ストップダカオのテーマ株リスト

今、もっとも注目されている最新テーマ株を解説!テーマ株の初動に乗ろう!

ロシア関連株のテーマ株

g380

このページではロシア関連株について説明しています。

ロシア関連株とは?

ロシアとの外交に前向きな姿勢で、北方領土などの問題が解決に向けて進んでいます。

ロシアとの問題が解決すれば、水産や資源、インフラ整備など様々な分野での経済的なメリットが大きいと考えられています。

特にエネルギー輸出などでロシア経済が大きく成長する中、ロシアに進出する日本企業が増えています。例えば、大手商社やプラント、食品や自動車メーカーといった分野です。

これらの企業はロシアとの経済協力の恩恵が大きいとして、ロシア関連株というひとつのテーマに括られています。

ロシアとの問題については順を追って説明していきますが、2016年12月15日に、安倍首相とプーチン大統領による首脳会談が予定されていることで、改めてロシア関連株が注目を集めています。

ロシア関連株の人気化の発端は2016年12月15日に開催される日露首脳会談?!

2016年12月15日に開催が予定されている日露首脳会談ですが、ここで話し合われる内容としては、日露の貿易と経済関係が中心だと考えられています。

また、北方領土の進め方について、安部首相が「道筋が見えてきた」とコメントしていることから、解決に向けて何かしら進展があるとの見方も強いです。

日本とロシアの関係を構築するうえで、最終的な障壁として立ちはだかっていた問題が北方領土です。今回の首脳会談で解決への糸口が見えれば、真に友好な関係を築けるかも知れません。

繰り返しとなりますが、北方領土の問題が解決されれば、水産や資源をはじめ、貿易や公共など、あらゆる分野において経済的なメリットが生まれる可能性があります。

このことから2016年12月15日に開催される首脳会議は、経済的に非常に関心を集めていると言えるでしょう。

ロシア関連株との関係性が高い北方領土問題とは?

ここで改めて北方領土を確認していきましょう。北方領土とは、北海道の北東にある島々のことを指します。正確には下記4つの島々です。

・択捉島(えとろふとう)
・歯舞群島(はぼまいぐんとう)
・国後島(くなしりとう)
・色丹島(しこたんとう)

上記の島々はもとは日本固有の領土です。但し、現時点においてはロシアが実行支配しています。そのため、日本とロシアは戦争を終えた今も平和条約を結べずにいるのです。

なぜ日本の領土がロシア支配下に置かれているか。それは一方的な侵略によってロシアに奪われたからです。

北方領土が占拠された当時、日本とロシアは日ソ中立条約というものを結んでいました。この条約をカンタンに説明すると、日本とロシアは友好関係を維持し、お互い中立で侵略行為は行わないようにしましょうという両国で決めたルールです。

細かく言えば、有効期間や期間満了など規定もありますが、これをロシアは一方的に破棄し、北方領土を占領したのです。

ご存知の通り、日本は第二次世界大戦で敗北しています。

ロシアは日本が正式に降伏を表明した後に宣戦布告を行い、終戦記念日である8月15日以降の8月28日に北方領土を占領したのです。

いくら敗戦国とはいえ、この一方的な侵略に、日本は北方領土の返還を主張し続けていますが、この問題が障壁となって、経済などで協力関係を固めることができずにいるのです。この問題が北方領土問題です。

ロシア関連株の具体的な例

日本がロシアに経済協力プランとして提示した8項目から考えると、石油や天然ガス、レアメタルの資源エネルギーや物流、港湾や空港などのインフラ整備などの活発化が見込まれるでしょう。

また、北方領土が返還されることになれば、世界三大漁場とも呼ばれる海域から豊富な水産資源を得ることができますし、水産農林の分野に特需が発生する可能性があります。また、食品メーカーや自動車などの輸出産業の市場拡大にも期待できるでしょう。

