ストップダカオのテーマ株リスト

今、もっとも注目されている最新テーマ株を解説!テーマ株の初動に乗ろう!

バイオ関連株のテーマ株

microscope-275984_1280

このページではバイオ関連株について説明しています。

バイオ関連株とは

バイオ関連株とは、2012年に京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥教授がノーベル賞を受賞したことで人気化したテーマ株です。

正確には、山中伸弥教授がノーベル賞を受賞した翌年に、安部政権がIPS細胞の開発に多額の予算を投じると発表したことが人気化の火種となっています。

詳しくは順を追って説明していきますが、バイオの分野は単純にIPS細胞に限った話ではありません。人気化のキッカケこそIPS細胞ですが、広い視野で見れば様々な分野が該当するので、改めて確認していきましょう。

先ず、バイオの正式名称であるバイオテクノロジーについて説明します。これは生物を工学的見地から研究し、応用する技術のことを指します。例えば、近年で言えば「遺伝子組み換え」や「細胞融合」などの技術を利用して品種改良を行い、医薬品や食糧などの生産や環境の浄化などに応用する技術が話題となっています。

特に「再生医療」や「創薬分野」に対する関心が高いです。このうち「再生医療」の実現に大きな役割を担っているのがIPS細胞です。

バイオ関連株を指すIPS細胞とは

IPS細胞とは2006年に誕生した「多機能性幹細胞」で、先ほども説明したように「再生医療」の実現に重要な役割を果たすだろうと期待されています。

再生医療とは、ケガや病気などによって失われてしまった機能を回復させることを目的とした治療法のことです。

人間には「自然治癒力」と呼ばれる能力が備わっています。これは人間や動物が生まれながら持っている能力です。例えば、スリ傷などのケガをしても、薬を塗って時間が経過すれば勝手に治ります。これが「自然治癒力」です。この自然治癒力を革新的に進めたものが再生医療です。

さて、話をIPS細胞に戻します。IPS細胞とは、身体から採取したどんな細胞も、好きな部分の細胞に変化させることができるものです。

例えば、病気によって肝臓の機能が失われたとします。本来であれば臓器移植する必要がありますが、このIPS細胞を活用すれば、毛髪から肝臓を作り出し、再生医療に役立てることができるのです。細かく言えばまだ課題が残されているようですが、簡単にIPS細胞のイメージとしてはこんなところです。

近い将来、もしかしたら治せない病気がなくなる可能性もあるのかも?!これは企業にとって大きなビジネスチャンスですし、消費者にとってもより安心できる世の中になることから、IPS細胞の研究を進めるバイオ関連の分野は多くの期待が寄せられているものと考えても良いでしょう。

バイオ関連株の人気の火種となった安部内閣の支援表明

上記で説明したIPS細胞の特性から、その研究に対する関心は日に日に高まっていますが、バイオ関連株の人気の火種となったのは2013年に安部内閣が発表した表明だと思います。

具体的には、今後(2013年から)10年間で、IPS細胞の研究に約1100億円の長期的な支援を行っていくとの表明です。

このことからイメージできるようにバイオ関連株とは国策に該当するテーマ株です。株式投資には「国策に売りなし」との格言がありますし、チェックは必須とも言えるでしょう。また、バイオ関連株は市場規模で考えても成長に期待できる分野です。

バイオ関連株 市場規模

バイオ関連株と密接な関係にある再生医療は、世界的に見ても急成長が予測されている市場のひとつです。具体的には、2012年の3400億円から2020年に2兆円、2030年に17兆円に、さらに2050年に53兆円に急成長する見込みであることが経済産業省の調査報告書で明らかとなっています。

また、これを国内だけで見ても2050年までに3.8兆円まで拡大する見通しとのことで、日本経済に与える影響も大きいと考えることができます。

当然ながら、バイオ関連株の追い風となる要因は、再生医療のほかにも考えることができますが、特に近年で注目を集める再生医療の市場規模だけを取ってみても、バイオ関連株の成長性には十分期待できるものと考えても良いでしょう。

バイオ関連株の具体的な例

ここまで読んでバイオ分野の成長性や、今後の医療に期待できるものなど、簡単な説明ですがその理解を深めることができたかと思います。ただ、繰り返しの説明となりますが、バイオテクノロジーとは、生物を工学的見地から研究し、応用する技術のことを指します。日々、進化を続けるバイオテクノロジーの分野において、これに該当する企業も多くありますので、この辺りでいっしょに確認していきましょう。

先ず、ここまでの説明で何度も登場してきたIPS細胞です。この研究を行っている企業はバイオ関連株のド本命としてチェックしても良いでしょう。その他で言えば、がんや糖尿病、インフルエンザなどの治療薬を研究開発している企業もバイオ関連株と考えることができます。

