ストップダカオのテーマ株リスト

今、もっとも注目されている最新テーマ株を解説!テーマ株の初動に乗ろう!

半導体関連株のテーマ株

%e5%8d%8a%e5%b0%8e%e4%bd%93%e3%81%a1

このページでは半導体関連株について説明しています。

半導体関連株とは

半導体関連株とは、半導体の形状加工や組み立てなど、半導体を製造する過程に関わっている企業のことを指しているひとつのテーマです。

スマートフォンの高機能化やIoT(モノのインターネット)市場の拡大、およびビックデータ時代の到来とともに半導体の需要が高まっていますが、同分野の応用範囲が幅広いことから、具体的に何をするための製品なのか理解を深めずにいる人もいるかと思います。なので、先ずは半導体そのものから順を追って説明していきたいと思います。

半導体関連株その1 そもそも半導体とは何か?

半導体とは、「導体」と「絶縁体」の両方をの性質をもつものです。少し噛み砕いて説明すると、あるときは電気を通し、あるときは電気を通さなかったり、条件によって異なる一面を見せる物質が「半導体」です。

一度にアレコレ説明しても混乱を招きますし、先ずは「あらゆる電気製品をコントロールするための素材」といった認識で良いと思います。

半導体関連株その2 半導体を応用した製品とは?

あらゆるモノが電気によって制御されている現代において、半導体という物質は欠かせない存在と言えるでしょう。

例えば、テレビの視聴番組を変更したり、エアコンで室内の温度を変更する際、リコモンで「電気製品をコントロール」するかと思いますが、これに重要な役割を果たしているのが「半導体」です。

その他に「電車」の「飛行機」などの電動機の駆動や、「医療機器」や「自動販売機」の制御など、さまざま電気機器に半導体が組み込まれています。

半導体関連株その3 半導体を応用するメリットとは?

科学の進歩で我々の生活はより便利になっていますね。ただ、この便利な暮らしは高エネルギーを必要としており、このことから「省エネ」が課題となっています。その「省エネ」の実現を支えているのが「半導体を応用した製品」です。

例えば、自動車のエンジン制御を半導体によって電子化することで低燃費を実現していますし、冷蔵庫においても、半導体でモータなどの回転数を細かく制御することで低燃費を実現できています。

そして今話題となっているのがパソコンの記憶装置ですね。パソコンの記憶装置であるHDDを、半導体メモリの一種であるフラッシュメモリに変えたことで、大幅な消費電力の削減が可能となりました。

半導体関連株の市場規模

半導体市場は、直近1年だけを見れば落ち込んでいます。但し、2017年は前年比2.0%増、2018年は同2.2%増と、拡大する予測が既に出ているそうです。これにより、2015年から2018年までの年平均成長率は0.6%増となり、2018年の市場規模は3409億米ドルに上がる見方ができます。市場規模として十分に可能性を秘めた分野と言えるでしょう。

半導体関連株 3次元NAND型フラッシュメモリー

今後、半導体の需要はさらに拡大していくと考えています。その理由についてはビックデータ時代の到来が大きいと言えるでしょう。特に半導体を活用した「3次元NAND型フラッシュメモリー」に注目です。

先ず「フラッシュメモリー」について説明します。これはデータの書き込みや消去などを自由にできる半導体を活用したメモリのことです。特に「NAND型」は高速処理に長けており、安価ところも特長のひとつになっています。

「3次元NAND型フラッシュメモリー」とは、いわゆる「フラッシュメモリー」の上位互換に位置するものです。従来と同じ大きさで、より多くのデータを保存できる「次世代メモリ」として注目を集めていて、ビックデータ時代の現在において重要な役割を担っているとも言えるでしょう。

事実、3次元NAND型フラッシュメモリーの開発競争は先鋭化しています。このことから半導体という分野は、この先さらに拡大が見込まれている市場のひとつと言えるでしょう。

半導体関連株の具体的な例

半導体関連株について、先ほども簡単に説明しましたが、細かく言えばこれ該当する企業はさらに多くあります。

例えば、半導体を製造するうえで各工程に特化した装置を手掛ける企業があります。半導体製造装置と呼ばれていますが、これを手掛ける専業メーカーや、この装置に使用される部品を取り扱っている精密機器メーカー、および電子機器メーカーなども半導体関連株です。

当然ながら、ここまでに説明した3次元NAND型フラッシュメモリーを製造する企業や、半導体そのものを組み立て、および形状加工などを行っている企業も半導体関連株のひとつとなりますので、その裾野は広いと言えるでしょう。

半導体関連株 一覧

半導体関連株に該当する銘柄を一覧としてまとめました。

6594 日本電産
6338 タカトリ
6941 山一電機
7637 白銅
6951 日本電子
5121 藤倉ゴム工業
6640 第一精工
6258 平田機工
3445 RSTechnologies
5821 平河ヒューテック
5393 ニチアス
7705 ジーエルサイエンス
6590 芝浦メカトロニクス
7731 ニコン
5301 東海カーボン
5999 イハラサイエンス
7729 東京精密
6920 レーザーテック
6855 日本電子材料
6140 旭ダイヤモンド工業
6104 東芝機械
6274 新川
5302 日本カーボン
6370 栗田工業
6859 エスペック
6314 石井工作研究所
6146 ディスコ
5331 ノリタケカンパニーリミテド
6407 CKD
7735 SCREENホールディングス
6340 澁谷工業
6383 ダイフク
7713 シグマ光機
5310 東洋炭素
7701 島津製作所
6641 日新電機
5358 イソライト工業
6871 日本マイクロニクス
8036 日立ハイテクノロジーズ
6728 アルバック
6874 協立電機
6481 THK
6890 フェローテック
7748 ホロン
5542 新報国製鉄
6361 荏原
6965 浜松ホトニクス
6857 アドバンテスト
5333 日本ガイシ
6905 コーセル
7741 HOYA
3374 内外テック
6264 マルマエ
6256 ニューフレアテクノロジー
6309 巴工業
8035 東京エレクトロン