これらの分野は、ロシアとの経済協力が構築していくうえでチェック必須と考えても良いでしょう。

また、個人的に注目しているのは観光の分野です。というのも、日露経済協力のうち、ロシア側がシベリア鉄道を北海道まで伸ばしたいという考えを示しています。

シベリア鉄道とは、ロシア国内を横断する世界一長い鉄道です。この鉄道が日本に繋がれば物流の活発化に加えて、観光分野に関しても良い刺激を受けるでしょう。

ただ、これには国境の問題が出てきますし、海に守られている日本の強みを取っ払うことになりますので、日本にとってデメリットもあると考えるべきですね。

ロシア関連株 一覧

6141 DMG森精機
5101 横浜ゴム
6250 やまびこ
1812 鹿島
2206 江崎グリコ
6584 三櫻工業
1801 大成建設
4616 川上塗料
7733 オリンパス
6902 デンソー
7752 リコー
2503 キリンホールディングス
4523 エーザイ
7242 KYB
4502 武田薬品工業
4911 資生堂
4901 富士フイルムホールディングス
2897 日清食品ホールディングス
8002 丸紅
7267 ホンダ
7312 タカタ
9861 吉野家ホールディングス
7203 トヨタ自動車
3401 帝人
7211 三菱自動車工業
7012 川崎重工業
7701 島津製作所
1605 国際石油開発帝石
7201 日産自動車
8001 伊藤忠商事
5631 日本製鋼所
1332 日本水産
8031 三井物産
6971 京セラ
9810 日鉄住金物産
1928 積水ハウス
6103 オークマ
6305 日立建機
6502 東芝
6859 エスペック
9513 Jパワー
8113 ユニ・チャーム
7011 三菱重工業
1301 極洋
4902 コニカミノルタ
6346 キクカワエンタープライズ
9107 川崎汽船
9351 東洋埠頭
1662 石油資源開発
5943 ノーリツ
6752 パナソニック
9375 近鉄エクスプレス
8053 住友商事
6302 住友重機械工業
6501 日立製作所
7211 三菱自動車工業
6367 ダイキン工業
4004 昭和電工
5201 旭硝子
7261 マツダ
6809 TOA
6369 トーヨーカネツ
2768 双日
6586 マキタ
2914 JT
6859 エスペック
6301 コマツ
5915 駒井ハルテック
2502 アサヒグループホールディングス
9062 日本通運
4307 野村総合研究所
6841 横河電機
1757 クレアホールディングス
9362 兵機海運
6753 シャープ
2802 味の素
8036 日立ハイテクノロジーズ
6701 NEC
9179 川崎近海汽船
1963 日揮
7951 ヤマハ
8015 豊田通商
2413 エムスリー
6361 荏原
7269 スズキ
7202 いすゞ自動車
4967 小林製薬
4543 テルモ
9101 日本郵船
4452 花王
6366 千代田化工建設
3360 シップヘルスケアホールディングス
6339 新東工業
9051 センコン物流
9355 リンコーコーポレーション
9370 郵船ロジスティクス
6390 加藤製作所
6330 東洋エンジニアリング
9380 東海運

ロシア関連株 本命視

日露経済協力が進んでいく中、日に日に注目が高まるロシア関連株ですが、特にその恩恵を受ける可能性がある本命視の銘柄をまとめてみました。

ロシア関連株 本命視 9355 リンコーコーポレーション

ws000026

リンコーポレーションは、新潟港を中心に港湾業務を展開する企業です。運送を倉庫行をはじめ、不動産やホテル経営など、多岐に渡って事業を展開していることが特長的です。

日露経済協力が強まれば、ロシアへの輸出が増加する可能性が一気に高まります。その窓口のひとつである新潟港を拠点としている同社は、ロシア関連株の本命視として見て良いでしょう。

チャートは、10月半ばで動意づき、株価の水準を一気に上げています。その後、11月相場で失速していますが、これはアメリカ大統領選挙の影響による一時的なもので早期反発できています。

