企業は関連株としてチェックしておいて良いでしょう。また、人間に代わって自動車を運転してくれる「ロボット」や「AI」を開発する企業や、技術を提供する企業も自動運転車関連株と言えるでしょう。

自動運転車関連株 一覧

自動運転車関連株に該当する企業を一覧としてまとめています。

6770 アルプス電気
6629 テクノホライゾン・ホールディングス
9232 パスコ
8015 豊田通商
4770 図研エルミック
2432 ディー・エヌ・エー
6634 ネクスグループ
6989 北陸電気工業
6929 日本セラミック
3663 アートスパークホールディングス
6965 浜松ホトニクス
6594 日本電産
1954 日本工営
6762 TDK
6723 ルネサスエレクトロニクス
3156 UKCホールディングス
6632 JVCケンウッド
6971 京セラ
6981 村田製作所
8140 リョーサン
9908 日本電計
3652 ディジタルメディアプロフェッショナル
6814 古野電気
2303 ドーン
6773 パイオニア
6758 ソニー
2359 コア
7203 トヨタ自動車
6703 沖電気工業
6701 NEC
6501 日立製作所
6752 パナソニック
3724 ベリサーブ
7267 ホンダ
5802 住友電気工業
3407 旭化成
6902 デンソー
4667 アイサンテクノロジー
9474 ゼンリン
7259 アイシン精機
6753 シャープ
9624 長大
7261 マツダ
6796 クラリオン
7201 日産自動車
3937 AWSホールディングス
6301 コマツ
7991 マミヤ・オーピー

自動運転車関連株 本命視

自動運転車関連株の中でも、特に本命視との見方ができる銘柄をピックアップしましたのでご紹介します。

自動運転車関連株 本命視 2432 ディー・エヌ・エー

自動運転車関連株と聞いてイメージが先行するのはディー・エヌ・エーです。同社は2017年1月6日に日産自動車と自動運転車の分野で協業すると発表したことで本命視との見方を強めています。

具体的には、日産自動車の自動運転車両を活用し、新たな交通プラットフォームを開発するための協業です。同社は2017年から技術的な実証実験を行う予定で、東京オリンピックが開催される2020年までにビジネスモデルを検証していくそうです。

また、ディー・エヌ・エーは同分野においてZMPと業務提携し、合併でロボットタクシーを新設していますが、日産自動車との協業と併せてこれを解消しています。

自動運転車関連株 まとめ

自動運転車の開発は、米グーグルを筆頭に世界の企業が取り組み始めています。日本においても自動運転車を成長戦略のひとつとして考えており、技術開発を推し進めています。今後、開発がより加速していくなかで、2020年をひとつの節目としていることから、2017年は自動運転車関連株にとって躍動の年となるかも知れません。早い段階からチェックしておく必要があるでしょう。


株式投資は情報戦です!どれだけ情報を早くに掴めるかが勝負と言えるでしょう。それこそ相場の動きを「半歩先読み」することが重要となってくるのです。ここで紹介する株サイトは、まだ市場に出回っていない情報を提供してくれるケースがあります。面倒な手続きは一切なく、無料で十分利用できるので、情報収集のひとつとして登録しておいて損はないでしょう。

Ads by Cueinc.

マスターズトレードは、情報と分析を強みに高い運用パフォーマンスを実現する株サイトです。これまでどこの株サイトも利用したことがない人は、先ずはマスターズトレードから始めて見ることをオススメします。というのも、無料サービスが充実しているから。特に「買い時」から「売り時」までトレードを徹底サポートしてくれるのは親切ですね。しかも、推奨する銘柄が割りと上がっているのもが多いのが頼もしい!例えば、大洋工業の推移です。推奨日から約1ヶ月で株価2倍以上に上昇しています。推奨買値が510円だったので、1000株購入の場合、以降高値の計算で59万円の運用パフォーマンスということになります。この他にも当然ありますが、かなり量があるので詳しくは下記リンク先から確認してください。ちなみにこの株サイトは新規会員登録すると銘柄情報を一気に3つも教えてくれます。もちろん無料です。ぜひチェックしてみてください!マスターズトレードの登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

株プロフェットは、SBI証券の現役アナリストとして活躍する藤本誠之さんが情報を提供してくれる株サイトです。藤本さんと言えば「相場の福の神」で有名ですね。経済書籍の著者としてもそうですが、テレビやラジオの経済メディアに出演していることからファンも多いでしょう。株プロフェットの強みは当然、藤本さんの情報を早くに入手できるところです。特にマーケットの情報を「ここだけの話」として赤裸々に語ってくれる無料コラムはオススメ!新規会員登録すると「急騰候補3銘柄」をすぐに教えてくれるので、あわせてCHECKすることをオススメします。株プロフェットの無料登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

トリプルエー投資顧問はテーマ株を強みにしている株サイトです。「チャートの先生」としてテレビや雑誌などで活躍する清水洋介さんのコラムを無料で読むことができます。割りと良い頻度で無料の銘柄情報を教えてくれるし、売り推奨もやっているので、あらゆる相場で頼もしい存在となってくれます。しかも、上昇銘柄の推移を言い当てているケースがあるのが◎!新規会員限定で「厳選有力3銘柄」をすぐ教えてくれるので、先ずはこの3銘柄で腕試ししてみることをオススメします。トリプルエー投資顧問の無料登録はコチラ>

その他のテーマ株カテゴリー