半導体関連株 本命視

半導体関連株の中でも、特に本命視との見方ができる銘柄をピックアップしましたのでご紹介します。

半導体関連関連株 9984 ソフトバンクグループ


半導体関連株の本命視と聞かれて真っ先にイメージするのはソフトバンクグループです。ソフトバンクと言えば携帯電話ですが、2016年7月にイギリスの半導体大手の「アーム・ホールディングス」を3兆3000億円で買収したことで、半導体関連株の本命視としての見方を着々と強めている印象です。半導体関連株のテーマ性に加えて、ⅠoTや5Gなど、人気のテーマ性を含んでいることも特徴のひとつですが、時価総額が大きいため、やはり値動きは軽くないです。仕込むにしても長期的なスタンスで考えたほうが良さそうですね。

半導体関連株 本命視 7729 東京精密

ws000015

東京精密は半導体製造装置を手掛ける大手で、特にウエハテスト用で高い実績を持っています。IoT市場の拡大とともに、ストレージ向けなどに半導体需要が拡大しており、今後は3次元NAND型フラッシュメモリー向けへの投資を行っていく姿勢も見られたことから半導体関連株の中でも本命視として注目です。チャートは、上下動の激しさが少し気になりますが、それでも株価の水準を着実に上げている印象があります。移動平均線のいずれも堅調ですし、好材料を投下できれば株価の動きも安定するかも?!引き続き注目です。

半導体関連銘柄 本命視 6256 ニューフレアテクノロジー

ws000016

ニューフレアテクノロジーは、半導体製造装置の開発・販売を行っている企業です。2016年9月に発表した17年3月期の上期の業績予想では、営業利益の見通しを従来の58.00億円から84.00億円に上方修正しており、これをキッカケに半導体関連株の中でも本命視との見方を強めた印象です。株価の水準も大きく上げていますし、2016年11月7日現在のPERも7.3倍と割安に感じられます。何かしらのキッカケがあれば再び動意づくかも?!

半導体関連銘柄 まとめ

繰り返しとなりますが、半導体の分野は今後さらに拡大が見込まれる市場のひとつです。IoT(モノのインターネット)市場の拡大、およびビックデータ時代を迎えたことでその勢いも加速していくことが考えられますし、引き続き関連銘柄の動向はチェックしていきたいと思います。


株式投資は情報戦です!どれだけ情報を早くに掴めるかが勝負と言えるでしょう。それこそ相場の動きを「半歩先読み」することが重要となってくるのです。ここで紹介する株サイトは、まだ市場に出回っていない情報を提供してくれるケースがあります。面倒な手続きは一切なく、無料で十分利用できるので、情報収集のひとつとして登録しておいて損はないでしょう。

Ads by Cueinc.

マスターズトレードは、情報と分析を強みに高い運用パフォーマンスを実現する株サイトです。これまでどこの株サイトも利用したことがない人は、先ずはマスターズトレードから始めて見ることをオススメします。というのも、無料サービスが充実しているから。特に「買い時」から「売り時」までトレードを徹底サポートしてくれるのは親切ですね。しかも、推奨する銘柄が割りと上がっているのもが多いのが頼もしい!例えば、大洋工業の推移です。推奨日から約1ヶ月で株価2倍以上に上昇しています。推奨買値が510円だったので、1000株購入の場合、以降高値の計算で59万円の運用パフォーマンスということになります。この他にも当然ありますが、かなり量があるので詳しくは下記リンク先から確認してください。ちなみにこの株サイトは新規会員登録すると銘柄情報を一気に3つも教えてくれます。もちろん無料です。ぜひチェックしてみてください!マスターズトレードの登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

株プロフェットは、SBI証券の現役アナリストとして活躍する藤本誠之さんが情報を提供してくれる株サイトです。藤本さんと言えば「相場の福の神」で有名ですね。経済書籍の著者としてもそうですが、テレビやラジオの経済メディアに出演していることからファンも多いでしょう。株プロフェットの強みは当然、藤本さんの情報を早くに入手できるところです。特にマーケットの情報を「ここだけの話」として赤裸々に語ってくれる無料コラムはオススメ!新規会員登録すると「急騰候補3銘柄」をすぐに教えてくれるので、あわせてCHECKすることをオススメします。株プロフェットの無料登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

トリプルエー投資顧問はテーマ株を強みにしている株サイトです。「チャートの先生」としてテレビや雑誌などで活躍する清水洋介さんのコラムを無料で読むことができます。割りと良い頻度で無料の銘柄情報を教えてくれるし、売り推奨もやっているので、あらゆる相場で頼もしい存在となってくれます。しかも、上昇銘柄の推移を言い当てているケースがあるのが◎!新規会員限定で「厳選有力3銘柄」をすぐ教えてくれるので、先ずはこの3銘柄で腕試ししてみることをオススメします。トリプルエー投資顧問の無料登録はコチラ>

その他のテーマ株カテゴリー