ロシア関連株 本命視 9380 東海運

ws000027

東海運は、太平洋セメント系の資材輸送会社です。中国をはじめとしたアジア船ターミナルが主力ですが、ロシアに拠点を置き、ロシアへの運送を強化している同社は、ロシア関連株の本命視として見ることができます。

チャートは、2016年9月末から11月までしっかり上値を目指す動きです。この堅調さを継続することができるかどうか引き続き注目する必要があるでしょう。

ロシア関連株 本命視 4616 川上塗料

ws000028

川上塗料は塗料の総合メーカーです。住宅用や機械用などを中心に展開しています。過去にロシアの企業に天然ガスパイプライン用の塗料を納入した経緯があることから、ロシアとの関連性が高いとしてロシア関連株の本命視としてチェックしておいて良いでしょう。

チャートは、2016年10月まで株価120円付近を推移する低位株に属していましたが、その後はロシア関連株の人気に乗じて、その水準を大幅にあげています。

ロシア関連株 まとめ

2016年12月15日の日露首脳会談を目前にロシア関連株が注目を集めていますが、北方領土問題をはじめ、経済協力についてなど、日露首脳会談での話し合いの結果次第では、この先さらに動きが活発化する可能性があります。このことから、ロシア関連株は短期、長期でチェックするべきテーマ株と言えるでしょう。


株式投資は情報戦です!どれだけ情報を早くに掴めるかが勝負と言えるでしょう。それこそ相場の動きを「半歩先読み」することが重要となってくるのです。ここで紹介する株サイトは、まだ市場に出回っていない情報を提供してくれるケースがあります。面倒な手続きは一切なく、無料で十分利用できるので、情報収集のひとつとして登録しておいて損はないでしょう。

Ads by Cueinc.

マスターズトレードは、情報と分析を強みに高い運用パフォーマンスを実現する株サイトです。これまでどこの株サイトも利用したことがない人は、先ずはマスターズトレードから始めて見ることをオススメします。というのも、無料サービスが充実しているから。特に「買い時」から「売り時」までトレードを徹底サポートしてくれるのは親切ですね。しかも、推奨する銘柄が割りと上がっているのもが多いのが頼もしい!例えば、大洋工業の推移です。推奨日から約1ヶ月で株価2倍以上に上昇しています。推奨買値が510円だったので、1000株購入の場合、以降高値の計算で59万円の運用パフォーマンスということになります。この他にも当然ありますが、かなり量があるので詳しくは下記リンク先から確認してください。ちなみにこの株サイトは新規会員登録すると銘柄情報を一気に3つも教えてくれます。もちろん無料です。ぜひチェックしてみてください!マスターズトレードの登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

株プロフェットは、SBI証券の現役アナリストとして活躍する藤本誠之さんが情報を提供してくれる株サイトです。藤本さんと言えば「相場の福の神」で有名ですね。経済書籍の著者としてもそうですが、テレビやラジオの経済メディアに出演していることからファンも多いでしょう。株プロフェットの強みは当然、藤本さんの情報を早くに入手できるところです。特にマーケットの情報を「ここだけの話」として赤裸々に語ってくれる無料コラムはオススメ!新規会員登録すると「急騰候補3銘柄」をすぐに教えてくれるので、あわせてCHECKすることをオススメします。株プロフェットの無料登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

トリプルエー投資顧問はテーマ株を強みにしている株サイトです。「チャートの先生」としてテレビや雑誌などで活躍する清水洋介さんのコラムを無料で読むことができます。割りと良い頻度で無料の銘柄情報を教えてくれるし、売り推奨もやっているので、あらゆる相場で頼もしい存在となってくれます。しかも、上昇銘柄の推移を言い当てているケースがあるのが◎!新規会員限定で「厳選有力3銘柄」をすぐ教えてくれるので、先ずはこの3銘柄で腕試ししてみることをオススメします。トリプルエー投資顧問の無料登録はコチラ>

その他のテーマ株カテゴリー