バイオ関連株 一覧

4589 アキュセラ・インク
7777 スリー・ディー・マトリックス
7731 ニコン
4240 クラスターテクノロジー
4582 シンバイオ製薬
4563 アンジェス MG
7433 伯東
4587 ペプチドリーム
4044 セントラル硝子
4901 富士フイルムホールディングス
2370 メディネット
4593 ヘリオス
4091 大陽日酸
4188 三菱ケミカルホールディングス
4572 カルナバイオサイエンス
4576 デ・ウエスタン・セラピテクス研究所
4978 リプロセル
4570 免疫生物研究所
2385 総医研ホールディングス
4875 メディシノバ・インク
6988 日東電工
4346 ネクシィーズグループ
6371 椿本チエイン
7476 アズワン
4571 ナノキャリア
3101 東洋紡
7701 島津製作所
6581 日立工機
4557 医学生物学研究所
2191 テラ
5201 旭硝子
2931 ユーグレナ
2309 シミックホールディングス
4203 住友ベークライト
2342 トランスジェニック
7774 ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング
4403 日油
4694 ビー・エム・エル
4185 JSR
4974 タカラバイオ
4970 東洋合成工業
7776 セルシード
7733 オリンパス
6866 HIOKI
3001 片倉工業
4592 サンバイオ
8012 長瀬産業
2001 日本製粉
5232 住友大阪セメント
8095 イワキ
6841 横河電機
7932 ニッピ
4671 ファルコホールディングス
6779 日本電波工業
6752 パナソニック
6897 ツインバード工業
7917 藤森工業
4565 そーせいグループ
2929 ファーマフーズ
4585 UMNファーマ
4564 オンコセラピー・サイエンス
4584 ジーンテクノサイエンス
2397 DNAチップ研究所

バイオ関連株 本命視

バイオ関連株の中でも、特に本命視との見方ができる銘柄をピックアップしましたのでご紹介します。

バイオ関連株 本命視 4528 小野薬品工業

ws000035

バイオ関連株の本命視と言えば、先ず小野薬品工業があがるでしょう。同社は、がんの治療薬などの開発に取り組んでいる企業です。特に最近では、がん治療薬の「オプジーボ」で話題を集めた印象があります。

理由として、京都大学の本庶佑(たすく)客員教授が2016年のノーベル賞においてノミネートされたことが大きいのではないでしょうか。本庶佑(たすく)客員教授は、「オプジーボ」の開発に大きく貢献した人物で、ノーベル賞にノミネートされたことで同社製品の知名度をより広げることになったかも知れません。

チャートは、ノーベル賞シーズンの9月から10月にかけて株価をあげていますが、以降は失速し、足踏みの状態が続いています。当面の目標は上値抵抗線に位置する25日線をしっかり上抜くことで、付近を推移する間は細かにチェックする必要がありそうですね。

バイオ関連株 本命視 4565 そーせいグループ

ws000034

そーせいグループもバイオ関連株の本命視です。同社は、創薬ベンチャーのひとつで、英国のヘプタレス社を買収し、複数のメガファーマ(世界の医薬品大手)と資本業務提携や大型契約を結んだことで、巨額のロイヤリティが入る可能性があると考えられています。

チャートは、2016年10月相場で株価の水準を大きく落としていますが、11月10日の反発をキッカケに徐々に回復している動きです。同社もまた当面の目標は25日移動平均線を上抜くことか?!今後の動きから目が離せません。

バイオ関連株 まとめ

繰り返しの説明となりますが、バイオ関連株と密接な関係にある再生医療は、世界的に見ても急成長が予測されている市場のひとつです。「国策に売りなし」とあるように、国のバックアップに期待することができるバイオ関連株は、この先も引き続き追っていく必要があるテーマ株と言えるでしょう。


株式投資は情報戦です!どれだけ情報を早くに掴めるかが勝負と言えるでしょう。それこそ相場の動きを「半歩先読み」することが重要となってくるのです。ここで紹介する株サイトは、まだ市場に出回っていない情報を提供してくれるケースがあります。面倒な手続きは一切なく、無料で十分利用できるので、情報収集のひとつとして登録しておいて損はないでしょう。

Ads by Cueinc.

マスターズトレードは、情報と分析を強みに高い運用パフォーマンスを実現する株サイトです。これまでどこの株サイトも利用したことがない人は、先ずはマスターズトレードから始めて見ることをオススメします。というのも、無料サービスが充実しているから。特に「買い時」から「売り時」までトレードを徹底サポートしてくれるのは親切ですね。しかも、推奨する銘柄が割りと上がっているのもが多いのが頼もしい!例えば、大洋工業の推移です。推奨日から約1ヶ月で株価2倍以上に上昇しています。推奨買値が510円だったので、1000株購入の場合、以降高値の計算で59万円の運用パフォーマンスということになります。この他にも当然ありますが、かなり量があるので詳しくは下記リンク先から確認してください。ちなみにこの株サイトは新規会員登録すると銘柄情報を一気に3つも教えてくれます。もちろん無料です。ぜひチェックしてみてください!マスターズトレードの登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

株プロフェットは、SBI証券の現役アナリストとして活躍する藤本誠之さんが情報を提供してくれる株サイトです。藤本さんと言えば「相場の福の神」で有名ですね。経済書籍の著者としてもそうですが、テレビやラジオの経済メディアに出演していることからファンも多いでしょう。株プロフェットの強みは当然、藤本さんの情報を早くに入手できるところです。特にマーケットの情報を「ここだけの話」として赤裸々に語ってくれる無料コラムはオススメ!新規会員登録すると「急騰候補3銘柄」をすぐに教えてくれるので、あわせてCHECKすることをオススメします。株プロフェットの無料登録はコチラ>

Ads by Cueinc.

トリプルエー投資顧問はテーマ株を強みにしている株サイトです。「チャートの先生」としてテレビや雑誌などで活躍する清水洋介さんのコラムを無料で読むことができます。割りと良い頻度で無料の銘柄情報を教えてくれるし、売り推奨もやっているので、あらゆる相場で頼もしい存在となってくれます。しかも、上昇銘柄の推移を言い当てているケースがあるのが◎!新規会員限定で「厳選有力3銘柄」をすぐ教えてくれるので、先ずはこの3銘柄で腕試ししてみることをオススメします。トリプルエー投資顧問の無料登録はコチラ>

その他のテーマ株カテゴリー